<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『パレード』―白眉の日本版初演
a0054163_127187.jpg
昨日、木曜日の夜にこちらを観て来ました。
名古屋での公演は初日にして、今公演(東京・大阪・名古屋)の大千秋楽。
"共謀罪"法案があんな酷い形で強行採決・可決されたその日に、南北戦争後の米国での大冤罪事件を扱ったこの作品を観たことは因縁めいている。
かなりヤバい政権を戴くかなりヤバい日本という国を生きている私達にとって、とても対岸の火とは言えない題材なのではないか、と。
いえ、それだけでなく、1998-99シーズンのBroadwayでものすごく気になる作品だったにも関わらず(大好きなLCTでの公演だった)、観に行くことが出来なかったので、そこから20年近くもの時を経て日本で初演されたということは、エポック・メイキングな出来事でもあるのです、私にとって。

1913年、米国はジョージア州、アトランタ。
南北戦争終結から約50年もの時を経ても、南部では変わらず黒人は差別され、裕福な白人の下で働き、南軍戦没者追悼記念日=メモリアル・デーには南部の誇りを謳う盛大なパレードが行われる。
そのアトランタへ北部から移住してきたユダヤ系のレオ・フランク。
彼はジョージア出身のルシール(同じくユダヤ系)を妻に、鉛筆工場の工場長として働いている。
北部出身のレオは、古くからの南部の風習・気質に馴染めずにいる。
「戦争で負けたのにどうしてパレードでお祝いするんだ?」という台詞にもそれが滲み出ている。
そんなパレードの当日、事件が起こる。
レオの工場で働く13歳の少女・メアリーが強姦され殺されたのだ。
容疑者の一人として、レオも取り調べを受け、身柄を拘束される。
すぐに釈放されると思われたレオが、事件の早期解決を図る州検事、同じく政治的意図で動く州知事、事件を面白おかしく煽り立てる新聞記者、そして北部ユダヤ人に対して憎悪を募らせる南部民衆によって"犯人"へと仕立て上げられていく。
裁判ではレオに不利な証言ばかりが挙げられ、ついにレオには「有罪!」と高らかに判決が言い渡される。
パレードから1年、留置所に囚われたままのレオを、妻のルシールは懸命に支える。
家で夫の帰りを待つだけだったルシールは、レオの無実を証明するため、裁判のやり直しを求めて知事に働きかけ、レオに不利な証言を覆すべく、家の外へ出て活発に動き回っている。
事件の前にはぎくしゃくして噛み合っていなかったレオとルシールの夫婦関係は、皮肉なことにこの事件をきっかけに急速に近づき強まっていた。
ようやく心が通い合うようになった二人、レオの無罪が立証され釈放される日も近い…と思われた時、悲劇が起こる。
南部老兵やメアリーの友人らによって、レオが留置所から連れ出され、私刑に処せられてしまうのだ。
その日からまた時は流れ、パレードの日はめぐってくる。
その人々の中には、レオのために黒服をまとったルシールの姿もあった。

→Read more!(長文です。ネタバレ注意)
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-22 01:26 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(13)
Baby Corn
a0054163_17125682.jpg
はい、こりゃなんじゃ?って感じですが、ベィビーコーンです。
トウモロコシの赤ちゃんで、1つのトウモロコシを大きく育てるために、脇から出ているものを摘果したものですね。
以前はこれ、水煮缶で売られていることが多かったのですが、最近は皮つきの新鮮な状態で売られているのですね。
先日、観劇しに中日劇場へ行った時に、「地下で良いもの売ってるんだよ!」と同行の友人が教えてくれて、私も買ってきてみました。
皮つきでグリルするのも美味しかったのですが、私はやはりバター醤油(オリーブオイル&醤油でも美味)が好き。
で、皆さん!ベィビーコーンのひげも食べられるって知っていました?
私は今回初めて知ったのですが、このひげ、柔らかくて甘くて、火を入れるとトロッとして独特の食感で美味しいんです。
この写真ではお皿の上で右の方に写っているうねうねしたものがひげです。

