タグ:Sunday in the Park with George ( 36 ) タグの人気記事
『パレード』―白眉の日本版初演
a0054163_127187.jpg
昨日、木曜日の夜にこちらを観て来ました。
名古屋での公演は初日にして、今公演(東京・大阪・名古屋)の大千秋楽。
"共謀罪"法案があんな酷い形で強行採決・可決されたその日に、南北戦争後の米国での大冤罪事件を扱ったこの作品を観たことは因縁めいている。
かなりヤバい政権を戴くかなりヤバい日本という国を生きている私達にとって、とても対岸の火とは言えない題材なのではないか、と。
いえ、それだけでなく、1998-99シーズンのBroadwayでものすごく気になる作品だったにも関わらず(大好きなLCTでの公演だった)、観に行くことが出来なかったので、そこから20年近くもの時を経て日本で初演されたということは、エポック・メイキングな出来事でもあるのです、私にとって。

1913年、米国はジョージア州、アトランタ。
南北戦争終結から約50年もの時を経ても、南部では変わらず黒人は差別され、裕福な白人の下で働き、南軍戦没者追悼記念日=メモリアル・デーには南部の誇りを謳う盛大なパレードが行われる。
そのアトランタへ北部から移住してきたユダヤ系のレオ・フランク。
彼はジョージア出身のルシール(同じくユダヤ系)を妻に、鉛筆工場の工場長として働いている。
北部出身のレオは、古くからの南部の風習・気質に馴染めずにいる。
「戦争で負けたのにどうしてパレードでお祝いするんだ?」という台詞にもそれが滲み出ている。
そんなパレードの当日、事件が起こる。
レオの工場で働く13歳の少女・メアリーが強姦され殺されたのだ。
容疑者の一人として、レオも取り調べを受け、身柄を拘束される。
すぐに釈放されると思われたレオが、事件の早期解決を図る州検事、同じく政治的意図で動く州知事、事件を面白おかしく煽り立てる新聞記者、そして北部ユダヤ人に対して憎悪を募らせる南部民衆によって"犯人"へと仕立て上げられていく。
裁判ではレオに不利な証言ばかりが挙げられ、ついにレオには「有罪!」と高らかに判決が言い渡される。
パレードから1年、留置所に囚われたままのレオを、妻のルシールは懸命に支える。
家で夫の帰りを待つだけだったルシールは、レオの無実を証明するため、裁判のやり直しを求めて知事に働きかけ、レオに不利な証言を覆すべく、家の外へ出て活発に動き回っている。
事件の前にはぎくしゃくして噛み合っていなかったレオとルシールの夫婦関係は、皮肉なことにこの事件をきっかけに急速に近づき強まっていた。
ようやく心が通い合うようになった二人、レオの無罪が立証され釈放される日も近い…と思われた時、悲劇が起こる。
南部老兵やメアリーの友人らによって、レオが留置所から連れ出され、私刑に処せられてしまうのだ。
その日からまた時は流れ、パレードの日はめぐってくる。
その人々の中には、レオのために黒服をまとったルシールの姿もあった。

→Read more!(長文です。ネタバレ注意)
[PR]
by bongsenxanh | 2017-06-22 01:26 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(4)
どしっ!
a0054163_23125453.jpg
久し振りに突然出て来ます、NYいぬめぐりシリーズ。
今回、NYを出発する最後の朝に出会ったわんこ。
バーニーズ・マウンテン・ドッグ(私の大好きな犬種)!
連れていたおじいちゃんに「写真撮らせてもらっていい?」って聞いたら「もちろん!」と。
名前を聞いたら「ファンジー!」
む。それは綴りがわかりませぬ。
調べてみたら、インドの地名でPhangeというのがあったけれど、違う気がする。
なんだろう?おじいちゃんの造語なのかな?
何とかカメラの方を向かせようとしてくれたのだけど、ファンジー、おじいちゃんの方ばっかりじっと見つめていて、全然こっちを向いてくれませんでした(笑)
私が撫でている時は、私の方を向いてくれるんだけどなぁ。

a0054163_23184643.jpg
もう1枚。やっぱり横向き。
ファンジーの背後に、3月半ばの大雪の時の雪が溶け残っていますね。
今回泊まっていたユニオン・スクエア近くのイースト・ヴィレッジは、アッパー・ウエスト&イーストとは違って庶民的で(と言っても家賃は高いけれど)、朝も昼間も深夜も犬を散歩させている人たちが常にいて。
日付が変わるくらいの時間帯でも普通にお散歩させている人たちが結構いるのです。
で、アパートメントの窓からヴィレッジの住人達の生活する様子が垣間見えたりしてね。
"人が生活している空気"が漂っていて、なかなか居心地が良かったです。
バーニーちゃんをなでなでして喜んでいたら、おじいちゃんは"He's a small bear. Everybody loves Phange!!"って笑いながら話してくれました。
ファンジーね、愛されている割にはブラッシングされてなくて、かなり毛が束になってべたべたしていたけれど(笑)
それも熊っぽいわね。
おじいちゃんの言葉で、前夜に観ていた『Sunday in the Park with George』の中で歌われる"Everybody Loves Louis"というナンバーを思い出したりしました。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-04-07 23:35 |   -NY'17 | Comments(2)
観たものもの
a0054163_2357799.jpg
色々報告が滞っておりますが(帰国日翌日からすぐ出勤しております)。

5泊で8本観ました!!!

