カテゴリ:映画( 129 )
『Hacksaw Ridge』
a0054163_133184.jpg
公開前から観ようと思っていたのに、気づけばもう公開が終わろうとしており。
我が県では上映している映画館はわずか1館、1日1回のみの上映になっており、それももう今週金曜日で終了。
というわけで、慌てて駆け込みで観に行って来ました。
自分の住む地域からかなり遠いその上映館まで。

で、自分でも忘れていたのですが、私は血が飛び、肉弾けるスプラッタ映画は、この上もなく苦手だったのでした。
そしてこの作品は、まさにそのグロテスクの極み。
もう、心臓に悪くて、耐えられなくて。
そういうわけで、申し訳ないのですが、大半の戦闘シーンは目を閉じてやり過ごしました。
その割に、私は戦争映画と呼ばれるものは結構観ておりまして。
この作品のパブリシティでよく引き合いとして名前を出されていた『プライベート・ライアン』も映画館で観ていますし、ヴィエトナム戦争関連では『地獄の黙示録』『7月4日に生まれて』『グッドモーニング、ベトナム』他、湾岸戦争では『戦火の勇気』、イラク戦争では『アメリカン・スナイパー』と(多分、他にも色々観ている)戦闘シーン炸裂の映画を結構観て来ているはずなのですが。
それでも、今回のこの作品の戦闘シーンは駄目でした。
ひたすら目を閉じて身を固くしていることしか出来ませんでした。
そして考えていたことは
「早くこの悪夢が終わってほしい」
「戦争ダメだ、戦争ダメだ、戦争ダメだ」

という、ただこれだけの、シンプルな願いと言うか、祈りに近いものでした。
本当に、それだけでした。
そう思わせたことで、反戦映画として成立しているということになるのかもしれません。

そして、あちこちで言われているのですが、この作品、予告の段階では沖縄戦だということを明らかにしていなかったのですが(沖縄県民の方に配慮して、とのことだそうです)、舞台となっているハクソー・リッジは沖縄の浦添市にある前田高地のこと。
その地を舞台に繰り広げられた激戦が描かれています。
当然ながら、米軍側からの視点で描かれているので、日本兵は敵軍。
で、私がひたすら身を固くして耐えていたあの戦闘や爆撃は、沖縄及び日本に向けて行われたもので。
つまり、あの激しい攻撃は、すべて私たち日本人に、私に向けて、加えられている、と。
そう思ったら尚更、とても普通の感覚では観られませんでした。
そして、これは私に知識がなかったことなのですが、沖縄戦の時点で既に、米軍はナパーム弾をガンガン投入していたのですね。
てっきりあれは、ベトナム戦争から導入された兵器だと思っていたのですが。
それに加えて、あの悪魔の様な火炎放射器の使用。
何かもう、思考停止して、ひたすら何かに祈らずにはいられない様なシーンばかりでした。
つらかった。
メル・ギブソン、クレイジー…。

本題はここからなのですが。
この戦闘の中で"良心的兵役拒否者"として、武器を持たない衛生兵として従軍したデズモンド・ドスが主人公。
アンドリュー・ガーフィールドが演じています。
彼は敬虔なキリスト教徒(セブンスデー・アドベンチスト教会の信徒)であり、自分の信仰と少年期の経験から、決して武器を持たず、人を殺さないことを信条としている。
そもそも私の知識不足で、衛生兵って、武器を持たず、前線から一歩引いたベース・キャンプの様なところで看護活動に当たる役回りだと思っていたのですが、実際は彼らも前線に他の兵士と共に立ち、武器を持って戦うのですね。
(そう言えば『戦火の勇気』のイラリオ(マット・デイモンが演じた)も衛生兵だったっけ)
それゆえ、デズモンドの兵役拒否が問題になり、軍法会議にまで発展してしまった、と。
結果的にデズモンドは許可を得て、従軍して沖縄へ赴くわけだけれど。
そして、その過酷な戦場で、仲間が撤退した後も一人残って、負傷して置き去りにされた兵士たちを一人一人担いで救助するのだけれど。
何も信仰を持たず(哲学として仏教は凄いと思っているけれど)、戦争なんか嫌だ、と思っている私には、そもそも彼の「武器を持たず、戦闘はしないけれど、戦場へ行く」という選択がどうしても解せないものでした。
「衛生兵として負傷兵を救いたい」という思いは貴いと思うけれど、それでもやはり、理解できず。
上官に叱責されようと、同じ隊の兵士たちに嫌がらせや暴行を受けようと、そしてどんな極限状態に置かれようと(敵が銃を持って迫って来て、自分の命が危うくても)、絶対に武器は取らないということが、わからなかった。
それならばなぜ敢えて戦争に加わるのか、と。
更に言えば、自分は銃を取らないけれど、自分の仲間が銃を持って戦うことに対しては異を唱えないわけで、それは容認すると言うのは、矛盾しないことなのか?と。
詰まるところそれは、「汝、殺すなかれ」とある教えに背くことにはならないのか?
自分が殺さなければ、他の人がすぐそばで誰かを殺していても構わないということなのか?と。
その辺りが、私には飲み下せなかった。

