旗判定・・・
観ていた方ならおわかりかもしれませんが。
柔道全日本選手権、準決勝。
康生と石井慧の試合。
康生、旗1本。
石井、旗2本。
康生が敗れました。
でも。



私は石井の、あんなまともに組もうともせず、攻めようともしない柔道は

柔道だなんて認めない!!!

かけ逃げばっかりじゃない!!!
恥ずかしくないのか、石井ッ!!!
(康生が好きだから言ってるわけではなく、"柔道家"の姿勢としてどうなの?ということです)
審判、どこ見ているのよ?!
きちんと前向きに戦う姿勢を見せていたのは康生の方だったじゃない!!
石井の柔道は、全然美しくなかった。醜かった。
主審の旗はきちんと康生に上がっていたのが、唯一救いでした。

決勝、桂治が持って行ったので少しだけ溜飲が下がりました。
決勝も旗でしたが、明らかに実力で差がついていましたから。
それにしても全体的に旗判定が多かった気がします。

あと、久し振りに放送がNHKだったのですが。
この間の体重別を放送したフジと違って、やはり非常にかっちりした正攻法の放送をしましたね。
スポーツ中継に妙な脚色や演出(ましてやアイドル!)は必要ないのです。
きちんと伝えるべき試合を忠実に伝えることが一番大切なのです。
[PR]
by bongsenxanh | 2007-04-29 17:31 | スポーツ


<< Japan Open 『無銭優雅』 山田 詠美 著、幻冬舎 >>


AX