今まで6泊で8本はあったけれど、5泊で8本は初めて。
到着した初日を除けば、1日に1本しか観なかった日は金曜日1日しかないという。
水、木、土と、マチネとイヴニングの1日2本、ダブルヘッダーしておりました。
頑張りました(笑)

機内で観た映画
『ALLIED(邦題:マリアンヌ)』、『The Accountant(邦題:ザ・コンサルタント)』、『Inferno(インフェルノ)』、『湯を沸かすほどの熱い愛』、『この世界の片隅に』
『この世界の片隅に』以外は、映画館で観たいと思っていながら見逃していた作品ばかりなので、機内プログラムのラインナップに入っていてラッキーでした。
『Inferno』はトンデモ映画だったけど(わはは)、それ以外はどれも当たり。
『ALLIED』『The Accountant』『湯を沸かすほどの熱い愛』も、やはり映画館で観たかったなー。
特に『ALLIED』はスケール感の必要な作品なので、大スクリーンで観ないと…何しろ最初の舞台はモロッコ、カサブランカの世界ですから。
ブラピとマリオン・コティヤールでああいう濃ゆい大河ロマンスって、ほんと濃いなぁ。
あと、『湯を沸かすほどの熱い愛』、予想していたのを上回って良かった。
ああいう母親役を宮沢りえが抒情豊かに演じるっていうのが、また新鮮で。

観た舞台
『Sunday in the Park with George』×2、『GROUNDHOG DAY』、『in transit』、『Miss Saigon』、『The Phantom of the Opera』、『Sunset Boulevard』、『Beautiful』
どれもどれもどれも、本当に外れなしでした。
(『Beautiful』だけ若干おまけ感はあるものの。約2年前の取りこぼしを今頃拾えました)
いや、『Sunday~』はコンサート版の域を出ていないとか、舞台装置や衣装が手抜きとか、Jakeがやり過ぎとか、言い出せば色々あるけれど、それを凌いで余りある作品の凄さがあるので。
何度も言うけれど、ソンドハイムは天才なので。
今回、Dotを演じたAnnaleighもとっても良かったの。
あとですね、「怖いもの見たさで観るのもいいかも」と言われていたグレン・クローズ主演の『Sunset BLVD』
確かにグレン・クローズはもうしっかりおばあちゃんになっていて(なんと70歳!私が観た日の4日前がお誕生日だったそうだ)、歌なんてとてもじゃないけれどお客さんからお金をもらって聴かせるような歌ではなかったけれど、あそこまで年を取った女性の醜い部分、見せたくない部分を舞台で存分にさらけ出せる演技や存在感は天晴れ過ぎた。
まさしくあれは女優魂、大女優の貫禄の演技でした。
怖いもの見たさで観て良かったです。
『Sunday~』と同じく、舞台上に大編成オケを乗せた演出で、こちらもコンサート版?といった印象は拭えなかったけれど。
もっと舞台装置にお金をかけてゴージャス感を出して良かった気がする。
初演の時はせり上がりの二層式のすごい舞台装置だったのですよね?(その時代は流石に観ていない)
『GROUNDHOG DAY』『in transit』はとても可愛い作品でした。
ということで、またぼちぼち書きます。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-04-03 00:32 |   -NY'17 | Comments(2)
Sunday in the Park with George!!
時差ぼけでふらふらになりつつ、気力だけで既に1泊2日の間に3本観ました。
明日には5本になる予定です。
ほぼ修行です。
幸せ過ぎますが。

