タグ:opera ( 76 ) タグの人気記事
『Romeo et Juliette』MET Live Viewing 2回目
a0054163_044815.jpg
1週間限定の『ロメオとジュリエット』METライブビューイング公開、最終日の先週金曜夜に(今シーズンは特定演目に限って、昼夜2回ロードショウです。ありがたや!)観納めの2回目、観てまいりました。
あぁ、もう、このバルコニー近くまで柱をよじ登っていくグリゴーロ、大好きだわ。
2回目になると、1回目の昂揚からもう少し落ち着いて、細部までじっくり観て味わえるようになりますね。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-03-09 23:57 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(2)
『Romeo et Juliette』つづき
a0054163_0555256.jpg
はい、のっけからなんだ?という感じですが、今回の『Romeo et Juliette』のプロダクションのリハーサルの1コマ。
これを私は昨年のクリスマスの頃に目にしたのですが、その時点でNY行きをキャンセルするか、仕事をぶっちぎってでも無理矢理飛んじゃうか、もんのすごいジタバタして苦悩しておりました。
だって、こんなの見ちゃったら、心は飛んじゃうじゃないですか、METへ。
やーーーん、なんてロマンティックなの、ヴィットリオったら~♥♥♥
(既におかしくなっておりますので、温かい目で見守って下さい)

で、昨日も書きましたが、今回のプロダクション、指揮を振るのはジャナンドレア・ノセダで、METのオケはそれはそれはbrilliantな音を響かせていましたが。
そこへ被って来るグリゴーロとダムラウの歌声がまた華やかで、甘く、美しくて。
聴いている耳が幸せでした。
このプロダクションでは、二人による"愛の二重唱"がとても多くて、3幕以外ではすべて、つまり1幕でも2幕でも4幕でも5幕でも、ゴールデンカップルのデュエットが聴けます。
それがまた、二人の息がぴったりで。
二人とも世界トップのテノール&ソプラノなのだけれど、「私が、私が」って前に出ちゃってお互いを相殺することがまるでなく、互いを尊敬して互いの声をよく聴いて声を合わせているデュエットなのがまた、得も言われず美しいのです。
幕間のインタビューでグリゴーロが、ダムラウと息がぴったりだけど、連絡を取り合っているの?テキストしたりする?って訊かれて「全然。稽古に来て会うだけだよ。電話もしないよ、ね?」って言っていたけれど、プロフェッショナルってそういうものだなぁ…と。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2017-02-27 00:59 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(2)
『Romeo et Juliette』MET Live Viewing
a0054163_23292731.jpg
こちらを観て来たのです。
METの『ロメオとジュリエット』
そもそも今年の1月に、今回のこのプロダクションは生で観られるはずで、でもそれをキャンセルせざるを得ず、涙を飲んでからというもの、ずっとずっと心待ちにしていたLive Viewing。
世間では『LALALAND』の公開初日ということで大騒ぎになっていましたが(私ももちろん観に行く予定だし、楽しみではある)、それをさておいても『ロメオとジュリエット』を最優先で観なければ!
なんてったって、たった1週間で終わってしまうのだから。

で、ナントカの一つ覚えみたいに
素晴らしかった!!!!!
Bravo!Bravo!Bravissimo!

と叫んじゃいたい出来栄えでした!!!

もー、もー、もー、期待を裏切らないわ、バートレット・シェールったら!!!
あ、蛇足ながら書いておくと、今回のプロダクション、演出はバートレット・シェールによる新演出。
バートは紹介し始めたらキリがないけれど、METでも数々のプロダクションで演出を手掛け(『セビリアの理髪師』『ホフマン物語』等)、そもそもは演劇界で演出をしていて、2005-06年に私を狂わせてくれた『The Light in the Piazza』の演出が素晴らしく、Lincoln Centerでは『South Pacific』、新しいところでは『The Bridges of Madison County(マディソン郡の橋)』『Fiddler on the Roof』のrevival、更には一昨年に『King and I』の演出も手掛け、渡辺謙を王様役に抜擢した演出家です。
バートは、奇をてらったことはしない、クラシカルで王道な、それでいて童話の様に幻想的で美しい舞台を作り出す演出家です。

でもって、バートと主演二人に気を取られていて見落としていたのですが、指揮を振るのはなんとジャナンドレア・ノセダ!!
なんて贅沢なんでしょう。
ノセダが振ったMETのオーケストラは、木管も弦楽も輝いて聴こえました。
1幕始まっての木管がくっきりと耳に届いて、綺麗だった~。

