「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:旅( 54 )
谷中で見つけたもの
a0054163_031577.jpg
突如として出てくるのですが、谷中の思ひ出。
7月下旬に、初めての谷根千エリアを歩いて回った時に見つけました。
シベリア。
宮崎駿監督の『風立ちぬ』の中で、"シベリア"というものが登場して、主人公が買って食べているそれを主人公の友人が「シベリアか、妙なもの食べてるな」と言っている台詞から、ずっと気になっていたのですが。
今回、谷中をぶらぶら歩いている時に偶然見つけたのです。
昔ながらの雰囲気のパン屋さんのショーウィンドウ越しに見えました。
こういうものだったんですね。
昭和の、それこそ戦中・戦後の時代によく売られていたらしいシベリアを、昔ながらの風情が残る谷中の町の中で見つけたというのは、いかにもそれらしい趣があって、ノスタルジアを感じたりもして、何だか嬉しかったのでした。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-09-07 00:35 | | Comments(2)
ぶらり谷中
a0054163_032156.jpg
この週末、ここ最近では珍しく泊りがけで東京へ行っておりました。
もちろん、『JERSEY BOYS』WHITEのためですが。
並行して、今回は初めての谷中に泊まって、夕暮れ時から翌日午後まで、たっぷり谷中を味わいました。
谷根千という言葉も知らないほど、この界隈のことを知らなかったのですが、行ってみてどっぷりその魅力にはまりました。
どうして東京在住の間にこのエリアに通わなかったんだろう、私?と自分を責めたくなるほど、とてもとても興をそそられる素敵な町でした。
というわけで、ジャージーの感想も書きつつ、谷中界隈のお話を。
このエリアに住んで藝大に通っている学生さんたちが羨ましいなぁ。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-07-25 00:07 | | Comments(0)
memories
a0054163_033695.jpg
そう言えば、11月第1週の週末にソウルへ飛んで出席した結婚式の様子をまだ書いていませんでした。
こちらは会場の入口に飾られていた二人の前撮り写真とブーケなど。
韓国も中国や台湾、ベトナムなどと同様に前撮り命!みたいな感じで(ま、日本だって結構そういうところあるけれど)前撮り写真はかなり気合が入っています。
ポーズもかなり色々です。
で、このすぐ横にBride's Roomが設けられていて、参加者はお式の前に新婦の晴れ姿を見て、一緒に写真を撮ったりお話出来るようになっています。
日本の式場よりもかなりカジュアルです。
私がひょこっと顔を覗かせたら、友人は「本当に来てくれたんだ~!」と、ものすごく喜んでくれました。
やっぱり行って良かった。

a0054163_0381516.jpg
で、これが式場内部。
白と黒でまとめられていてかなりシックですよね。
一歩間違えたらお葬式会場になっちゃいそうな…。
韓国の結婚式は日本よりもずっとカジュアル(と言うと語弊があるかもしれないけれど、システマティックと言うか、合理的と言うか…)で、招待客はどの席に座ってもいいし(席次が決まっていない)、そもそも誰が招待客かよくわからないような感じで、呼ばれていてもいなくても、誰が参加してもOK。
そして日本のような新郎新婦挨拶も、友人挨拶も、ご両親の挨拶も、キャンドルサービスも、ケーキカットも、出し物のような余興もな~んにもない。
儀式的なこととか、厳かな雰囲気とか、ないのです。
行く前に色々なところから知識を得て、「韓国の結婚式は日本人にとってはつまらないよ」と聞いてはいたけれど(いや、じゃ、日本の結婚式が面白いかと言うと、それはそれで言葉に困るけれど)、本当にこれほどのものとは思ってもみませんでした。
お客さん達はただその場にいて、出されたご飯を食べて帰るだけ、みたいな感じ。
で、そのご飯がまた、なぜあれほどご飯の美味しい韓国でこんなご飯が出て来るんだ…みたいなお味で。
いやいや、でもそういうことをさておいても、私は友人二人が幸せそうにしている姿が見られただけで、とても嬉しかったのです。
それは事実なのです。
最後に韓服に着替えて各テーブルを回るというシーンもあったのだけれど、その写真はあまりに二人の顔がばっちり写り過ぎているので、ここでupするのは控えておきます。
二人とも、おめでとう。
(そして新郎新婦は式が済んだら、その足でさっさと新婚旅行に旅立っていく…という、これも韓国式)

P.S.韓国でも御祝儀はお支払いするのですが、韓国はなんと!受付に白封筒が用意されていて、その場で普通に現金を入れて受付の人に「はい」と渡すという…。
それは友人に事前に聞いていたので、じゃ、私は日本式に豪華な御祝儀袋に入れて持って行くわね、と約束して、金銀の水引に赤やピンクの派手な御祝儀袋で出しました。
友人は「日本のって、こんなにも綺麗で可愛いのね~!」と喜んでくれました。
ちなみに御祝儀の相場は普通で50,000w(約5千円)、とても仲の良い友人や近親者の場合は200,000w(約2万円)だそうです。
そして韓国の結婚式では引き出物がありません。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-19 00:50 | | Comments(2)
peace
a0054163_0203720.jpg
出張のついでにこんなところにも寄れて。
愛媛県立とべ動物園。
長年(それこそ10年越し)会いたいと思い続けていたしろくま(ホッキョクグマ)のピースに会えました!
比較的来園者の少ない日(平日)だったので、ピースの獣舎の前には誰もいなくて、私一人。
「ピーちゃん…」て、そっと声をかけたら、むくっと体を起こして「なぁに?」という顔をしました。

