『ノートルダムの鐘』―カジモドの神髄を観た日
a0054163_00192314.jpg
改めまして。
はい、このキャストボードの持つ意味がわかる人にはわかる、貴重な1枚。
そうです、海宝カジモドです。
東京公演の時にも旋風を巻き起こして、京都では東宝の『レ・ミゼラブル』と公演日程が重なるので登場しないだろう…でももしかしたら…と囁かれていた海宝カジモド、登場しました。
公演も千秋楽が近くなった9月半ばになってようやく。
今この期間がちょうど『レ・ミゼラブル』大阪公演と名古屋公演の狭間で、チャンスがあるとすればここだったわけですね。
何度も言うけれど、本当にこの祝日を狙ってチケットを押さえていた4月の私、エラかった!
それにしても、海宝くん、レ・ミズ大阪出演が9月8日(金)で終わるなり、9月13日(水)~9月18日(月・祝)までカジモド連投、19日休演日で20日(水)~22日(金)とまたカジモドを演じたら、25日(月)からは名古屋でマリウス演じるのですよ。
そのスタミナとバイタリティ…凄いとしか言い様がありません。

では、メインどころのキャストを。

カジモド:海宝 直人  エスメラルダ:宮田 愛  フロロー:野中 万寿夫
フィーバス:佐久間 仁

前回のことを詳しく書いていませんでしたが(観たことのある田中あっきーカジモドだったし、その直後の万里生さん八ヶ岳コンサートに記憶がかき消されたので)、前回もフロローとフィーバスは同じでした。
エスメラルダの宮田さんだけ、初見です。


→Read more!(ネタバレ、ありありです)
[PR]
# by bongsenxanh | 2017-09-24 00:57 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
ノートルダムの鐘…京都観納め
台風直撃だった三連休、台風さえ来なければきっとまた北アルプスの山に突撃していたと思うのですが。
二日間はどこへも行けずに閉じこもり、台風一過の秋晴れの今日、またもや京都へ…。
(あぁ、もう、何かここで書くのも申し訳なくなってきたような…)

マニアの方ならご存知の、先週からついに!京都に!海宝カジモド登場!!!だったのですが。
私、この千秋楽間近の祝日の『ノートルダムの鐘』チケット、狙いを定めて取ってありまして(4月から!Niceよ、わたし!)。
この頃になったら、『レ・ミゼラブル』の合間を縫って海宝くんがカジモドを演るのではないかと見当をつけておりまして。
見事、予想的中。
本日、ようやく念願叶って海宝カジモド観てまいりました。
素晴らしかったです、海宝くん。
予想を遥かに上回って"カジモド"そのものでした。
他の誰よりも醜く、透き通る様に純粋なカジモド。
あまりに熱演で、カーテンコールで海宝くんは放心状態の様でしたが、観ていたこちらもごっそり持って行かれて、ぐったりしてしまうくらい、凄かった。
またちょっと、書きます。
ということで、京都では
飯田達郎カジモド×2、田中彰孝カジモド×1、海宝直人カジモド×1
という観劇回数になりました。
最後が海宝くんで、しかもあんな凄いの見せられて、大満足です。
しかも今回、どセンターの最良席でしたの。
達郎カジモドの時は実質最前列だったりして、逆に舞台が近過ぎたりしたので。
あぁ、今日もう、しっかり満ち足りたので、来年春の神奈川KAATでの公演、観に行かなくていいや、くらいの気持ちです。
それくらい、濃い1回でした。

[PR]
# by bongsenxanh | 2017-09-19 01:05 | 観劇周辺 | Comments(0)
頂に立つ
a0054163_01450505.jpg
ひとまず、日曜日に登っていた山。
霊峰、白山 2,702m
登り始めは青空が見えていたのに、山頂が近くなったらガスが上がって来て、辺り一面ミルク色。
この山で眺望を望めなかったのは今回が初めてで残念でしたが。
山頂で、見ず知らずの方に「万歳している後姿を、空多めのアングルでお願いします」と無茶なリクエストをして撮って頂きました。
そんな無茶なお願いにもちゃんと応えて下さった親切なお兄さん、どうもありがとう。
一眼レフを持っている人をつかまえてお願いしてみる作戦、成功でした。
9月第2週の3,000m近い山でも暑かったので、珍しく半袖にハーフパンツという装備です。

