CXL
a0054163_2150695.jpg
新年年明けに、NYへ飛ぶ予定でした。
METの1月の目玉作品である、グリゴーロ(Vittorio Grigolo)主演の『Romeo et Juliette』を観る(聴く)ために。
相手役はディアナ・ダムラウ(Diana Damrau)。
大好きなバートレット・シェール(Bartlett Sher)が新演出を施すということで話題になっていて。
予定では1月4日と6日、2回も観られるな、と楽しみにしていました。
9月頃からもうエアチケットとホテルは押さえてあったのです。
(しかも12月に入ってから、座席指定をいじろうとしたら、もういじれない設定になっていた。ということは、帰り便はビジネスアップグレードの可能性がかなり高かった…)

が。
12月になってから少し引っ掛かっている案件があって、新年職場を不在にするのはどうも不味そうな状況だな、というのと、11月の米大統領選の結果を受けて俄かに米国が色褪せてしまったのと、ここのところの為替相場の異常性も鑑みて。
今回は飛ぶのを取りやめました。
そう決めて、ささっとキャンセル処理をして、上司に年明け出勤を報告したら、何だかやけにすっきりしてしまいました。
たぶん、気持ちも体のバイオリズムも、今、NYへ飛べる状態ではなかったのだと思います。
もともと寒さに弱い体質で、冬季はちょっと無気力で鬱っぽくなるし(そんな深刻なものではないけれど)。
というわけで、この年末年始はおとなしく日本で過ごします。
休日になると山か海の外かに飛び回っていて、家の中も全然片付かないままだったので、この機会に大規模に手をつけようかと。

さようなら、NY。
さようなら、グリゴーロ。
(Liveビューイングで観るけど、生声とは全然違うのよね…)
"Falsettos""CANDIDE"も観る気満々で、NYと言ってもほぼLincoln Center作品にだけ、どっぷり浸かって過ごすつもりでいたけれど、それもさようなら。

上司には「ま、NYは逃げないからね。どうせまたすぐ行くんでしょ?」と、慰められているのか何なのかわからない言葉をかけられ。
えぇ、でもよくおわかりで。
3月には飛ぶつもりです。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-31 22:08 |   -NY'17 | Comments(0)
『Fantastic Beasts and Where to Find Them』
a0054163_0231141.jpg
色々なことが年末進行で、忙しいにも関わらず(ヒョシンさんの『PHANTOM』のことも書けていないし)、こちらを観て来ました。
ファンタスティックビースト。
この作品の制作が発表された時に、「どうしてエディ・レッドメインが今更ハリー・ポッター映画?」と訝しんだものでした。
だって、エディですよ?!
『My week with Marilyn』『Les Miserables』も経験してきて、ホーキング博士を演じた『The Theory of Everything(博士と彼女のセオリー)』でアカデミー賞の主演男優賞まで獲って、続く『The Danish Girl(リリーのすべて)』でもその演技で話題をさらって。
それがなぜ今更、ハリポタ映画なんて…と。
それくらい、英国俳優にとってはハリポタ映画って大きなブランドなのかしら。
で、ともあれ、エディが主演でなければ観なかったかもしれないハリポタのスピン・オフ映画は…

→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-27 23:57 | 映画 | Comments(0)
surrounding him
a0054163_04630100.jpg
お隣国へ行っていたのは、このお方のため。
こうして見ると、王子感が半端ないですね(^^;)
ミュージカル『PHANTOM』(コピット版)の再演です。
去年初夏~夏の初演に引き続き、間を置かずに今年冬の再演ですね。
確か去年、楽を迎える頃にはもう、今年の再演が決まっていましたものねー。
いやはや、まだ余韻が抜けずにぼ―――っとしているのですが。

さて、去年は黒髪だったヒョシンさん、今年はプラチナブロンド(と言うか、かなり白っぽい金髪…韓国の歌手/俳優さんて、この色好きですね…)に染めての登場です。
私は黒髪のエリックの方が、セクシーで好きだったなぁ。
東洋男性の色気が出ている感じで。
プラチナブロンドもね、素敵なのは素敵ですけどね。

歌はもう、去年の夏だって十分爆発的に上手かったのだけれど、今年はもう何て言うのか、常人の域を軽々と突破してしまって、別次元の超絶歌唱力でした。
しかも日々進化していくという…ヒョシンさん、どんな高みまで上り詰めていってしまうんでしょう?
怖いくらいです。

