タグ:柔道 ( 30 ) タグの人気記事
全日本柔道選手権 2013
康生が現役を退いてしまってからというもの、今一つ熱くなれずに、外巻きに柔道を見ていたのだけれど。
それでも、めぐりめぐって、毎年この日はやってきて。
日本武道館での全日本柔道。
今年の放送解説はその康生で(2003年の康生が三連覇した時の映像が流れたのが嬉しかった)。

穴井、有終の美を飾れて良かったですね。
いい花道だったと思う。
何より彼自身が今日この日の一試合一試合を、心から楽しんでいる様子だったのが良かった。
準決勝の開始14秒後の体落としでの一本勝ち、満面の笑みとすんごいドヤ顔してたなぁ。
本当に、子どもみたいな笑顔だった。

個人的には、未だ棟田が現役で頑張っていてくれることが嬉しく。
しかも準々決勝まできちんと残っていた。
優勝候補と言われる対戦相手にしっかり勝って。
32歳にしてこれは凄いことだと思う。
出来れば準決勝、もっといけたら決勝の畳で彼の姿を見たかった。

そして4強まで勝ち残った垣田、凄かった!
81kg級でよくここまで残ったと思う。
準決勝での原沢との試合も、スタミナがまだ残っていれば、あるいはあの最後の内股も凌げたかもしれない。
自分より上背もあり、体重もある原沢を相手によくあそこまで戦ったなぁ。
もちろん、原沢もよく戦っていたと思う。

日本武道館の客席が、例年と比べてかなり空席が目立ち、上の方の階はガラガラのところもあったのは、ここのところの柔道界で連続している不祥事と無関係ではないのだろう、と感じた。
実際、続き過ぎているし、柔道界の体質に起因している部分もあるだろう。
それはしっかり正していかなければならない。
けれど。
柔道というスポーツ、もっと言えば武道そのものの持つ可能性を、私は信じたい。
[PR]
by bongsenxanh | 2013-04-30 00:46 | スポーツ
物申す!
国際審判、ショボ過ぎ!!!

どんだけ、判定取り消しするの?!!

一柔道関係者として言いますが。
あんなことばかり、あってはならない。
五輪という場において。

そして予備知識として言いますが。
柔道の審判、昨今では"資格制"になっています。
つまり、柔道競技の経験者でなくとも、講習だけ受けて、知識だけ(それも限定された)修めれば、誰でも審判になれるようになっています。
そういうところにも、問題は含有されているのか、と。

更に、日本人と、海外の審判との間にも、歴然とした技量の差があります。
踏んでる場数や経験値がまるで違います。
私、国粋主義者でも日本万歳!でも、全然ありませんが。
こと、このことに関しては、色々、譲れないのです。
[PR]
by bongsenxanh | 2012-07-29 21:41 | スポーツ
柔道世界選手権 2009
内柴.........!!



視聴率低いのかもしれませんが(あと時差の関係と)、深夜に放送されるとつらい...。
[PR]
by bongsenxanh | 2009-08-27 01:37 | スポーツ
最後の挨拶...かな
エキサイトブログでYouTubeの埋め込みが出来るようになったことでもあるし...。
康生がとあるミュージシャン(とあるミュージシャンって湘南乃風ですが)のPVに出ているということを知って、YouTubeにその映像が出ていたので。
音楽PVとは思えないほど、フルで康生の引退決意&これまでの軌跡を振り返る映像になっています。康生が語っていますし。
観ていたら、目頭が熱くなってきて、思わずくっと歯を食いしばりました。
ごめんなさい、私はこのミュージシャンの音楽には何も興味を抱けないのですが(単純に好みの問題です)、それでもこういったPVを作ってくれたことには感謝します。
あぁ、やっぱり私は康生が大好きだったんだ。
これまで本当にお疲れさま。
そしてあなたのこれからの道が貴く幸い多いものでありますように。


[PR]
by bongsenxanh | 2008-08-31 01:59 | スポーツ | Comments(0)
「石井は喋らない方がいいですね」
篠原さん、真に至言でございます。


言いたいこと、いろいろあり過ぎるのだけれど、もうすべてノーコメントで。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-08-16 01:10 | スポーツ
「何も残っていない」
桂治......残念だったけれど。
かける言葉もないけれど。

でも、一緒に泣いたよ。
最後まであなたの姿を見届けたよ。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-08-15 00:02 | スポーツ
きれいだった
あをーーーん!!!