戦場で、負傷兵を75人も救い出したという彼の功績は大きいと思うけれど。
(映画だから、もちろん脚色は入っているし、美化されている部分もある)
そして彼のその勇気ある行動と人道主義に感銘を受けたのも確かだけれど。
その貴い行為を描き、そして彼を"戦争の英雄"として描くことで、この映画はやはり、米国の米国による米国のための映画なのだなぁ…と、つくづく感じました。

アンドリュー・ガーフィールドは、最初、あの『ソーシャル・ネットワーク』の彼だとは気付かず。
『アメイジング・スパイダーマン』『沈黙-サイレンス-』も彼なのだけど、そういったものをまるで思い出させず、この作品ではひたすら、ちょっと頼りなさそうにへらっと笑っているひょろっとした衛生兵のデズモンド・ドスで。
いい役者さんだなぁと思わされました。
するりとその役になっていて、カメレオンの様な俳優さんですね。
この作品ではまるで10代後半の少年の様に見えたのですが、実際にはもう33歳なんですね。見えないなぁ。

他に彼の父親役(第1次大戦に従軍し、PTSDに苦しんでいる)でヒューゴ・ウィーヴィングが出演していて、おぉ、ヒューゴ!久し振り!って感じでした。
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのエルロンド卿ですね。
あと、『マトリックス』のエージェント・スミスね。
このヒューゴが、デズモンドが銃を持たないことの1つの要因ともなっているのです。

デズモンドと同じ隊の同輩スミティを演じていたルーク・ブレイシーも良かったな。
デズモンドが恋するドロシー(後に妻となる)を演じたテリーサ・パーマーも。

ところで、作品の終盤で、日本兵が白旗を上げて、裸にふんどし姿で両手を上げて降参する…と見せかけて、米兵を油断させたところで手榴弾を投げつける、という卑怯極まりないことをやっていましたが、あれは沖縄戦及び太平洋戦争中に本当にあった行為なのでしょうか。
更に、もはやこれまで…と悟った日本軍の長(伍長なのか、軍曹なのか、大尉なのか大佐なのか、その辺は不明)が、壕(ガマ)の中で切腹をし、彼の下士官が介錯を務めて首をバサーッ!ゴロッ。というシーンがありましたが…あれは何?
確かに、太平洋戦争末期に敗北を悟って自害する軍人は大勢いたけれど…。
介錯も、あそこまで刎ねちゃわないと思うけれど…江戸時代までの作法であれば、首の皮1枚残さなければいけないのよね、沖縄戦の切迫した戦場ではそんな余裕もないでしょうけど。
やはり外国の監督的には、日本のハラキリを撮影してみたかったのでしょうか。

観た後にも、感動した、素晴らしかった、なんて安直な感想は浮かばなくて、何かもやもやしたものが残る作品でした。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-08-05 01:27 | 映画 | Comments(0)
『美女と野獣』―実写映画吹替版
a0054163_0591114.jpg
先々週末~今週まで、仕事で沈没していました。
こちらをお留守にしておりまして、すみません。
で、『パレード』のことも書き切れていないのですが。
こちらの吹替版、観て来ました。
先月、字幕版の方を観た時に「吹替版、観なくてもいいかなぁ…」とか言っていたのですが、この土曜日にぽっと時間が空いて、そして1日で映画の日だったので、「ま、行っておくか」と。
やはり、吉原光夫ガストンと成河ルミエールだけは、気になっていたので。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-07-02 01:13 | 映画 | Comments(2)
『Beauty and the BEAST』―実写映画版
a0054163_0351846.jpg
今頃になってようやくですが、こちらを木曜日の夜に観て来たのです。
4月下旬早々にご覧になった方達の評判がとっても良かったので、さぞかし…と思って観に行ったのですが。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-12 00:17 | 映画 | Comments(0)
『3月のライオン 後編』―映画版・原作とは別物別物別物
a0054163_2011065.jpg
前編観ちゃったしな…後編も観るしかないよな…仕方ないよな…と、何だか最初からあきらめの気持ちで、でも一縷の望みをかける様な気持ちで、観に行って来ました、後編。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-05-07 20:02 | 映画 | Comments(0)
『3月のライオン 前編』―映画版
a0054163_21335727.jpg
数日前、こちらを観て来たのです。
ずっと以前に書きましたが、私、原作が大好きなんです。
映画化することももちろん知っていて、神木くんが零なのも知っていて、映画に対して期待6割不安4割くらいの気持ちでいたのですが。
3月18日公開だったせいで、トニー賞コンサートやらNY行きやらとばっちり被り、なかなか観に行くことが出来ませんでした。
そして、ようやく。
以下、まだ観ていなくてこれからご覧になる方はご注意。
(でももう、後編の公開も始まっているからいいかな?)