そんな中でこれだけは言わせてください。
ソンドハイムは天才!!!!
もう、今更ですが。
でも改めて。
今日のマチネで、1幕の終盤からぼろぼろ泣き、インターミッションで一旦は止んだかと思ったら、また2幕終盤から号泣し。
舞台でこんなに涙が零れたのはいつ以来だろう?
もしかして、前回のSunday~再演以来なのではなかろうか。
今回の舞台がコンサート版の域を出ていなくても、衣装も装置も残念な簡易版でも、GeorgeがJakeじゃなくても良さそうでも、アンサンブルが今一でも、演出がやや残念でも、この作品の持つ力の凄さは変わらない。
そんなことではびくともしない。
何よりAnnaleighのDotが素晴らしい。
彼女に泣かされた。
詳しくはまた帰った後で。
あぁ、まだあともう一度観られるのです。
帰国前夜の最後の夜に。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-03-23 15:46 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(0)
『パッション』 postscript
a0054163_23542980.jpg
こちら、劇場のフォイエ部分に展示されていたソンドハイム作品のPlaybill collection。
私の目がぐぐぐっと惹きつけられたのは、この中央に写っているPlaybill。
『Sunday in the Park with George』の初演時のものですよ!
マンディとバーニー(バーナデッド・ピータース)が主演した時のものですよ!
お宝!お宝!
手に取って中を見てみたかった~!
ガラスのショウケースの中に飾られているので、見てみることは出来なかったのです。

…で。
何だかもう、昨日、言いたいことは言っちゃったような気がしているのですが。
ちょこちょこっともう少し。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-05 00:53 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(2)
Surprising NEWS!!!
この週末に少し、東京へ行っていたのですが。


国立西洋美術館へゴヤを観に行って(こちらについては後述)、仰天のチラシを見ました。


a0054163_1143872.jpg
これが、来てしまうんですって。
フェルメール、真珠の耳飾りの少女。
いいの?いいの?いいの?
あぁ、でも、胸が高鳴る。





a0054163_1153862.jpg
そして、これ。
METが、来てしまうんですって。
来日する作品について、未だ詳しくは明かされていませんが。
名前が挙げられている作家の中に、スーラの名前はありません。
お願い、あの作品をMETの外に持ち出さないで。
あぁ、でも私の恋人を日本の皆さんに観て頂きたい気持ちもある(おい)。
いや、うん、でも、この展覧会が楽しみではないと言ったら、嘘になる。


来年の東京都美術館は、ちょっと凄いことになりそうです。
[PR]
by bongsenxanh | 2011-12-05 01:21 | 美術 | Comments(0)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展~印象派・ポスト印象派
a0054163_1154677.jpg

国立新美術館にて。
モネ、マネ、ルノワール、ゴッホ...印象派、そしてポスト印象派のマスターピース。
けれど、惹きつけられたのはそんな名だたる巨匠たちではなく。


出展作品をきちんとチェックせず、把握もしないまま、ふらりと観に行ったのですが。
まさかそこで、スーラが私を待っているなんて、思いもしませんでした。



a0054163_036321.jpg
メアリー・カサットのこの作品は、今回の展覧会で大きくフィーチュァされている。
実物はもっとソファの青が深くて、じんわりと滲み出して来る可愛らしさに満ちている。
退屈そうに大きなソファに身を投げ出しているモデルの女の子が微笑を誘う。
これは思わず買ってしまったクリアファイル。



a0054163_040127.jpg
こちらはベルト・モリゾの『姉妹』。
観た瞬間、はっとするような儚げな美しさがあった。
薔薇の花模様の美しいソファに掛けた、白地に薄い水色の水玉模様が入ったドレスを着た姉妹二人は、二人ともドレスにも負けないほど色が白く、どこか浮かない表情をして絵の中に描かれている。
薄幸そうだ。
手に持たれている日本趣味の扇子と、壁にも飾られた扇子(ドガから贈られたものであるらしい)が、この時代のフランス上流階級の風俗を伝えている。



そして、この日観たどの絵も、一瞬にして記憶から消し去ってしまうような絵が、そこにあった。
この展覧会の中では、順路通り進むと一番最後の部屋に、その絵は展示されていた。



a0054163_0545817.jpg

あぁ、こんな印刷物のポストカードでは、とてもこの絵の素晴らしさは伝わらない。
この絵の、色彩も、光も、静けさも。

ジョルジュ・スーラ作 『オンフルールの灯台』 1886年

この絵が視界の端に入った途端、そこだけ、白く、碧く、輝いていた。
同じ部屋に、ゴッホの自画像――荒々しく、鋭く、ギトギトした――が飾られていたけれど、それすらも霞んでしまった。
この絵の前では、知らず知らずの内に、多くの人たちが釘付けになっていた。

私の背後にいた人が、お連れの人に言った。
「これは、今日の一番だね」

この絵の前で立ちすくんでしまい、動くことが出来ず、私はおそらく30分以上もこの絵を見つめ続けていた。


機会があればぜひ、直にこの絵を目にしてほしいと思います。
この絵のためだけにでも、この展覧会は足を運ぶ価値が確かにあると。
国立新美術館は空調効き過ぎて寒いので、羽織るものをお忘れなく。
[PR]
by bongsenxanh | 2011-08-14 01:13 | 美術 | Comments(0)
オルセー美術館~ポスト印象派
a0054163_014729.jpg