a0054163_0375844.jpg
園内を一巡りして帰る前にももう一度ピースのところへ行って「またね」って声をかけたら、ピースも目を細めてこちらをじっと見ていました。
ピーちゃん、ホッキョクグマの獣舎の中にひとりっきりで、淋しくないかな。
飼育員の高市さんがいらっしゃるから、少しは大丈夫かな。
てんかんの発作も落ち着いているかな。
また、会おうね。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-16 00:41 | | Comments(0)
野望の果て
a0054163_1146571.jpg
西方出張から帰って来てへろへろになってはいますが。
出張時に、宮島は厳島神社のこんな姿を見られました。
この日はちょうど夕方のこの時間帯が干潮で、海の中の鳥居の下まで歩いて行けました。
広島へは何度か行ったことがあるのですが、宮島へ渡ったのは今回が初めて。
清盛の壮大な野望と自己の権力を誇示したい気持ちを感じもして。
またきちんとプライベートで再訪したいと思える場所でした。

a0054163_11521118.jpg
業務の隙を縫って、ぶりっぶりの焼き牡蠣も頂きました!
これ、大きさ&身の厚みともにすごいんです!
いやー、流石は牡蠣の本場、広島です。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-15 11:54 | | Comments(2)
portrait
a0054163_2328271.jpg
帰って来ております、ソウルから。
帰って来るなり超激務で、あり得ないほどバタバタしております。
写真は今回のソウルで買って来たinnisfreeのカプセル・レシピ・パック。
素材によって1,500wのものと2,000wのものがあります。
このカプセル1個で2回分のとろっとしたパック剤が入っているのだそうで。
効果があるかどうかわからないけれど、この可愛らしいパッケージに釣られて、つい買ってしまったもの。
おおげさにせずにちょこっとだけお土産を渡したい人にも、「はい」って渡しやすい。
私の好みでは、何となくカノラ・ハニー(要は菜の花から採れたはちみつ)のパックと、柘榴のものが良さそうな気配がして、楽しみ。
早く使ってみたい。
と言っていながら、明日から出張に出て来ます。
国内で西方へ行って来ます(ほんとはあまり行きたくない)。
金曜日の夜には帰って来ます。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-10 23:38 | | Comments(2)
for wedding
この週末だけでちらっとソウルに来ています。
ソウルは雨。
音を立ててよく降っています。
今年のソウルは来る度に雨で、本当によく降る。
今回は友達の結婚式のため。
観劇はなし。…のつもりです。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-06 21:49 | | Comments(0)
すみれいろ
a0054163_23501420.jpg
ちょっと東京へ行って来ました。
展覧会をハシゴし、銀座の美容師の兄ちゃんのところで髪を切り、iittala shopを覘き、neuhausでプラリーヌを買い。
展覧会については明日また詳しく。
帰りの羽田で、夕焼けが暮れたその後の空がすみれいろになったところへ、これから離陸していく機材が滑走路へ向かう姿がとても素敵だった。


a0054163_00154.jpg
こちらは上空から。
羽田を飛び立ってわりとすぐ、横浜の街並みの上を飛んで行く。
暮れゆく空と夜景は美しい。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-05-22 00:02 | | Comments(0)
お湯浸り
a0054163_22175529.jpg
この週末に、ちょっと湯治へ行っておりまして。
私にとっては近場の、もう行き馴れた下呂温泉。
関東と関西から、それぞれ友人が来てくれました。
和モダンにリノベーションされたお宿のロビーは、格子から射し込む光も静謐で美しいこんな雰囲気。

今回は露天風呂付個室とかではないので、温泉写真は撮っておりませんが。
ご飯時には...
a0054163_2222286.jpg
こんな感じで、菌床から生しいたけをもがせてくれて。

a0054163_2223394.jpg
これを銘々が火で炙っていただきます。

a0054163_2224391.jpg
肉厚のしいたけのカサからじゅわじゅわ~っと水分が出てきたら、食べ頃。
岩塩をすりおろしたのをぱらぱら振りかけていただきます。旨し。

a0054163_22251172.jpg
生しいたけだけでなく、こんなにたっぷりの飛騨牛の厚切りカルビもあります。
どど~んといただきましょう!

a0054163_22261355.jpg
浴衣を選ばせてくれたので、こんなくすんだ水色の地に桜や蝶の散ったものを着て、のんびりゆったりくつろいで過ごしました。

ここのところ自分でも気づかない内に、いろいろと疲れとストレスを溜め込んでいたようだったので、少しだけ肩に背負っていたものを下ろせた気がします。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-03-09 22:31 | | Comments(2)
pranzo in Yokohama
a0054163_23151279.jpg
観劇記録に行く前に。
横浜で、とっても素敵なトラットリアに連れて行って頂いたので、その記録を。
もうかれこれ15年くらいの知り合いになるとても聡明なお姉さんに「いいイタリアン・レストランがあるから、横浜まで来てもらっていい?」と、お誘いを受け。
彼女は横浜生まれ、横浜育ち。
私の様な地方出身者から見ると、横浜生まれ、横浜育ちだなんて、途方もなく都会的でhigh societyな印象があるのです。
そう言うと彼女は「たまたま親がそこにいて、そこで生まれて育っただけのこと」と笑うけれど。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2014-12-22 23:32 | | Comments(0)




AX