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-04-29 22:47 | 映画 | Comments(0)
『LA LA LAND』
a0054163_0503391.jpg
観に行こうとは思っていたのに、これよりMETの『Romeo et Juliette』を優先させたり(しかも2回も観た)、これより『この世界の片隅に』を優先させたり(しかも2回目)、とにかく後回しにしまくっていて、ようやく観に行けました。
『LA LA LAND』
機内でも観られそうだったので(毎年3月の機内プログラムは充実していて、有難い&楽しい)、劇場でも観ようとは思っていたけれど、そちらが先になるか?と思っていたのですが、詳しい方が「機内ではスクリーンサイズの関係で画面がカットされているので、劇場で観るのが良い」とアドヴァイス下さったので、やはり先に劇場で観ることに。
教えて頂いた通り、この作品、シネスコ(シネマ・スコープ)なので、映画館のワイドスクリーンで観ないともったいないです。
特に、オープニングのシーンなんかは。

詳しくは語りませんが、良品でした。
が、この作品でアカデミー作品賞受賞はあり得なかっただろうなぁ…とも思いました。
アカデミーが作品賞に選ぶ好みの作品ではありません。
純粋なる良質なエンターテインメント作品です。
で、これは古き良きアメリカン・ミュージカル・コメディへのオマージュでもあるのですよね。
パラマウントが作るミュージカル映画が輝いていた時代への。

王道のボーイ・ミーツ・ガールのラブ・コメディ。
主演のエマ・ストーンは確かに魅力的だったけれど、ん?これで主演女優賞?というのも、少し思いました。
例年、オスカーに選ばれる主演女優とはちょっと毛色が異なりますよね。
どうしたのかしら、今年は他に強力な対抗馬がいなかったのかしら(すみません、今年の授賞式、全然チェック出来ていません。しかもNHK-BSの総集編放送も予約し忘れて見逃した;;)
エマはまた、とってもチャーミングではあるけれど、決して歌が上手いわけではないですよね。
She's not a singer, but an actress.―彼女は歌手ではなく、女優なのだ。
と、強く感じました。
演技や存在感や、そういった諸々の総合力でこの役に選ばれて、その上での受賞だったのだろうなぁ、と。
エマは決して、ものすごい美人女優さんではないのですよね。綺麗だけれど、どちらかと言えばファニーフェイスで、だからこそ他の誰にも似ていない個性がある。
そういったところも彼女の魅力のひとつなのだと思いました。
エマの主演映画は『HELP』『Amazing Spider-Man』『Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance』と観て来ているけれど(BWでも彼女の『Cabaret』を観るチャンスがあったけれど、他作品との都合でパスした気がする)、彼女、どの映画でも"賢そうな雰囲気"が前に出て来ますね。
『HELP』みたいな作品ではそれが良かったけれど、今作では最初、ちょっとドジで不器用な感じの運の悪い女の子、という設定だと思うので、もう少し「ほやっ」とした感じがあっても良かったかも。
相手役のライアン・ゴズリングも良い味出していました。
あの、ただ、小さい声で言わせて頂くと私の好みのルックスからはかけ離れていて…ああいう顔立ちがものすごーく苦手なんです。どうしてなんだろう…。ごめんなさい。