今回の、国立新美術館でのオルセー美術館の巡回展は、その人混みの多さも影響して、残念ながら私はあまり感心しないものだったけれど。
(周りで、普段は美術館に足を運ばないであろうと思われる方たちが「何?この絵有名なの?」「よく知らんけど名画ばっかりなんだって、名画」「すごい、とにかく有名なんだよ」とかいう会話を交わしている中、ぎゅうぎゅう押されて絵画を観るのは、まったく楽しくない。そういう方たちに美術館まで足を運ばせて扉を開いたという点においては、この巡回展は成功したと言えるけれど)

そしてこれは私の勘違いで、つまり私が悪いのだけれど、「ポスト印象派」という部分をそっくり抜かして記憶して「オルセー、オルセー」と思っていた私は、かのエドゥアール・マネの『オランピア』が展示されているものとばかり思い込んでいて、その絵画がないとわかった途端、ひどく拍子抜けして期待外れ感を抱いてしまった。

そんな中にあって、興を惹かれたのはこの絵。
ゴッホの『星降る夜』
NYでよく目にしていたゴッホの『星月夜』とはまた違って、星が輝く夜空の下、素朴な身なりの恋人同士が肩を寄せ合っている姿が微笑ましい。
ゴッホは、一般的には"炎の画家"などと呼ばれて、そのエキセントリックな面ばかりがフォーカスされがちだけれど、この人は実際のところは、感情表現が下手で不器用な、でもとてもかわいらしい感受性を持った人だったのではないかなぁ、と思う。


a0054163_0182566.jpg


そしてこちら。
ジョルジュ・スーラの『グラン・ジャット島の日曜日の午後』の習作。
A5サイズのダブルクリアファイルを記念に買って来たのだけれど、展示されていた習作も、部分部分を描いただけの、本当にとても小さなものだった。
メトロポリタンにある全体像の習作みたいに大きなものではない。
それでも、スーラの緻密に計算された点描は活き活きとして明るい色彩を放ち、この習作が展示されている壁だけが、薄暗い展示室の中で輝いて見えた。


a0054163_023026.jpg


更に、スーラの『アニエールの水浴』の習作と『ポーズをとる女』の習作もあった。
特に『アニエールの水浴』が良かった。
本作よりもこの習作の方がむしろ、透明な中にも水浴する人の息づかいが聞こえるような楽しさがあって、水浴の涼しさも伝わって来て、この絵の前でしばらく立ち止まっていたかった。
それが許される混雑状況ではなかったけれど。

他に私の好きなジョン・シンガー・サージェントの絵が1点のみあったのも良かった。
『ラ・カルメンシータ』という、黄金のドレスをまとった女性の美しい絵だった。

ポスターにもフィーチュァされて話題になっていたアンリ・ルソーの『蛇使いの女』は、思っていたのよりも「幻想画」「装飾画」の色合いの強いものだった。
注文されて製作されたという生い立ちの通りに、商業的で、注文主さんはその出来栄えに十分に満足されただろうと想像できるファンタジーの世界だった。
[PR]
by bongsenxanh | 2010-08-15 00:34 | 美術 | Comments(0)
『A Little Night Music』 ―ちょっとした夜の物語
a0054163_23282322.jpg何とか滑り込みでトニー賞発表前にup。
さて、2月のNYです。寒いです。
極寒覚悟でNYへ飛んだのはこの作品のため。
Stephen Sondheimの『A Little Night Music』のrevival。
再演されるのは実に初演以来だそう。
初演は1973年だそうだから、実に36年振り(再演のopenは2009年の12月13日)の再演だ。
ただ、この作品はNew York City Operaのレパートリーになっているので、そんなに久々のプレミアものの再演...という雰囲気でもない。
『アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク』の英訳タイトルとなっているのを見てもわかる通り、Sondheimはモーツァルトを意識して、そして大きくinspireされての意欲作だったのだろう。
そのため、スコアはとてもclassical。
『Sunday in the Park with George』より、ずっとずっと。
classicalである上に、そのほとんどのナンバーがワルツで構成されている。
だから、この作品は時に、非常に心地好く観客を眠りに誘う―――。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2010-06-13 23:26 | 観劇レビュ NY '10/'11 | Comments(2)
from Chicago
a0054163_03588.jpg
シカゴのお土産をいただきました。


私の大好きなスーラの『A Sunday on La Grande Jatte』を所蔵するシカゴ美術館。
そのポストカード(通常サイズよりふたまわりほど大きめ)とシカゴにある劇場のPLAYBILL。
この絵を見ると、パブロフの犬的に♪Sunday~~!と歌いたくなってしまう。

なぜこのPLAYBILLをくださったかと言うと...
[PR]
by bongsenxanh | 2009-09-17 00:14 | 観劇周辺 | Comments(0)




AX