タグ:The Light in the Piazza ( 59 ) タグの人気記事
至急かつ心の底からのお願い
すみません!
タイトルの通り、心の底からの必死のお願いです。
どなたか、WOWWOW受信可能な方で、下記の番組録画して下さる方いらっしゃらないでしょうか。
先月3月18日に東京国際フォーラムで開かれた"トニー賞コンサート"の再放送です。

4月27日(木) 20:00~23:00
WOWWOW

我が家、WOWWOWが入らず、しかも光TVなので初回登録月視聴無料サービスも使えず、で。
あのコンサートのKelli O'HaraとMatthew Morrisonが"The Light in the Piazza""Say It Somehow"をデュエットしたシーンだけはどうしてもまた観たく…。
(コンサートの2部、後半の方です)
どなたか、録画してDVD-RまたはBlue-Rayを送ってあげてもいいよ、という心優しい方、よろしくお願いします。
もちろん、実費+α、こちらで負担させて頂きますm(_ _)m
こちらに鍵つきでコメント下さるか、私のメールアドレスご存知の方はそちらにでも。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-04-23 00:04 | 観劇周辺 | Comments(3)
『My Fair Lady』will return on Broadway
まだ少し気の早い話ですが(でも、制作側からしたら、全然早くない)、2018年3月22日に『My Fair Lady』revivalのpreviewが始まります。
正式openは4月19日。
Lincoln Center Theaterで!
演出はBartlett Sherで!!!
いやもう、LCTでBartlett Sher演出のrevivalものときたら…『South Pacific』『King and I』と来て、どちらもヒロインはKelli O'Haraなわけで、弥が上にも期待は高まってしまいます。
Kelliちゃん、十年前にもこの作品やっているしなぁ。
今更、イライザ役はもうちょっと年齢的に無理?
もっとフレッシュな新人女優を起用しちゃったりする?
いやいや、まだまだ。
舞台装置と衣装は、先日のMETの『Romeo et Juliette』でも一緒に製作をしたMichael YearganとCatherine Zuberが担当。
彼らはBartの演出プランを体現する上で欠かせないパートナーなのですね。
キャスト発表はまだだけれど、期待は高まるばかりで…。
来年3月、飛ばねば。
えぇ、そして今年3月=今月も、飛びます、NY。
もうすぐです。
a0054163_23321824.jpg

[PR]
by bongsenxanh | 2017-03-14 23:33 | 観劇周辺 | Comments(2)
『Romeo et Juliette』MET Live Viewing 2回目
a0054163_044815.jpg
1週間限定の『ロメオとジュリエット』METライブビューイング公開、最終日の先週金曜夜に(今シーズンは特定演目に限って、昼夜2回ロードショウです。ありがたや!)観納めの2回目、観てまいりました。
あぁ、もう、このバルコニー近くまで柱をよじ登っていくグリゴーロ、大好きだわ。
2回目になると、1回目の昂揚からもう少し落ち着いて、細部までじっくり観て味わえるようになりますね。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-03-09 23:57 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(2)
『Romeo et Juliette』つづき
a0054163_0555256.jpg
はい、のっけからなんだ?という感じですが、今回の『Romeo et Juliette』のプロダクションのリハーサルの1コマ。
これを私は昨年のクリスマスの頃に目にしたのですが、その時点でNY行きをキャンセルするか、仕事をぶっちぎってでも無理矢理飛んじゃうか、もんのすごいジタバタして苦悩しておりました。
だって、こんなの見ちゃったら、心は飛んじゃうじゃないですか、METへ。
やーーーん、なんてロマンティックなの、ヴィットリオったら~♥♥♥
(既におかしくなっておりますので、温かい目で見守って下さい)