ここのことろ毎日、叫ぶか泣くかしているような気がするけれど。
今日は叫びながら泣いてしまった。

谷本歩実ちゃん、おめでとう!!!

決勝、目が眩むほどに鮮やかな内股で、瞬間、思わず笑いながら泣けてきてしまった。
あの瞬間の後の彼女の笑顔、ものすごくきれいだった。
あんなにきれいないい笑顔、どんな超絶美人のモデルでも女優でも、決して出来ない。

私、他の競技では日本を応援することってあまりないのだけれど(ま、いろいろと、ね)
柔道だけは、やはり日本なのです。
"一本を取りに行く柔道"って、やっぱりいいなぁ。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-08-13 02:22 | スポーツ | Comments(0)
父!
ぎゃーーーーーっ!!!内柴、格好いいーーーーーーーーーーっ!!!!!
おめでとう、おめでとう!!!

内柴の何が好きってね、あの"目"なんです。
押さえ込みに入って寝技のカウントが始まった時のあの鋭く射るような目がたまらないのです。

本当に良かった。
おめでとう。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-08-11 00:50 | スポーツ | Comments(0)
全日本、こもごも
時間が経って、少し落ち着いて振り返って。

どうしても考えてしまう。
康生の花道は、あれで良かったのだろうか?と。

もちろんそれは、私ではなく康生本人が出す答えだ。
康生自身も、これから沢山の時間をかけて答えを出していくのかもしれない。
けれど、私は。
今までずっと見つめ続けてきた1ファンとして思う。
試合に負けて、笑って「しょうがない」と言うのでは、いけなかったのではないだろうか、と。
柔道家は、勝負師は、スポーツ選手は、試合に負けた後は歯軋りをしながら
「悔しい」と言うくらいに闘志と執念を持っていなければいけないのではないか、と。

ただ一方で、康生が何かが吹っ切れたかのように笑って終れたのは良かった、とも思う。
彼が、彼なりに納得して畳の上での人生を全う出来たのであれば
それはやはり、ずっと見つめ続けてきたファンとして嬉しく感じる。
良かった、今までお疲れさま、沢山の胸を熱くする試合をありがとう、と思える。

********************************************************

棟田と石井の準決勝を見て、そして桂治と石井の決勝を見て
私は石井の柔道が良かったとは髪の毛一筋ほども思えなかった。
内容の充実ぶりということでなら、明らかに棟田や桂治の方が上を行っていた。
柔道の内容から見て、石井が100kg超級の五輪代表たり得るとはどうしても思えなかった。
「試合結果として勝った」という、ただそれだけ。
斎藤監督始め、五輪選考委員が何をどう考えて選んだのか、正直なところ理解に苦しむ。

そしてまた、試合内容だけではなく、準決勝後の棟田と石井の姿勢の違いも際立った。
棟田は、日本一美しい"礼"をする柔道家だ。
苦杯を舐めてもなお、三方に対して、すぅっと頭を垂れる非常に美しい礼をして畳を後にした。
それに対して石井は、勝者ではあったが、礼らしい礼もせず、
頭を下げたか下げないかのどうでもいい姿勢で早々に畳から降りていった。
試合内容だけではない、柔道に臨む構えからして美しくないのだ。

精神論だけでは勝てない、それは理解しているつもりだ。
が、勢いがあるだけで、試合を勝つためには卑怯な"逃げ"を打つことも厭わない若輩者に
どれほどのことが出来るのか。
私は、この目で、しかと確かめたいと思う。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-04-30 01:37 | スポーツ
拍手を送るべきWinnerは存在しない
柔道全日本、醜い優勝者だった。

石井の柔道の醜さは、石井の人間としての醜さの表れだと思う。
石井はこのままでは真の"柔道家"にはなれないのではないか。
語気がきつくて申し訳ないが。

もしも石井を100kg超級の代表として北京五輪に送るようなことがあれば、
それは柔道・日本の恥になるのではなかろうか。
[PR]
by bongsenxanh | 2008-04-29 17:32 | スポーツ




AX