[PR]
# by bongsenxanh | 2017-09-13 01:49 |   -山 | Comments(0)
近況
すみません、白馬のことも万里生さんの八ヶ岳音楽堂のコンサートのことも書きたいと思っていたのですが、先週月曜日から怒涛の様に仕事が降りかかって来て、家にも持ち帰って睡眠削って仕事しており、昨日金曜日は帰宅して夜7時半にぱたん、とベッドに横になったらそのまま朝8時前まで爆睡しておりました。
じ、12時間も眠ったのなんていつ以来かしら。
というわけなので、もう少し落ち着いたら書きます。
そう言いながら、今夜からまた別の山にアタックして来ます。
登り始めるのは早朝からですが、今夜中に車を駆って登山口まで行かねば、なので。
ひとまず、おやすみなさい。

[PR]
# by bongsenxanh | 2017-09-09 20:39 | 日常雑感
西へ東へ―京都から八ヶ岳まで
a0054163_01444727.jpg
すみません、全く滞ってしまっていますが、まず先週木曜日に京都へ行き、またもや『ノートルダムの鐘』、そして土曜日には車を飛ばして八ヶ岳高原まで行き、田代万里生さんの『モーツァルト×2』コンサートでした。
そもそもその前の火曜日には東京へ飛んで『ビリー・エリオット』観てますし、その直前の日・月には白馬岳に登っている…という、我ながら節操がないのもいいとこの飛び回りっぷりをしております。
言い訳をしますと、お盆時期に全然休暇を取らなかったので、遅めの夏休みを今頃になってようやく取ったということなのですけど。
今年の夏はどこへも海外へは飛ばず、国内でおとなしくしていたので…ね。
こういうのもありか、と。
台風の影響で急に秋めいてきた京都は最高の青空、八ヶ岳はさらっとした空気が肌に心地良く、朝晩は10度を切って寒いくらいでした。
ということで、『ノートルダムの鐘』のことも八ヶ岳高原音楽堂のことも、またぼちぼち。
八ヶ岳まで行ったのに、山に登らなかったことが痛恨の極みですが、平地は晴れていても山のお天気は今一つだったので仕方がなく。
八ツの中腹より上はすっぽり雲を被ってしまっていて、かなりダメそうでした。
あ、初めて行った八ヶ岳高原音楽堂はこんな建物で、とても素敵なコンサートホールでした。
キャパたった250人の小規模ホールで万里生さんの歌を至近距離で聴けるなんて、稀有。
a0054163_01445592.jpg

[PR]
# by bongsenxanh | 2017-09-04 01:07 | 観劇周辺 | Comments(2)
日本版『ビリー・エリオット』―所感走り書き
a0054163_23570782.jpg
すみません、今日全く観劇レビュを書いている時間がなかったのですが、明日も朝から丸一日出かけなければいけないので、ひとまずざざっと走り書き。

まず、ごめんなさい。
私、BWで観た『Billy Elliot』が好き過ぎて、ロンドンLive Viewingの『Billy Elliot』も好き過ぎて、日本でやる『ビリー・エリオット』をどこかなめているところがありました。
日本では、日本人キャストでは、やはり限界があるだろう、と。
でも、そんなことは全然なかった。
素晴らしかったです、日本のビリーちゃん。
ロンドンやBWに全く遜色ない、とは流石に言えない(すみません、そこは正直者で)
でも、日本の『ビリー・エリオット』もここまでやれるクオリティに来たのか、と。
ということで、キャストごとに感じたことを。