で、昨日も書きましたが、今回のプロダクション、指揮を振るのはジャナンドレア・ノセダで、METのオケはそれはそれはbrilliantな音を響かせていましたが。
そこへ被って来るグリゴーロとダムラウの歌声がまた華やかで、甘く、美しくて。
聴いている耳が幸せでした。
このプロダクションでは、二人による"愛の二重唱"がとても多くて、3幕以外ではすべて、つまり1幕でも2幕でも4幕でも5幕でも、ゴールデンカップルのデュエットが聴けます。
それがまた、二人の息がぴったりで。
二人とも世界トップのテノール&ソプラノなのだけれど、「私が、私が」って前に出ちゃってお互いを相殺することがまるでなく、互いを尊敬して互いの声をよく聴いて声を合わせているデュエットなのがまた、得も言われず美しいのです。
幕間のインタビューでグリゴーロが、ダムラウと息がぴったりだけど、連絡を取り合っているの?テキストしたりする?って訊かれて「全然。稽古に来て会うだけだよ。電話もしないよ、ね?」って言っていたけれど、プロフェッショナルってそういうものだなぁ…と。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-02-27 00:59 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(2)
『Romeo et Juliette』MET Live Viewing
a0054163_23292731.jpg
こちらを観て来たのです。
METの『ロメオとジュリエット』
そもそも今年の1月に、今回のこのプロダクションは生で観られるはずで、でもそれをキャンセルせざるを得ず、涙を飲んでからというもの、ずっとずっと心待ちにしていたLive Viewing。
世間では『LALALAND』の公開初日ということで大騒ぎになっていましたが(私ももちろん観に行く予定だし、楽しみではある)、それをさておいても『ロメオとジュリエット』を最優先で観なければ!
なんてったって、たった1週間で終わってしまうのだから。

で、ナントカの一つ覚えみたいに
素晴らしかった!!!!!
Bravo!Bravo!Bravissimo!

と叫んじゃいたい出来栄えでした!!!

もー、もー、もー、期待を裏切らないわ、バートレット・シェールったら!!!
あ、蛇足ながら書いておくと、今回のプロダクション、演出はバートレット・シェールによる新演出。
バートは紹介し始めたらキリがないけれど、METでも数々のプロダクションで演出を手掛け(『セビリアの理髪師』『ホフマン物語』等)、そもそもは演劇界で演出をしていて、2005-06年に私を狂わせてくれた『The Light in the Piazza』の演出が素晴らしく、Lincoln Centerでは『South Pacific』、新しいところでは『The Bridges of Madison County(マディソン郡の橋)』『Fiddler on the Roof』のrevival、更には一昨年に『King and I』の演出も手掛け、渡辺謙を王様役に抜擢した演出家です。
バートは、奇をてらったことはしない、クラシカルで王道な、それでいて童話の様に幻想的で美しい舞台を作り出す演出家です。

でもって、バートと主演二人に気を取られていて見落としていたのですが、指揮を振るのはなんとジャナンドレア・ノセダ!!
なんて贅沢なんでしょう。
ノセダが振ったMETのオーケストラは、木管も弦楽も輝いて聴こえました。
1幕始まっての木管がくっきりと耳に届いて、綺麗だった~。

で、言わずと知れたロメオ=ヴィットリオ・グリゴーロとジュリエット=ディアナ・ダムラウのカップル。
もうねー、この二人については、言いたいことがたくさんあり過ぎて、とても書き尽くせません。
仕事に押されて、1月にNYへ飛べなかった自分を、心底悔しくて呪いたくなるくらいに、本当にこの二人のロメオ&ジュリエットは素晴らし過ぎる。
でもって、二人とも可愛過ぎる!
ディアナなんて、劇場で遠目に見たら本当に10代のジュリエットに見えるだろうっていうくらいに軽快な動きで愛らしかった。(45歳なのに)
グリゴーロも、少年少年していて、若々しくて。(40歳なのに)
自分でもインタビューで、「どうやってあんな若いロメオになっているの?」と訊かれて、「僕は普段から話し方や考え方が子どもっぽいって言われることがあるんだけど、心の片隅にいるピーターパンを出してあげて(演技して)いる」ってにこやかに応えていて、もー、グリゴーロったら!!!愛おし過ぎる!!!って思いました。
グリゴーロ、オペラ歌手にあるまじき身体能力の高さで、ジュリエットのいるバルコニーにも建物の柱をつたって身軽によじ登ったりしちゃうし。
カーテンコールでは、ダムラウをまさかのお姫様抱っこまでしちゃうし!(羨ましぃ!!グリゴーロになら、私もされたい!!!<おい)
ダムラウも顔を赤らめて照れてたなー、嬉しそうだったけど。

