謹賀新年
a0054163_20275351.jpg
皆さま、明けましておめでとうございます。
酉年ということで、我が家にいるOiva Toikkaの鳥さんたちを。
復刻されたSieppoちゃんたち。

大晦日にも書いた通り、NY行きを取りやめたので、日本で静かなお正月を迎えています。
思えば、観劇しただけレビュを書いていない作品がたくさんあるし、台北や沖縄の写真もupしていないし、『エリザベート』のDVDだってマリオ目当てにちゃんと買ったのに、未だに観られていないし、そういったことをひとつひとつやっていこうと思います。

それ以上に!
椎名林檎ちゃんの出番だけはきちんと録画してまで見ている紅白歌合戦。
昨夜は東京事変だったではありませんか!!!!!
最初、「あー、都庁のプロジェクションマッピング凄いなー、AyaBambiが降ってくるー…」なんて思いながら見ていて、次の画で「わーい、今年もやっぱり浮雲さんはいるのね♥」と思っていたら。
カメラを引きで映したら、亀田師匠がベースを弾いていて。
「あ、師匠もいるのね、今年は?」と思っていたら。
間奏のところでキーボード弾いているわっちと、ドラム叩いているトシちゃんのアップが映るではありませんか!!
もう、もう、もう、あんな姿見ちゃったら、とても心穏やかなお正月なんて迎えられません!!!
2012年の2月29日、日本武道館で解散Liveをやったあの時から、事変の時も止まったままになってしまったと思っていたのに、それはどうやら動いていた様です。
しかも、解散Liveのアンコールでやった『青春の瞬き』をまたメンバーでもう一度演奏するという何かの符牒の様な。

♪時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ
 今正に僕ら目指していた場所に辿り着いたんだ


という歌詞がまた、意味深くて。
一部では、2020年(閏年)に復活か?!とも騒がれていますが。
林檎ちゃん、この間のリオ五輪閉会式のトーキョーショーの音楽監督&スーパーヴァイザーも務めていますしね、紅白の楽曲の終了時間がぴったり20:20に合わせられていたのも符合めいていると言われていますしね。
(事変の『能動的三分間』で、このぴったり演奏時間を合わせるっていう手法はやっていましたよね)
紅白の『青春の瞬き』で、わっちと浮雲さんのコーラスで
♪Tell me why~~~
って、渋い歌声が聴こえてきた時は、鳥肌が立つのと同時に、涙ぐみそうになりました。
あぁ、事変だ、正に東京事変の音だ、と。

というわけで、とにかく胸が逸って気もそぞろなまま、2017年を迎えました。
今年も落ち着きなくあちこち飛び回り、山に登ると思いますが、皆さまどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-01-01 20:20 | 日常雑感 | Comments(0)


<< 『剱岳 点の記』 CXL >>


AX