→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2017-08-31 01:13 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
北アルプス1泊2日>>>東京『ビリー・エリオット』強行軍
a0054163_00014618.jpg
タイトルにも書いた通り、ちょっと無茶なことをしまして。
一昨日、昨日の日&月曜日に1泊2日山小屋泊まり(その前に前夜、登山口で車中泊)で北アルプスの白馬岳に登って来まして。
夏季で雪がないと、山頂がちょっと黒ずんで見えますね。
この夏初めての晴天だったので(北アルプスの山々、本当に晴天がなかったのです)、ここを逃したらもう行けない!と思い。
で、一度家まで車を運転して戻って来て、今日『ビリー・エリオット』を観に行くというのは前々からチケットを予約して決まっていたことなので、もちろんこちらも飛行機に乗って行き。
へろへろのくたくたです。
が、どちらも行って良かったです。
日本版のビリーちゃん、ちょっと不安もあったのですが、そして日本人キャストによって日本語歌詞で演じられることの違和感ももちろんあったのですが、それを補って余りある子役ビリーちゃんの素晴らしさでした!
また、そちらについては明日詳しく。
ちなみにビリーちゃんはとても整った顔立ちで華のある前田晴翔くんでした。
a0054163_00062877.jpg
白馬に登った目的は、白馬登頂と言うよりも、こちらの小蓮華の坂道を歩くことが第一で。
この白く長く美しい坂、NHKでドラマ化した『坂の上の雲』のエンドロールのタイトルバックを撮影した場所なのです。
サラ・ブライトマンのスキャットによるテーマ・ソングが流れるあの映像、綺麗でしたよね。
こんな風にガスがかかってくると尚更雰囲気があって美しいです。
ということで、また明日。

[PR]
# by bongsenxanh | 2017-08-29 23:57 |   -山 | Comments(0)
『アンデルセン』―いろいろ、思うところあり…
しばらくこちらをお留守にしてしまいましたが。
ふらりとどこかへ行っていたわけでもなく、やや夏バテ気味な感じで日々をぐったりして過ごしておりました。
夏季休暇も未だ取っておりません。
今年の夏はどこへも行く気にならなくて…5月末のサイゴンで激しく食中りしたからでしょうか、どうにも外へ出るのが億劫になってしまって…。
どうも無気力で何かする気にもなれず。むむ。
そんな中、こちらを観て来ました。
a0054163_01030486.jpg
これを観たのには理由がありまして。
この作品、前々からずっと思っていたのですが、絶対に私の好みではないだろうな、と。
作品紹介やらストーリーやら読むにつけてもその気配は漂っていて。
あ、実在するアンデルセンの作品は好きなんです。
いわさきちひろさんの挿絵の『絵のない絵本』なんて、子どもの時からバイブルでしたもの。
が、このミュージカル作品は明らかに私には合わないだろうと。
そもそも、私はこの作品を四季オリジナルの子ども向けミュージカル(ファミリーミュージカル)だと思い込んでいたくらいで。
米国人ソングライター、フランク・レッサーの作詞・作曲によるミュージカル映画が元だったんですね。
ちなみに日本語歌詞がかの岩谷時子氏によるものだということも今日、知りました(つまり、それくらい興味がなかった)。


→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2017-08-24 01:51 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(4)
『ノートルダムの鐘』再び。今回は2階席後方から。
a0054163_049385.jpg
またか、前回からタームが短か過ぎないか、と言われそうですが、昨日また観に行って来ました。
キャストもメインどころは前回と全く同じ。
全然キャストを狙ってチケット取っていないのに(そもそもチケットを予約した時点では、いつ誰が出るかなんて予測不可能)、しかも京都では各回毎にカジモドを2人で交代で演じているのに、ぴたりと狙い澄ました様に飯田達郎カジモドを引き当てている私、きっと舞台の神様が背後についていてくれるのでしょう(笑)
というわけで、

