「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:  -沖縄Dec'16( 7 )
もう少し、あと少し
a0054163_0392567.jpg
嵐の様な日々は依然続いておりまして(主に仕事)。
もう少し。
あと少し。
がんばれば、そうすれば着地点が見えてくるはず…と、おまじないの様に唱えながら生きております。

そう言えば、昔、学校の国語の教科書に
「あの坂をのぼれば、海が見える。少年は、朝から歩いていた。」
という書き出しで始まる杉みき子さんという方の文章が載っていたっけ。
あれは小学校だったか、中学校だったか。
今みたいな苦行に耐える日々とか(^^;)、何かやらなければいけない課題の様なものがある時に、ふとこの文章を思い出す。

写真は、沖縄は石垣の居酒屋さんで飲んでいたオリオンビールに、海ぶどう。
道で「うちのお店、来ませんか~?」ってお兄さんとおじさんの間の様な人にキャッチされて、ふらっと入った居酒屋さんだったけれど、ここのお店が大当たりだった。
「オリオンビールにシークヮーサーを搾って飲むと美味しいんですよ~」と教えてもらって、素直に言われた通りに飲んでみたら、本当に美味しかった。
その土地の人が言うことは、素直に聞いてみるものです。
しかもこのオリオンビールは、「せっかくうちのお店に来てくれたから、最初の一杯はご馳走しましょうねぇ」と沖縄言葉で言われて、ご馳走していただいたのだ。
むふふ。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-02-07 00:49 |   -沖縄Dec'16 | Comments(0)
ゆるゆるいきたい
a0054163_22394137.jpg
申し訳ない、気づけば『ミス・サイゴン』N響のダブル・ブッキングから書き逃げしたまま、十日間もの時間が過ぎておりました。
何だかあくせくせかせかと時間に追われて生きております。
そして明日はもう如月、1年で最も短い月なのです。
ということで、ちょっと心の和む、沖縄は竹富島で撮った写真など。

a0054163_22423994.jpg
あーあ、私は本当はこんな風にお行儀悪く寝転がって、お酒でも飲んで、のんべんだらりと生きていきたいのだよなぁ…と、つくづく思わされるシーサー。
ゆるゆるでいいのよ。
「なんくるないさぁ」でいいのよ。

a0054163_22454670.jpg
お仕事の後(?)で体を洗ってもらっている水牛さん。
気持ち良さそうですね。
きれいなお花をつけてもらっていますね。
私、実際に沖縄へ行くまでものすごく大きな誤解をしていたのですが、こんなのどかな風景が、沖縄本島の至るところ―もちろん那覇でも―で繰り広げられているのだとばかり思っていました。
違うのですね。
これは離島ならではの風景なのですね。
知らないってことは、怖いことだなぁ。

a0054163_22484611.jpg
こちらはお仕事中の水牛さん。
竹富島名物の水牛の惹く車ですね。
この水牛さんはのんびりやさんなのか、気が向かないのか、時折立ち止まってはぼ―――っとして進まず、牛追いさんに「ほら、シッシッ、ベーベーベー(?)」と声をかけて追われながら、えっちらおっちら…という雰囲気で歩いて行きました。

a0054163_231026.jpg
竹富島で乗り回していた自転車を返して(島ではチャリがメインの足なのです)、石垣島へ戻る前に駆け込みで食べたソーキそば。
ここのは軟骨がトロットロで、肉からよけなくても全部食べられました。
太くて縮れていない伸び気味の麺は、ちょっと好みではなかったけれど。
後日、那覇市内の飲み屋でお喋りした沖縄人の女の子は「わたしは軟骨まで溶けちゃってるのが好きなんです~!」と熱を込めて語ってくれました。
沖縄人は皆それぞれ、自分好みの"マイ・ソーキそば屋"があるらしいです。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-01-31 23:05 |   -沖縄Dec'16 | Comments(0)
沖縄そば
a0054163_0334219.jpg
沖縄で食べていたソーキそばが不意に懐かしくなりましてん。
こんな。
これは空港に向かう直前に、那覇市街で食べたもの。


a0054163_0345760.jpg
じゃじゃん!とな。
三枚肉と本ソーキと軟骨ソーキの、分厚い肉が三種類も乗っていて、旨い。


a0054163_0365251.jpg
ギョーザも一緒にいただいた。
ソーキそばと一緒に蓋がされたお椀が出て来たので、てっきりお吸い物でも付くのかと思って蓋を取ってみたら、中からてんこ盛りの紅ショウガが出て来た。
沖縄ではこれが普通なのかな。