で、詳しくはまた書くのですが(えぇ、だって、土曜日も日曜日も連日観ましてよ)、正直に言ってしまうと、私、この作品は全然好きではないのです。
全く惹かれないのです。
楽曲もストーリーも。
その証拠に、去年の夏に観た時にヒョシンさんの歌唱力には揺さぶられたものの、作品そのものには全く心動かされず、その時に観た『JCS』にばかり心狂わされて、『JCS』のためにソウルに3回も通い詰め、『PHANTOM』に至っては写真も上げず、レビュも書かなかったというスルーっ振り。
それでも、ヒョシンさんの歌と演技だけは、やはり再演となれば、観て聴かずにはいられなかったのです。
作品が好きではないのに、俳優さんのためにだけ飛んでいくというこの悲しさ&いじらしさ(自分で言うな・笑)
でもね、再演だけあって、様々な面でブラッシュアップされていました。
とりわけ音楽面では、今回から塩田明弘さんが編曲で参加して、確実に楽曲の質が上がっていました。
去年の冗長な感じ(失礼、でもこれが私の率直な印象)からは、もう少し立体的に仕上がっていて。

というわけで、また後日。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-24 00:45 | 観劇レビュ 韓国 | Comments(0)
夕暮れの空
a0054163_726681.jpg
少しこちらをお留守にしていましたが、先週金曜日、成田にてこんな空を見ておりました。
ちょうど暮れていくところで、ピンクと青紫に染まる空と雲がきれい。
ぼ―――っとこの景色を眺めながら、私、金曜日の夕方にこんな場所で何やっているんだろうなーと思ったり、でもなんだかそれが無性に幸せな気がしたり。
というわけで、ちょっとお隣国に飛んでいました。
ひと月に2回海の外に出ると、やはりスケジュール的にも体力的にも少し無理がありますね。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-22 07:07 |   -韓国・ソウル '16 | Comments(0)
『聖の青春』
a0054163_23394333.jpg
私にしては珍しいものを、と思われるでしょうか。
こちらの映画を観てまいりました。

あの、別にカミングアウトというわけではないのですが、実は私、10代の一時期、プロ将棋の世界に熱中していた頃がありまして。
まだ羽生さんが名人位を獲る前で、もちろん、七冠になって世間に持て囃される様になるのよりも前で。
(むしろ、羽生さんが七冠になった頃は、私の将棋熱は醒めてきた頃だった)
何がきっかけだったかは今となってはもう覚えていないのだけれど、その頃、プロ棋士の郷田真隆さんが大好きだったのです。
郷田さんの紋付袴姿、凛々しくてものすごく格好良かったのです。
今、自分で思っても変な10代女子だけど。
月刊誌の『将棋世界』を毎月購読するのはもちろんのこと、公開されている将棋トーナメントの対局も見に行ったりしていました。
(相当変な10代女子だ。周りはおじいさんばっかりだった記憶が…)
小学校低学年の頃に覚えて将棋は指せたし、詰将棋もやっていたので。

というわけで、この映画、村山聖さんのことを知らない人達にも話題になっている様なのですが、私にとってはリアルタイムで姿を知っている"あの村山さん"を松山ケンイチさんが演じるということで、かなり気になっていました。
私が熱中していたあの時期に、村山さんはまさに飛ぶ鳥落とす勢いだったのですよね。
東京へ移ってからは郷田さんとも仲が良くて、一緒に遊んでいる様子だったし(そんなことまで知っているミーハー)。
懐かしいなぁ。
相次ぐ引っ越しであの当時の『将棋世界』はもう廃品回収に出してしまったけれど、今手元に残っていたら、村山さんの在りし日の姿や、まだ20代になりたての頃の羽生さんや郷田さんの姿も見られるのになぁ。
来週で公開が終わってしまうという今頃になってようやく観られました。

→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-13 23:39 | 映画 | Comments(0)
福よ、来い
a0054163_025137.jpg
先週中ずっと、沖縄で遊んで来たツケを払い続け、この週末は何とか仕事からは免れたのですが。
疲れも溜まっていたのか、何だか体がだるく、ぐったりして過ごしました。
沖縄で撮った写真も整理出来ていないのですが、ひとまずそんな中でも沖縄らしい写真を。
竹富島で撮った、石垣の上にいたシーサー。
ちょうどいい雰囲気でブーゲンビリアも咲いています。
表情豊かなユニークなシーサー、一体何を拝んでいるのでしょう。
お店をぐるりと囲んだ石垣の上にいたから
「お客さん、お願いだから寄って行って~」
って感じでしょうか。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-12 00:35 |   -沖縄Dec'16 | Comments(0)
くらげになりたい…
a0054163_1592570.jpg
沖縄からは帰って来ておりまして。
週末+1日休暇で飛んでたっぷり遊んだ分の埋め合わせを、今、必死でしております。
はい、遊んで来た分、仕事がたまっているということで…。

