<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
PATRICK!!
a0054163_23403469.jpg
ずっとずっとほしかったPATRICKのスニーカーをとうとう買ってしまった。
それこそ3年越しくらいで狙っていたので、もうそろそろ買ってもよかろう、と自分に許可。
最初はチョコレート色にしようと思っていたけれど、既に持っているadidasのROMがチョコなので、今回は黒で行こうと。
PATRICKの中でもいろいろいろいろ探して、試して、ようやくこれ、SOLSONAに決めた。
とっても柔らかい革を使っていて、中敷まで良い素材の革。この黒がすごくクール。
PATRICKは細身のラインで爪先や甲のラインもとても綺麗なので、なんだかバレエのトウシューズのようでさえあったり。
これで、マンハッタンを歩くのだ。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-29 23:37 | 日常雑感 | Comments(0)
104円台
ふふふふ...来ましたよ、ドル安の波が。
神様、ありがとう。
3月中はこのまま円高を維持してね。
2年9ヶ月振りの1ドル104円台です。
えぇ、もちろんすかさず銀行へ行ってまいりました。
と言っても、両替するのは少しの額なのですが。
日本の銀行に1ドル当たり3円もの両替手数料を払うのはあまりにも馬鹿馬鹿しいので
私はいつもカード派なんです。
現地の宿代と、こまごました買い物で必要な現金以外は全部カード。
もともと日本でも現金はあまり持ち歩かないですし。
TKTSも早くカード支払い可にならないかしらん。
と言うかTKTS、いつ元の場所で正式オープンするのじゃ...
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-29 23:21 |   -NY'08 | Comments(0)
ぶんたん
a0054163_040198.jpg
伯父が土佐に住んでいる。毎年これくらいの時期になると、段ボール1箱もの文旦を送ってくれる。私はこの柑橘系の大きな果実が大好きだ。グレープフルーツよりもっと大きくて、果肉に弾力があって、自然でほのかな甘みがある。適度に爽やかな酸味もある。ヴィエトナムでよく食べていたザボンに似ているなぁ...と思っていたら、名称が違うだけの同種とのことだった。でも、南国ヴィエトナム産のものの方が土佐のものより二まわりか三まわりくらい大きい。

a0054163_0451100.jpg
厚みのある皮を、指の先に力を入れてぐいっと剥くと、中からはこんな果肉が出てくる。瑞々しくておいしい。ここのことろ、毎日お風呂上りに一人で1個丸ごと食べていた。果糖の摂り過ぎかもしれない。でもおいしいのでやめられない。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-28 00:37 | 食べもの | Comments(2)
革命リーダー、再び
昨日、複数の方たちからご連絡を頂きました。皆さま、ご親切どうもありがとうございます。
どういうことかと言うと、これ
我が君が今年も夏のHollywood Bowlにご登場です。
コンサート・バージョンの『Les Miserables』です。
あーろんは当然のことながら、Enjolrasを歌います(他にあーろんにfitする役ってないもの)。
そしてEponineがLea Michele!!!
LeaのEponine、聴きたい!!あーろんは聴いたことあるからもうわかっているけれど、Leaがどんな風に"On My Own"歌うのか、聴いてみたいではありませんか!!

それにしても...8月の8、9、10日ですよ。
エア・チケット代が高騰する夏季シーズンの中でも一番値段が吊り上がる8月真ん中の金土日。
ちょうど私が持っていたマイレージは使っちゃったところで、今回NYへ飛ぶ分を積算しても3万マイルくらいにしかならないし。
LAのホテル代だって安くはないのだし...。
行けるのか、行けるのか、わたし?!(ムリだろ...)

バジェットもさることながら、正直なところ、だーりん、次は別の役で観たい(聴きたい)なぁ、と。
だってだーりんの『Les Miz』、6回も観たから...未だにお腹いっぱいなのです(^^;)
『Piazza』だとしたら、また何度でも観たいけれどね。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-28 00:21 | 観劇周辺 | Comments(5)
いただきもの
a0054163_21254531.jpg
予習用にといただきました。『Sunday in the Park with George』のスクリプト(OBCの時のもの)。他にもいただいたものがありますが、何よりこれが嬉しかったので。
それと『CANDIDE』のポストカード。こちらはメッセージ・カードとして。私の好きな、Kristin Chenowethがクネゴンデを歌った2004年のコンサートバージョンbyニューヨーク・フィルの時のもの。嬉しかったです、本当にありがとう。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-27 01:56 | 観劇周辺 | Comments(2)
『犬身』 松浦 理英子 著、朝日新聞社
犬身
犬身

わたしは犬になりたい。

というお話。

この本、凄い。
※以下、若干筋バレありです。

ワンワン!
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-27 01:54 | | Comments(0)
『BEST OF』 The Cardigans
BEST OF(2CD)
BEST OF(2CD)

いつの間にやら、カーディガンズのベスト・アルバムが発売されていた。車を運転しながらFMを聴いていて、初めて知った。
カーディガンズ、大好きだった。いや、今でも変わらず好きだ。
時々アルバムを引っ張り出しては聴いている。
私にとってSwedish Popsと言えばまずカーディガンズであり、トーレ・ヨハンソンであり。
特にヴォーカルのニーナちゃんの気だるげでヘタウマな歌声はなんとも言えず、きゅんとくる。
大学の頃、カラオケで『carnival』とか『love fool』歌ったりして、周りの空気をアンニュイに染めたりしていたこともある(迷惑ですね)。
なんだかまた、部屋中いっぱい、がんがんのヴォリュームで『carnival』が聴きたくなった。

I will never know / cause you will never show
Come on and love me now / Come on and love me now...
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-27 01:39 | 音楽 | Comments(2)
『Spring Awakening』の
ステージ・シート、取れた。
ついにブロードウェイ・ステージ・デビューだ。
ヒロイン・Wendlaの横に座ってしまうのだ。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-27 01:32 | 観劇周辺
有力
棟田...の可能性が大きくなってきた。
まだ、最後の最後までわからないとは言え。
北京五輪、100kg超級代表。
出来れば康生を...と思わないでもない。
でもこの階級での安定性を見ると現時点での安定性は断然、棟田。

そうだ、考えるまでもなく棟田も今までずっと五輪の代表は逃して苦汁をなめてきたんだ。
康生が階級を上げてからは康生の陰になって。

結局、その年、その時でベストの状態にいるただ一人が代表として畳にあがるということ。
康生になっても棟田になっても、どちらになってもつらいし、どちらになっても心底応援することには間違いない。
私は棟田の柔道も好きだし、何より彼の美しい"礼"をとても好ましく思っているし。
すみません、石井慧の柔道は私はどうしても好きになれないのです。

とにかく今は。
棟田、ドイツ国際の優勝、おめでとう。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-27 01:27 | スポーツ
『絵描き』 いせ ひでこ 作、理論社
絵描き
絵描き

ここに描かれているのはゴッホの部屋だ。

画家・いせ ひでこが、自分の描くもの、描きたいもの、描くべきものを求めて旅する本。

→Read more
[PR]
by bongsenxanh | 2008-02-20 00:57 | | Comments(6)




AX