詳しくはまた書くとして(書き切れないんだもん)、MET公式に出ているTrailerなどどうぞ。
この映像観るだけでも、舞台の素晴らしさが伝わるのではないかと。
舞台装置も衣装も素敵なんです。
衣装担当のCatherine Zuberが「皆、フェリーニの映画が好きなんだけど、今回は特に『カサノバ』を参考にした」と言っていて、とっても良い雰囲気です。
「18世紀のとある町。デカダンスとミステリアスの漂う町にしたかった」と。
私は必ずこの1週間以内にもう一度観に行くと思います。
少しでも興味を引かれた方、今回のプロダクションを観逃したら確実に後悔します。
一生ものの損失になると思います。
ストーリーはよく知られたあれで、場面がピックアップして濃縮されていますので(オペラだから)、戯曲のものよりもっとドラマティックになっています。
グリゴーロの歌、ロマンティックで色気があって、とろけちゃいそうです。
ぜひぜひご覧下さい。


[PR]
by bongsenxanh | 2017-02-25 23:30 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(0)
枠が足りない…
今回のNYでは、三泊で5枠、観られるつもりで予定していたのですが…
誤算がありました。
見落としていました。
今週はthanksgiving week。
で、日曜の夜に本来あるはずの公演が軒並みブラック=休演に。
枠が一つ減ってしまいました。
しかも、私が観たいSomething RottenもSpring Awakeningも日曜夜公演設定演目。
やられた…!
到着したその日にSAは観たのですが、やはりこの作品はどうしてももう一度観たい。
でもバート演出のFiddlerも観たい。
体が二つほしい。
またはもう一日だけ、NY滞在がほしい。
神様、どうしてthanksgivingにこんな仕打ちをするのですか…?
[PR]
by bongsenxanh | 2015-11-29 08:17 |   -NY'15 | Comments(4)
2015 TONY AWARDS-Congrats Kelli!!!!!
さて、今年のトニー賞。
(そう言えば去年はこのトピック上げていませんでした、WOWOWに放送権を買収されたショックで)

まずは、

Kelli O'Hara、主演女優賞おめでとう!!!!!

いやー、もう、本当にKelliちゃんが受賞するまでの道のりの遠く長かったことと言ったら!
毎年のようにノミネートされて(その数、実に6回!2005年の『The Light in the Piazza』に始まって、『The Pajama Game』、『South Pacific』、『Nice Work If You Can Get It』、『The Bridges of Madison County』、そして今回の『The King and I』)、それでもその時の対立候補の関係や、作品との相性や、その作品の強さや、はたまたトニー関係者の政治力や…色んなことに阻まれて来ましたが。
(私は『Piazza』の時に獲っていても全然不思議じゃなかったと今でも思っている!)
ついに!ようやく!
主演女優賞ですよ!!!
本当に良かった~!!!
というわけで、Kelliちゃんの『The King and I』のperformance、トニー賞授賞式から。



誤解されている方が多いのですが、『The King and I』の主役は、王様の方ではなくて、「私」であるAnnaなのです。
(これは成立当初からずーっと言われています。ま、作品を観て、あのAnnaのソロの多さを聴けば歴然)
あと、このperformanceの、Ken Watanabeの"Come...!"という台詞に「おいで」という字幕をつけている日本のワイドショーがありましたが、は?と思いました。
違います。あそこは「さぁ!」とか「いざ!」くらいのニュアンスの"come"なのです。
あのシャムの王様が「おいで」なんて言ったら気持ち悪いよ。

