<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
蚵仔煎 という食べもの
a0054163_23295553.jpg

台湾の夜市の屋台では、名物料理なのだそうです。
かなり小粒の牡蠣が入った卵とじ(と言うか、オムレツと言うか)。
中国標準語では「ハオザイジエン」、台湾語では「オアジェ(チェ)ン」と言うそうな。


a0054163_23334012.jpg

焼いているところは、こんな。
じゅぅ じゅぅ じゅぅ......。
焼いてるとこ見ると、とっても美味しそうでしょ?


a0054163_23343294.jpg

焼いてくれてるのは、こういう兄ちゃん。
これ、溶き卵だけじゃなくて、結構な量の溶いた片栗粉をベースにしています。
だから、出来上がりの食感は、片栗粉特有のぶよぶよ。


a0054163_23361437.jpg

ばばばばば、と刻みネギや菜っ葉(ほんれん草だったかな)を投入。
兄ちゃん、やるな。

仕上げに、一番最初の写真にあるみたいな、オレンジ色の甘辛いタレ(酢豚のあんみたいな、あれ)をかけて供してくれます。
夜市の屋台メニューとしては、人気の一品らしいのですが。
申し訳ない、私はあまり...でした。
ひたすら、片栗粉のぶよぶよ感とタレの甘ったるさしか感じられなかったの。
牡蠣独特の旨味も味わえなかったの。
他のお店のものだったら、もっと美味しかったのかなぁ。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-30 23:42 |   -台湾・台北 Feb'12 | Comments(0)
物申す!
国際審判、ショボ過ぎ!!!

どんだけ、判定取り消しするの?!!

一柔道関係者として言いますが。
あんなことばかり、あってはならない。
五輪という場において。

そして予備知識として言いますが。
柔道の審判、昨今では"資格制"になっています。
つまり、柔道競技の経験者でなくとも、講習だけ受けて、知識だけ(それも限定された)修めれば、誰でも審判になれるようになっています。
そういうところにも、問題は含有されているのか、と。

更に、日本人と、海外の審判との間にも、歴然とした技量の差があります。
踏んでる場数や経験値がまるで違います。
私、国粋主義者でも日本万歳!でも、全然ありませんが。
こと、このことに関しては、色々、譲れないのです。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-29 21:41 | スポーツ
う は 鰻 の う
a0054163_11163555.jpg

金曜日は土用の丑でしたね。
皆さん、鰻、お召し上がりになったでしょうか。

私は普段はあまり、鰻を食べたい!とは思わないのですが、なぜか今年は朝からずっとむらむらと
「鰻、食べたい!!」
という衝動に駆られておりまして、でも、この日はどこのお店もいっぱいですし、今年はとりわけメソ(鰻の稚魚)が捕れなくて価格が高騰しているのも承知していたので、半ば諦めかけていました。

が。
帰りがけにいつも使っているスーパーに寄りましたらば。
その場でパタパタ焼き上げている蒲焼に遭遇。
しかも数種あって、その中に愛知県は三河一色産のうなぎもきちんと鎮座しておられました。
買いました。
えぇ、買いましたとも!
他の浜名湖産や鹿児島産の鰻ちゃんの二倍のお値段でしたが。
でも、そこらの専門店で中国産や台湾産の鰻を食べるのよりは、リーズナブル。
昨年までの勤務地や仕事の関係もあって、鰻には少し、こだわりがあるのです。

自宅で、少しだけ火を入れなおして、ひつまぶしに近いくらいに細かく包丁を入れて、ほかほかご飯に乗せていただきました。
三つ葉がなかったので、大葉で代用。
あと、好みで柚子こしょうを付けて。
ご飯の上に乗りきらないくらいの特大サイズの鰻ちゃんで、満腹でした。