カジモド=飯田 達郎  エスメラルダ=岡村 美南  フロロー=芝 清道

といったキャストですね。

東京でも、約2週間前に京都で観た時にも、1階席の舞台にじり寄り席に座ったのですが、今回は2階席後方のC席、センターです。
「同じ作品を出来れば3回観てほしい、1回は1階席前方で、1回は1階席後方で、1回は2階席で。そうすると、同じ作品でも違った角度・違った視点で観られるよ」と教えて下さったのはかつて四季の『キャッツ』でオールドデュトロノミーを演じていた北川潤さんで、その頃私はまだ子どもだったので「そんなに何回も観られないよ、お金もないし」と思っていたけれど、でもその言葉はしっかり覚えていて、今きちんとその意味が実感出来ているのは有難いなぁ…と思います。


→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2017-08-10 23:51 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
蓮唐草―Oriental Beauty
a0054163_23382740.jpg
美しいお財布を買ったのです。
深紅のサテンの布袋に包まれて届きました。
そもそも、こちらの兵庫・姫路の白なめし革細工(伝統工芸品)に出会ったのは去年の10月。
一緒に台湾を旅したアジア好き仲間のお姉さんがこちらの緑色のものを持っていて、「いいでしょ~」と見せてくれたのに一目惚れしてしまい、私も…!と。
けれどこちら、革職人さんが1点1点手作りをするので生産数は限られていて、それこそ入荷まで半年~1年待ちだったりするそうです。
今使っているkate spadeの金財布を新調したのは、もう3年半近く前。
そろそろ革もヘタって来て、交換時かなぁ…と思っていたところでこのお財布が入荷しました!とのお知らせがありました。
横浜中華街のネオアジアンをコンセプトとするお店、ROUROUさんのオリジナル。
やはり、ブラックとレッドが一番人気があってすぐになくなってしまうのだそうです。
ただ、あまりに優美な作りなのと、私が色んなお店のポイントカード等をたくさん入れてお財布をぽんぽこりんに膨れ上がらせてしまうのとで、日常使いにはもしかして耐えられないかも?という不安も。
ここぞというお出かけの時だけの登場になるかもしれません。
それにしても、職人さんがひとつひとつ丁寧に作ったものというのは、本当に美しい。
[PR]
# by bongsenxanh | 2017-08-07 23:36 | 美術 | Comments(2)
チーズカレーのおせんべい
a0054163_2237548.jpg
最近、食べるものへの嗅覚が鋭くなってきたと言うか。
何かをキャッチするアンテナの精度が上がってきたと言うか。
犬も歩けば棒に当たると言うか。
ともあれ、出先で情報なり物なりを拾って来ることが多くなりました。
こちらはその出先で、ご年配のマダムが「人からの頂きものだけど美味しいのよ~」と出してくれたカレーのおせんべい。
米から作られたおせんべいとは思えないほど、パンチの効いたカレー味で、すぐさま「これ、ビールに合う味ですね!」と言ってしまったほど。
その時には銘柄がわからなかったのですが、後で調べたら三重県桑名市の美鹿山荘という米菓製造会社のものでした(こちら)。

a0054163_22572531.jpg
「カレーのおせんべい」「チーズカレーのおせんべい」「グリーンカレーのおせんべい」と3種類あって、中でも私が気に入ったのは「チーズカレーのおせんべい」
これ、本当に病みつきになる味です。やばいです。ぼりぼり食べちゃいます。
このひとつひとつ個包装になっているもののイラストも可愛いでしょ。
私、もともとはあられとかおかきとかの米菓が少し苦手なのですが、これは例外。
カレーのおせんべいは懐かしい和風カレー味で、グリーンカレーのおせんべいはグリーンカレーらしく、かなりスパイシーで刺激のある辛さです。
お取り寄せするにはちょっと…と思ったのですが、有難いことに本屋さんのリブレットで取扱いがあります。
リブレットは本屋さんながらセレクト・ショップみたいになっていて、こういうちょっとした気の利いた地方の名産品等を置いているのですね。
[PR]
# by bongsenxanh | 2017-08-07 23:07 | 食べもの | Comments(0)




AX