そして、Kelliちゃんの受賞スピーチ。



あぁ、もう、本当に良かった!ちょっと泣けてきてしまいました。
最後踊っちゃうKelliちゃん、なんてsweetなんでしょ。
KristinもChitaも退けての受賞、本当にYOU DESERVE IT!!!って言いたい。
presenterがNeilなのも良かったなぁ。

あ、Kelliちゃん尽くしになってしまいましたが。
新作の中での強さから言ったら『FUN HOME』の年ということになるでしょうか。
Revivalではやはり『The King and I』でしたねー。
あと、PLAYでは『The Curious Incident of the Dog in the Night-Time』かな。
『Something Rotten!』はもっといくのかと思いきや、1部門受賞でしたね。
3月に行ったのに上記中3作を観ていない私は、何なの…という気もしますが。
個人的にはやはり、『Finding Neverland』のあの無視のされ方は何なんだ、という腑に落ちない気持ちがあります。
Matthew、歌って踊って、フルスロットルで頑張ってたよ。
それこそ彼なしでは成立し得ない舞台で、作品としての完成度も高かったと思うのに。
あまりに商業的だった(確実にお客さんは呼べる作品だし、満足させられる作品でもある)ことが反発を招いたのか?とか、ピーターパンという確立されたものに乗っかったところが芸術家気質(?)の選考委員のじーさんばーさんのお好みには合わなかったのか?とか、いろいろ詮索してしまいます。
Matthew、主演俳優のノミネートくらいしても良かったのにね。
日本人贔屓の方達からは反感を買うかもしれませんが、それこそいづこかの王様よりも遥かに素晴らしいパフォーマンスだったのですよ、歌って踊れるのだもの。
ま、この辺り、本当に作品の強さとプロダクションの強さと、政治力が働きますので。

ということで、また来年へ向けた新しいシーズンの始まりです。
秋以降にLotteryで振られ続けた『Hamilton』、観に行かなきゃ。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-06-09 05:37 | 観劇周辺 | Comments(0)
documentary
見る時間がなかなか取れなかったので、録画しておいたものをようやく見ました。
NHKのプロフェッショナル、Ken Watanabe編。
もちろん、Lincoln Centerでの『The King and I』に絡んで、です。
何しろPiazzaの製作チームによる作品だし、演出はあのBartlett Sher(NHKでもバートレット・シャーになっていた。残念。シェールです)だし、思い入れのある今回のrevivalだけに、大変興味深く見ました。
何より、舞台シーンが多かったのも、稽古の様子が見られたのも、初日のカーテンコールの様子もちらりと映っていたのも、そしてLincoln Center付近66-67th St.辺りからColumbus CircleにかけてのNYの街並みがよく映っていたのが、とってもとっても嬉しかった。
Lincoln Centerがリノベーションされた今でも、Vivian Beaumontから出て来るBackstageのところを見ると、初めてAに会った時のことが蘇って来て、切なくなるのです(すみません、乙女で)。
これ、私にとっては永久保存版です。

彼があがき、苦戦し、格闘した様はよく記録されていたと思います。
最初の方で「虚業だからね」と語っていたのが印象的で、あぁ、鋭くさばけている人なんだな、と。
「13年前からハリウッドで活躍する渡辺、英語に不安はない」というナレーションには、「え?」と首を捻ったけれど。
(あれだけ「台詞がわからない」と言われて、インタビューを受ける時だって通訳つけてて…)
Bartの、色々、様々に俳優に好きなようにやらせてみて、じわじわとプレッシャーをかけつつ、いいものを引き出していく…という演出のつけ方も面白かった。
previewが迫って来た通し稽古の前の、Kelliちゃんの苛立っている様子は、ちょっとあそこだけ抜かれると辛くなっちゃうかな…と思ったけれど。
もっとKelliちゃんのいいところもばしばし映してほしかったです。
確かにKelliちゃん、気は強いだろうし、主張も強いだろうし、ま、American womanだし、何よりあれだけ主演を張って来た女優さんだから、強くて当たり前なのだけど。
Ken Watanabeともあまり上手く合っていなかったのかしら…?と、穿った見方をしてしまいそうな。

