2017年 08月 07日 ( 2 )
蓮唐草―Oriental Beauty
a0054163_23382740.jpg
美しいお財布を買ったのです。
深紅のサテンの布袋に包まれて届きました。
そもそも、こちらの兵庫・姫路の白なめし革細工(伝統工芸品)に出会ったのは去年の10月。
一緒に台湾を旅したアジア好き仲間のお姉さんがこちらの緑色のものを持っていて、「いいでしょ~」と見せてくれたのに一目惚れしてしまい、私も…!と。
けれどこちら、革職人さんが1点1点手作りをするので生産数は限られていて、それこそ入荷まで半年~1年待ちだったりするそうです。
今使っているkate spadeの金財布を新調したのは、もう3年半近く前。
そろそろ革もヘタって来て、交換時かなぁ…と思っていたところでこのお財布が入荷しました!とのお知らせがありました。
横浜中華街のネオアジアンをコンセプトとするお店、ROUROUさんのオリジナル。
やはり、ブラックとレッドが一番人気があってすぐになくなってしまうのだそうです。
ただ、あまりに優美な作りなのと、私が色んなお店のポイントカード等をたくさん入れてお財布をぽんぽこりんに膨れ上がらせてしまうのとで、日常使いにはもしかして耐えられないかも?という不安も。
ここぞというお出かけの時だけの登場になるかもしれません。
それにしても、職人さんがひとつひとつ丁寧に作ったものというのは、本当に美しい。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-08-07 23:36 | 美術 | Comments(2)
チーズカレーのおせんべい
a0054163_2237548.jpg
最近、食べるものへの嗅覚が鋭くなってきたと言うか。
何かをキャッチするアンテナの精度が上がってきたと言うか。
犬も歩けば棒に当たると言うか。
ともあれ、出先で情報なり物なりを拾って来ることが多くなりました。
こちらはその出先で、ご年配のマダムが「人からの頂きものだけど美味しいのよ~」と出してくれたカレーのおせんべい。
米から作られたおせんべいとは思えないほど、パンチの効いたカレー味で、すぐさま「これ、ビールに合う味ですね!」と言ってしまったほど。
その時には銘柄がわからなかったのですが、後で調べたら三重県桑名市の美鹿山荘という米菓製造会社のものでした(こちら)。

a0054163_22572531.jpg
「カレーのおせんべい」「チーズカレーのおせんべい」「グリーンカレーのおせんべい」と3種類あって、中でも私が気に入ったのは「チーズカレーのおせんべい」
これ、本当に病みつきになる味です。やばいです。ぼりぼり食べちゃいます。
このひとつひとつ個包装になっているもののイラストも可愛いでしょ。
私、もともとはあられとかおかきとかの米菓が少し苦手なのですが、これは例外。
カレーのおせんべいは懐かしい和風カレー味で、グリーンカレーのおせんべいはグリーンカレーらしく、かなりスパイシーで刺激のある辛さです。
お取り寄せするにはちょっと…と思ったのですが、有難いことに本屋さんのリブレットで取扱いがあります。
リブレットは本屋さんながらセレクト・ショップみたいになっていて、こういうちょっとした気の利いた地方の名産品等を置いているのですね。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-08-07 23:07 | 食べもの | Comments(0)




AX