この作品、『Whipslash』(邦題:セッション)と同じデミアン・チャゼル監督ですね。
賛否両論だった(世間では絶賛のお客さんが多かった様子)『Whipslash』ですが、以前にも書いたけれど、私はあれが大嫌いで…。
そこからすると、今作はかなり好きな方の部類に入りました。
そうそう、その『Whipslash』で重要なキャラクターを演じていたJ.K.シモンズが、今作でも存在感のある脇役として出演していましたね。

エンドロールで流れるエマのハミングが良かったなぁ。より余韻が残って。
ラストが少し、『MEMPHIS』に似ている気もしました。
これ、未見の人には絶対にネタバレ禁止の映画でもありますね。
このラストを観ていない人にバラす様な人とは、友達になれないと思います。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-03-18 00:47 | 映画 | Comments(0)
『この世界の片隅に』
a0054163_0411351.jpg
年の瀬に一緒に仕事の研修を受けていた年下の男の子(20代前半!)に、「『この世界の片隅に』良かったですよ。少なくとも『君の名は。』なんかよりずっといいですよ。ぜひ観てください」とお薦めされていたので、観て来ました。
『君の名は。』がお好きな方には申し訳ないけれど、確かにずっと良かったです。
いや、『君の名は。』は、あれはあれで良いのだと思うのだけれど。
作品の質が、全然違うのです。

平凡な、でも穏やかで満ち足りた日常生活の中に、じわじわとひたひたと戦争が入り込んでくるっていうのは、こういうことか…と。
そうでありながらも、日々は続いてゆき、日々の生活を地道に積み重ねていくことはこんなにもかけがえのない貴いものであるのか、と。
『夕凪の街 桜の国』が衝撃的だったこうの史代さん原作のアニメーション化作品。
主人公のすずさんを演じたのんの声―と言うか、演技―も、とても良かった。
私、彼女は演技力があるのかないのか、上手いのか下手なのか、それともヘタウマなのか、今一つ判じかねていたのですが、この作品の演技は、本当に"天性のカン"みたいなものがあるなぁ…と思わされました。
ぼ――っとした、のんびりした性格の主人公、という役どころも合っていたのかも。
すずの夫の周作さんを演じた細谷佳正さんも良かった。本業の声優さんなのですよね?
最近、声の仕事としては素人同然の俳優がアニメ映画のアフレコをすることが多くなってきたけれど、やはりプロフェッショナルの声優さんは好いなぁと思いました。

ぼ――っとしていたすずが、少しずつ、色々なものを失ってゆき、そうしていく中で少しずつ倦んでいく様がありありと描かれていて、胸が痛みました。
じわっと涙が出て、思わず頬を伝いました。
白く閃光が光った時。

あ、でも、大きな視点で見ると、この作品はラヴ・ストーリーでもあるのです。
周作さん、"日常"から"異世界"へと連れ出す王子様でもあるわけで。
お薦め。
私ももう一度観に行くと思います。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-01-20 23:57 | 映画 | Comments(0)
『剱岳 点の記』
a0054163_2310335.jpg
昨年のGW頃にBSで放送していて録画したままになっていたものを、今頃になってようやく観たのです。

a0054163_23141521.jpg
こちらね。


明治末期、日本陸軍が軍事力強化のためにと急ぐ日本地図の完成に向けて、最後に残された日本海側の北アルプス、前人未到の剱岳の測量に命懸けで挑んだ男達の物語。
新田次郎原作作品。

いや―――、かねがね、一番最初にその山へ足を踏み入れて道を作った人達はなんて凄いんだろう…と畏敬の念を抱いていたのですが、まさにその"最初に山へ足を踏み入れた人達"の話です。
しかも、その足を踏み入れる山は、あの剱岳
魔の山ですよ。
この作品の中では「死の山」と呼ばれていますが、まさに。
これ、少しでも山を歩いた方ならおわかりになるかと思いますが、この映画を撮るということは、想像を絶する様な過酷なロケを敢行しなければいけないということで。
スクリーンの中に描かれているのを遥かに上回る壮絶さだったことが、容易に窺われます。
それの証拠に、どうも本作よりも、この作品のメイキング作品の方がよっぽど見応えがあって面白いとか何とか…。

劔岳 撮影の記 標高3000メートル、激闘の873日 [DVD]

それはさておき。

この作品を観始めてすぐ、

あ―――、私やっぱり、
浅野忠信が大好きだ―――!!!
と思いました。
いやもう、剱より何より、そのことを思いました。すみません。
何なんでしょうね、この俳優さんの存在の仕方は。
そこに立っているだけで、佇んでいるだけで醸し出される迫力の様なものは。
それでいて演技している気配が漂って来ないと言うか。
どうにも上手く言い表せないので、あとは映画を観て下さい。