本州はすっぽり大寒波に襲われているので、なんだか無性に暖かい場所が恋しくなりましてん。

あ、この分厚い肉が三枚も乗っている沖縄そばを出しているお店は「東江そば(あがりえそば)」さんです。
沖縄県内にだけ数店舗あるチェーン店の様なのですが、沖縄そばには珍しくそばが細くて縮れ麺で、美味しいです。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-01-12 00:32 |   -沖縄Dec'16 | Comments(2)
福よ、来い
a0054163_025137.jpg
先週中ずっと、沖縄で遊んで来たツケを払い続け、この週末は何とか仕事からは免れたのですが。
疲れも溜まっていたのか、何だか体がだるく、ぐったりして過ごしました。
沖縄で撮った写真も整理出来ていないのですが、ひとまずそんな中でも沖縄らしい写真を。
竹富島で撮った、石垣の上にいたシーサー。
ちょうどいい雰囲気でブーゲンビリアも咲いています。
表情豊かなユニークなシーサー、一体何を拝んでいるのでしょう。
お店をぐるりと囲んだ石垣の上にいたから
「お客さん、お願いだから寄って行って~」
って感じでしょうか。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-12 00:35 |   -沖縄Dec'16 | Comments(0)
くらげになりたい…
a0054163_1592570.jpg
沖縄からは帰って来ておりまして。
週末+1日休暇で飛んでたっぷり遊んだ分の埋め合わせを、今、必死でしております。
はい、遊んで来た分、仕事がたまっているということで…。

帰って来る日、朝から車を飛ばして、美ら海水族館と今帰仁城址と古宇利島をぐるっと周回してまいりました。
初めての沖縄で、初めてレンタカーして、びゅんびゅん飛ばして200km以上運転して。
で、夕方に那覇へ戻って来たらすぐに空港へ向かって、帰りのフライト。
機材到着遅れやら軍用機の離陸待ちやらで、こってりディレイしてくれて、自宅へ帰り着いたのは夜10時半頃でした。
もちろん翌日からしっかり働いております。
は―――――。
いやいや、充実はしていました。
また、ぼちぼち旅記録を。
台北のも書けていないけれど。
美ら海水族館は沖縄であるとかないとかに関わらず、もうずーっと行きたいと思い続けてきた水族館だったのですが。
そして確かに素晴らしかったのですが。
でも、あのギネスに載っているという巨大水槽でも、ジンベイザメのあの子たちには、狭過ぎますね。
海の広さとは全然違うもの。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-08 02:07 |   -沖縄Dec'16 | Comments(0)
エメラルドの海
a0054163_22513803.jpg
今日、空港を飛び立った時に上空から見た石垣島。
こんなにも綺麗な珊瑚礁に囲まれた島だったんだ…。
日本本島から石垣に移住する人が多い理由がわかった気がした。
朝、駆け足で川平湾へ行き、グラスボートのクルーズにも参加して、その後石垣空港へ移動して那覇まで飛び、その足で首里城へ向かうとい忙しい一日だったけれど、好い一日だった。
こちらへ来てから毎日半袖Tシャツで過ごしているけれど、それにしても今日の那覇は28℃。
暑かった!
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-04 22:50 |   -沖縄Dec'16 | Comments(2)
南の島へ
a0054163_21340466.jpg
ちょろっと週末だけで南の島へ飛んで来ています。
早速、石垣牛の握りと海ぶどうとパパイヤのチャンプルーなんか食べております。
幸せだなぁ。
実は初めての沖縄。
まったり過ごして帰ります~。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-02 21:26 |   -沖縄Dec'16 | Comments(2)




AX