帰って来る日、朝から車を飛ばして、美ら海水族館と今帰仁城址と古宇利島をぐるっと周回してまいりました。
初めての沖縄で、初めてレンタカーして、びゅんびゅん飛ばして200km以上運転して。
で、夕方に那覇へ戻って来たらすぐに空港へ向かって、帰りのフライト。
機材到着遅れやら軍用機の離陸待ちやらで、こってりディレイしてくれて、自宅へ帰り着いたのは夜10時半頃でした。
もちろん翌日からしっかり働いております。
は―――――。
いやいや、充実はしていました。
また、ぼちぼち旅記録を。
台北のも書けていないけれど。
美ら海水族館は沖縄であるとかないとかに関わらず、もうずーっと行きたいと思い続けてきた水族館だったのですが。
そして確かに素晴らしかったのですが。
でも、あのギネスに載っているという巨大水槽でも、ジンベイザメのあの子たちには、狭過ぎますね。
海の広さとは全然違うもの。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-08 02:07 |   -沖縄Dec'16 | Comments(0)
エメラルドの海
a0054163_22513803.jpg
今日、空港を飛び立った時に上空から見た石垣島。
こんなにも綺麗な珊瑚礁に囲まれた島だったんだ…。
日本本島から石垣に移住する人が多い理由がわかった気がした。
朝、駆け足で川平湾へ行き、グラスボートのクルーズにも参加して、その後石垣空港へ移動して那覇まで飛び、その足で首里城へ向かうとい忙しい一日だったけれど、好い一日だった。
こちらへ来てから毎日半袖Tシャツで過ごしているけれど、それにしても今日の那覇は28℃。
暑かった!
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-04 22:50 |   -沖縄Dec'16 | Comments(2)
南の島へ
a0054163_21340466.jpg
ちょろっと週末だけで南の島へ飛んで来ています。
早速、石垣牛の握りと海ぶどうとパパイヤのチャンプルーなんか食べております。
幸せだなぁ。
実は初めての沖縄。
まったり過ごして帰ります~。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-12-02 21:26 |   -沖縄Dec'16 | Comments(2)
鈴鹿山系・御池岳―なめこ makes me crazy
a0054163_23592815.jpg
土曜日は11月最後の晴れの週末予報だったので、ここを逃してなるか!とばかりに山へ。
鈴鹿山系の最高峰、御池岳1,247m。
この山、5年前にもガイドさんに連れられてグループで登ったことのある山なのですが。
自分で地図を見て、きちんと下調べをしてソロで登ると、印象は全然違いました。
やはり、"すべて自分の力でやる"ということは大切。

a0054163_023356.jpg
この山、周回コースを取ると、こんなスギゴケの豊かな日本庭園も見られる素敵な山なのですが、今回の私の目的は他にもあって…

→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-11-27 23:57 |   -山 | Comments(0)
自分も含め備忘録!忘れないように!
まず!12月10日(土) 22:00~23:00 NHK Eテレ SWITCHインタビュー
『達人達』

番組webこちら

ヨシオがフィギュアスケーター高橋大輔さんと対談です。
え―――とね、この番組割と好きでちょこちょこ見るのですが、他の対談ではどちらかと言うと異業種同士の対談っていうのが多いのですね。
例えば、俳優×学者とか、ミュージシャン×医師とか、ね。
そこからすると、ミュージカル俳優とアスリートとは言え、芸術性を問われる"演技"をするフィギュアスケーターっていうのは、やや面白みに欠ける組み合わせではないかと…。
と言うのと、対談する相手が彼っていうのも…もごもご(以下自粛)
ひとまず、お楽しみということに。

もうひとつ!
12月11日(日) 17:00~19:00 BS-TBS 岩谷時子メモリアルコンサート
きゃ―――――!!!(嬉々)
え?何って、もちろん、マリオご出演ですよ!
観に行った友人によると、マリオは『Miss Saigon』"Why God, Why?"を歌ったそうなんですよ!!!
もう、それは必ず聴きたい!!!
好きじゃない作品だけれど、いつかマリオのクリスは観たいと思っていたところなので、尚更。
マリオ、先日のNHK-FMの『ミュージカル三昧』ではカジモドの『僕の願い』歌ってましたしね~。
(ディズニー版の方の『ノートルダムの鐘』。こちらも好きな作品ではないけど)
やっぱり大作の歌い上げ系、得意ですね。
このコンサートは、他に中川晃教くんも、新妻聖子ちゃんも出演していて、豪華だったんですよね。
というわけで、非常~に楽しみ。
忘れない内に録画予約しておこう。
[PR]
# by bongsenxanh | 2016-11-27 12:57 | 観劇周辺 | Comments(0)




AX