ともあれ。
彼がもがき苦しんでいたpreview中の、ちょうど折り返した3月26日に観劇出来たことは、本当に幸運でした。
無理してでも、3月下旬にNYへ行けて良かった、と思ったのでした。
さて、トニー賞授賞式まではあと1週間強です。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-05-30 23:07 | 観劇周辺 | Comments(0)
Review on New York Times
『The King and I』についてのNew York Timesのも上がっていますが。
概ね、好意的な記事ですが。
う―――ん…Ken Watanabeについては、やはりこんな風に書かれておりますね。

His diction is not always coherent, which makes him more of an underdog than usual in his standoffs with Anna. And his big solos, while attacked with ardor, should become even stronger as his pronunciation improves.

要は、もっと英語の発音を何とかしないと、演技に説得力が出て来ないよ、と。
評よりも、この評につけられた読者のコメントの方がもっと痛烈で、彼の何を言っているのかわからない英語では、彼の演技からは伝わるものがない、誰かもっと他の役者に交代した方がいいのではないか、なんてことまで書かれていたりします。
(彼は英語を話せないんだろう、通訳をつけているくらいだから、という厳しい意見も)
言葉がわかりにくくても、彼の表現したいものはわかった、という温かい意見もありますが。

PlaybillのOpening Nightについての記事では、Richard Rodgersの孫であるAdam Guettel(『Piazza』の作曲家です!)がKelliとWatanabeの化学反応は素晴らしかった、というようなことを言っています。
演出家のBartlett SherもKen Watanabeをかなり気に入っているようですし。
彼の『The King and I』契約&出演期間が実り多いものでありますように。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-04-20 01:49 | 観劇周辺 | Comments(0)
『The King and I』 opening night
『The King and I』のopening nightの様子がupされていまして。
初日のカーテンコールの動画もtwitterやfacebookの『The King and I』公式では上がっているのですが、なぜだかLincoln Centerのwebページにはupされていないので、リンクが張れず…。
なかなかいい雰囲気で、Ken Watanabeも王としてお辞儀する姿が様になっているのですが。
a0054163_0162767.jpg
Openingのafter partyの時の、Ken Watanabeのこの格好は頂けないな…と。
このafter partyの時って、どの俳優さんも女優さんも、もちろん演出家を始めとする制作陣も、皆正装して臨むのが普通なのです。当然なのです。
Kelliちゃんも奇麗にドレスアップしています。
それが、このラフすぎるシャツにカジュアル過ぎるカーディガンのKen Watanabe…。
全身写っている写真もあるのですが、パンツもフォーマルなスラックスとかではなくて、普通のカジュアルパンツ(それもやや腰履き気味?)に、紐のある臙脂色の靴で、ドレスシューズではなく…。
敢えてそうした、と考えるのが自然でしょうけど、曲がりなりにもBroadwayでの舞台初日のafter partyで、この場やドレスコードをわきまえていない振る舞いは、ちょっと恥ずかしいと言うか、自分には映画俳優としての矜持があると驕ってのことか、と穿った見方をしたくなってしまうと言うか…。
こんなことしていると、だから極東の黄色い人は世界の常識を知らない、なんて余計なことを思われかねない、なんて杞憂まで湧いてきてしまいます。
いっそ潔く、紋付羽織袴でも着て、ビシッとキメてやれば良かったのに。
残念でした。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-04-19 00:33 | 観劇周辺 | Comments(0)




AX