滋養があり過ぎたのか、精が付き過ぎたのか、翌朝、鼻のてっぺんと顎に吹き出物が出来ました。
ごちそうさま。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-29 11:31 | 食べもの | Comments(0)
ごくごく一般的な屋台食
a0054163_043964.jpg
士林の余市で食べたワンタン麺。
んーと、雰囲気を楽しむ、という食であって、お味は今一つ。



a0054163_071569.jpg
こちらは茹で餃子。
黒醋につけていただきます。
中国本土でも台湾でも、餃子は"茹で"が普通。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-26 00:14 |   -台湾・台北 Feb'12 | Comments(0)
Relaxing
a0054163_092567.jpg
今回の旅は、プランをほとんど同行の友人に丸投げ状態。
私には、珍しいこと。
その友人が「これだけはぜひやりたい!」と最初から言っていたのがこれ。
「ねぇねぇ、ふえちゃん、ヘッドスパって言うか、スカルプマッサージってやってみたくない?」

というわけで、こちらは台北の美容室。
普通の、町の美容室。
近所のおばちゃんもジャージにビーサン姿でセットしてもらいに来たりしている。
英語、日本語、ほとんど通じません。
でも、シャンプーとヘッド・マッサージ(オイルを使っていたと思う)は、極上。
最高に気持ち良くて、頭をちゅるちゅる揉んでもらっている内に、夢の中におりました。
首や肩もしっかりほぐしてくれます。
1時間で約2,000円也。
翌日、翌々日まで、頭皮から髪の先まで、ずっとサラッサラでした。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-24 00:22 |   -台湾・台北 Feb'12 | Comments(0)
いっぱい
a0054163_0422087.jpg
ラップしてある上に、冷凍してあるので、見難い写りになっていますが、ベーグルです。
ごろごろ、いっぱい、ベーグルです。
全部は写っていませんが、全部で14個あります。
誕生日プレゼントに、と送ってくださった方がいまして。
どうもありがとうございます。


a0054163_0442983.jpg
早速、いただきます。
セブン・グレイン・ハニー・フィグ?
おいしそう。


a0054163_0454087.jpg
クリームチーズと一緒にいただくのが大好き。
より、美味しさが増します。
幸せです。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-23 00:47 | 日常雑感 | Comments(0)
郵便
a0054163_23573453.jpg

台湾の郵便ポストは朱色と緑色。
これ、正直なところ、失敗写真なのだけど。
ぼうっと暗闇の中に浮かび上がっている佇まいが好きだったので、up。
人の思いを運ぶものって、いじらしく、いとおしい。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-16 23:58 |   -台湾・台北 Feb'12 | Comments(4)
こういうものが食べたくて
台北へ行ったのは、もちろんこういうものが大きな目的で。

a0054163_04008.jpg



a0054163_0401553.jpg



a0054163_0404747.jpg



a0054163_041740.jpg



a0054163_0413793.jpg



a0054163_0415241.jpg



a0054163_042108.jpg

作ってくれているのは、こういうお兄さんたち。
どうもありがとう。
あなたたちのおかげで、私は満腹で、幸福。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-16 00:43 |   -台湾・台北 Feb'12 | Comments(0)
台北掃除人
a0054163_0103417.jpg
突如として始まる台北の旅の記録。
もう今年の2月末、4か月以上前のことですが。

こちらは、台北の街を清掃していた人たち。
台北市で雇っている清掃作業の人たちがいるのですね。
被っていた帽子が菅笠風だったのが、なんだか"台北"っぽくて。
カラフルなのも、また。
暗い時に車にはねられないためなのでしょうね。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-09 00:13 |   -台湾・台北 Feb'12 | Comments(0)
FUNK FIRE 2012
久しぶりに行けました、FUNK FIRE。
去年の冬?にもHITORI SUGAR行こうとしたのですが、争奪戦が激しくてチケットが全然取れず。
今回は、何とか。
振り返ってみたら、2009年以来、3年振りでした。


セットリストはこちら。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-02 00:08 | 音楽 | Comments(6)




AX