共演の香川照之さんも非常~~~に!良かったです。朴訥で。

浅野さんも香川さんも、山登ラ~でも何でもないのに、この撮影のために剱岳と下界を何往復もしたんだよなぁ…凄いなぁ、役者さんって。

他にも皆さん、良かったのですが。
唯一、宮崎あ●いちゃんだけが残…もごもごもご。
あのー、ファンの方には本当に申し訳ないのですが、私、未だかつて彼女の演技や在り方を良いと思ったことがほとんどなく…とりわけ、私の好きな作品や硬派作品には出来れば遠慮していただければと思うことも多く…もごもごもご。
硬派作品ではないけれど、三浦しをんちゃんの『舟を編む』の時にも、どう考えてもあの役は彼女の役ではなく…もっとたおやかでしっとりした純和風美人な女優さんに演じてもらいたいなぁ、と。

話は逸れましたが。
これを撮影しようと思った木村大作監督は凄いなぁと思い。
(そう言えば、前に機内で観て割と良かった『春を背負って』も木村監督作品だった。あれも撮影は立山でしたね)
画像的な凄さと同時に、この原作を書いた新田次郎氏の凄さもまた、改めて感じた新年第一作でした。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-01-11 01:44 | 映画 | Comments(2)
『Fantastic Beasts and Where to Find Them』
a0054163_0231141.jpg
色々なことが年末進行で、忙しいにも関わらず(ヒョシンさんの『PHANTOM』のことも書けていないし)、こちらを観て来ました。
ファンタスティックビースト。
この作品の制作が発表された時に、「どうしてエディ・レッドメインが今更ハリー・ポッター映画?」と訝しんだものでした。
だって、エディですよ?!
『My week with Marilyn』『Les Miserables』も経験してきて、ホーキング博士を演じた『The Theory of Everything(博士と彼女のセオリー)』でアカデミー賞の主演男優賞まで獲って、続く『The Danish Girl(リリーのすべて)』でもその演技で話題をさらって。
それがなぜ今更、ハリポタ映画なんて…と。
それくらい、英国俳優にとってはハリポタ映画って大きなブランドなのかしら。
で、ともあれ、エディが主演でなければ観なかったかもしれないハリポタのスピン・オフ映画は…

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-27 23:57 | 映画 | Comments(0)
『聖の青春』
a0054163_23394333.jpg
私にしては珍しいものを、と思われるでしょうか。
こちらの映画を観てまいりました。

あの、別にカミングアウトというわけではないのですが、実は私、10代の一時期、プロ将棋の世界に熱中していた頃がありまして。
まだ羽生さんが名人位を獲る前で、もちろん、七冠になって世間に持て囃される様になるのよりも前で。
(むしろ、羽生さんが七冠になった頃は、私の将棋熱は醒めてきた頃だった)
何がきっかけだったかは今となってはもう覚えていないのだけれど、その頃、プロ棋士の郷田真隆さんが大好きだったのです。
郷田さんの紋付袴姿、凛々しくてものすごく格好良かったのです。
今、自分で思っても変な10代女子だけど。
月刊誌の『将棋世界』を毎月購読するのはもちろんのこと、公開されている将棋トーナメントの対局も見に行ったりしていました。
(相当変な10代女子だ。周りはおじいさんばっかりだった記憶が…)
小学校低学年の頃に覚えて将棋は指せたし、詰将棋もやっていたので。

というわけで、この映画、村山聖さんのことを知らない人達にも話題になっている様なのですが、私にとってはリアルタイムで姿を知っている"あの村山さん"を松山ケンイチさんが演じるということで、かなり気になっていました。
私が熱中していたあの時期に、村山さんはまさに飛ぶ鳥落とす勢いだったのですよね。
東京へ移ってからは郷田さんとも仲が良くて、一緒に遊んでいる様子だったし(そんなことまで知っているミーハー)。
懐かしいなぁ。
相次ぐ引っ越しであの当時の『将棋世界』はもう廃品回収に出してしまったけれど、今手元に残っていたら、村山さんの在りし日の姿や、まだ20代になりたての頃の羽生さんや郷田さんの姿も見られるのになぁ。
来週で公開が終わってしまうという今頃になってようやく観られました。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-13 23:39 | 映画 | Comments(0)




AX