a0054163_17131547.jpg
こちらが調理前、新鮮でわさわさっとした状態のベィビーコーン。
ぱっと見はトウモロコシに見えないでしょ?
あ、ちょっとおひげがはみ出しているのが見えますね。
これを葉っぱの部分をむいていくと、コーンとひげが現れます。
内側の柔らかい皮も火を入れると一緒に食べられるんですよ~。
このわさっとどっさり入っている束が、値引きしていて100円でした。
地産地消、万歳。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-15 00:27 | 食べもの | Comments(0)
本がまとうもの
a0054163_071526.jpg
とても綺麗なものをいただいたのです。
手作りの、マリメッコのウニッコ柄の布で作られた、ブックカバー。
これを作られている方のところで「余り布で新書版のブックカバーを作った」と写真がupされていたのを見て、「私もほしい~!」と臆面もなく叫んだら、快く「いいよー」と作って下さったのです。
あなうれし。
思わず古語で叫んでしまうほど、嬉しい。

a0054163_014483.jpg
広げるとね、こんな風に内側にも黒地のウニッコ柄が。
カバーの裏側もきちんとリバーシブルで布があてられているのです。
なんて細かくて丁寧な手仕事なのでしょう。
素敵、素敵。

a0054163_0175034.jpg
手元に来た時に、一緒に添えられていたのはマリメッコのパーリナ(洋梨)のメッセージ・カード。
このパーリナの柄が私は大好きで、廃盤になってしまったこれのラテ・マグをずっと探し続けていて、でもそれは誰にも話したことがなかったのに、どうして私がこの柄を好きだということがわかってしまったのでしょう?
ブックカバーを作ってくれた方はもしかして人の心が読める魔女…?とまで、思ってしまいました(笑)
こんな素敵な贈り物、なかなか並みの人間に作れるものではありません。
やはり素敵な魔女の手仕事なのでしょう。
大切に、大切に使います。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-12 00:29 | 美術 | Comments(2)
『Beauty and the BEAST』―実写映画版
a0054163_0351846.jpg
今頃になってようやくですが、こちらを木曜日の夜に観て来たのです。
4月下旬早々にご覧になった方達の評判がとっても良かったので、さぞかし…と思って観に行ったのですが。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-12 00:17 | 映画 | Comments(0)
Cクラスごはん
今更ですが、せっかく往復ともにCクラスだったので、ビジネスクラスのミールを載っけておきます。
a0054163_22185985.jpg
まずは往きにいただいた和食のごはん。
こんな幕の内弁当みたいなお膳で出てきて、開くと…

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-07 22:41 |   -ヴィエトナム・サイゴン | Comments(0)
『グレート・ギャツビー』―中日劇場初日
a0054163_0205938.jpg
えーとですね、土曜日の夜、こちらを観て来たのですよ。
先月も東京は日生劇場で開幕週に観ましたが。
今回は、名古屋は中日劇場で初日です。
友人にチケットをお願いしていたせいで、そもそも自分がいつのチケットを持っているのか把握しておらず、初日が取ってあることがわかったのは前日夜でした(^^;)
予定、空いていて良かったわ。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-06 00:44 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
くったり
a0054163_21375477.jpg
いろいろ滞っておりまして、すみません。
こちらは今回毎日通っていたサイゴンのフォ~屋さんにいた仔犬。
多分、黒ラブ混じりの雑種。
誰にでも愛想を振り撒いて寄っていく人懐こいやつでした。
前足と後足をくて―――っと投げ出して寝そべっちゃうのが、いかにも南国の犬。
で、今回到着早々に食中毒になってホテルのベッドで伏せっていた私もこんな感じでした。
日本へ帰国した後も、食中毒の症状は治まっていたけれど、食欲や体力がなかなか回復せず。
加えて、ホルモンバランスの崩れから来るものか、めまいや軽いむかつきもあったりして。
なかなか、ブログの更新も出来ないまま…ようやくちょっと上向きになって来ました。
やっぱり、健康は大切ですね…しみじみ。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-04 21:43 |   -ヴィエトナム・サイゴン | Comments(2)




AX