で、言わずと知れたロメオ=ヴィットリオ・グリゴーロとジュリエット=ディアナ・ダムラウのカップル。
もうねー、この二人については、言いたいことがたくさんあり過ぎて、とても書き尽くせません。
仕事に押されて、1月にNYへ飛べなかった自分を、心底悔しくて呪いたくなるくらいに、本当にこの二人のロメオ&ジュリエットは素晴らし過ぎる。
でもって、二人とも可愛過ぎる!
ディアナなんて、劇場で遠目に見たら本当に10代のジュリエットに見えるだろうっていうくらいに軽快な動きで愛らしかった。(45歳なのに)
グリゴーロも、少年少年していて、若々しくて。(40歳なのに)
自分でもインタビューで、「どうやってあんな若いロメオになっているの?」と訊かれて、「僕は普段から話し方や考え方が子どもっぽいって言われることがあるんだけど、心の片隅にいるピーターパンを出してあげて(演技して)いる」ってにこやかに応えていて、もー、グリゴーロったら!!!愛おし過ぎる!!!って思いました。
グリゴーロ、オペラ歌手にあるまじき身体能力の高さで、ジュリエットのいるバルコニーにも建物の柱をつたって身軽によじ登ったりしちゃうし。
カーテンコールでは、ダムラウをまさかのお姫様抱っこまでしちゃうし!(羨ましぃ!!グリゴーロになら、私もされたい!!!<おい)
ダムラウも顔を赤らめて照れてたなー、嬉しそうだったけど。

詳しくはまた書くとして(書き切れないんだもん)、MET公式に出ているTrailerなどどうぞ。
この映像観るだけでも、舞台の素晴らしさが伝わるのではないかと。
舞台装置も衣装も素敵なんです。
衣装担当のCatherine Zuberが「皆、フェリーニの映画が好きなんだけど、今回は特に『カサノバ』を参考にした」と言っていて、とっても良い雰囲気です。
「18世紀のとある町。デカダンスとミステリアスの漂う町にしたかった」と。
私は必ずこの1週間以内にもう一度観に行くと思います。
少しでも興味を引かれた方、今回のプロダクションを観逃したら確実に後悔します。
一生ものの損失になると思います。
ストーリーはよく知られたあれで、場面がピックアップして濃縮されていますので(オペラだから)、戯曲のものよりもっとドラマティックになっています。
グリゴーロの歌、ロマンティックで色気があって、とろけちゃいそうです。
ぜひぜひご覧下さい。


[PR]
by bongsenxanh | 2017-02-25 23:30 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(0)
CXL
a0054163_2150695.jpg
新年年明けに、NYへ飛ぶ予定でした。
METの1月の目玉作品である、グリゴーロ(Vittorio Grigolo)主演の『Romeo et Juliette』を観る(聴く)ために。
相手役はディアナ・ダムラウ(Diana Damrau)。
大好きなバートレット・シェール(Bartlett Sher)が新演出を施すということで話題になっていて。
予定では1月4日と6日、2回も観られるな、と楽しみにしていました。
9月頃からもうエアチケットとホテルは押さえてあったのです。
(しかも12月に入ってから、座席指定をいじろうとしたら、もういじれない設定になっていた。ということは、帰り便はビジネスアップグレードの可能性がかなり高かった…)

が。
12月になってから少し引っ掛かっている案件があって、新年職場を不在にするのはどうも不味そうな状況だな、というのと、11月の米大統領選の結果を受けて俄かに米国が色褪せてしまったのと、ここのところの為替相場の異常性も鑑みて。
今回は飛ぶのを取りやめました。
そう決めて、ささっとキャンセル処理をして、上司に年明け出勤を報告したら、何だかやけにすっきりしてしまいました。
たぶん、気持ちも体のバイオリズムも、今、NYへ飛べる状態ではなかったのだと思います。
もともと寒さに弱い体質で、冬季はちょっと無気力で鬱っぽくなるし(そんな深刻なものではないけれど)。
というわけで、この年末年始はおとなしく日本で過ごします。
休日になると山か海の外かに飛び回っていて、家の中も全然片付かないままだったので、この機会に大規模に手をつけようかと。

さようなら、NY。
さようなら、グリゴーロ。
(Liveビューイングで観るけど、生声とは全然違うのよね…)
"Falsettos""CANDIDE"も観る気満々で、NYと言ってもほぼLincoln Center作品にだけ、どっぷり浸かって過ごすつもりでいたけれど、それもさようなら。

上司には「ま、NYは逃げないからね。どうせまたすぐ行くんでしょ?」と、慰められているのか何なのかわからない言葉をかけられ。
えぇ、でもよくおわかりで。
3月には飛ぶつもりです。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-12-31 22:08 |   -NY'17 | Comments(0)
『Madama Butterfly』 MET Live Viewing
a0054163_23404263.jpg
こちらの作品を観て来たのです。
MET Live Viewingの『Madama Butterfly』(蝶々夫人)
えーと、最初に言っておきますと、私はこの作品、あまり好きではない…と言うか、積極的に観たい作品ではありません。
それは、この作品がそもそもアジア蔑視であったり、女性差別であったり、誤ったジャポネスク幻想の様なものに基づいて作られていたり、あるいは偏った日本文化解釈がなされていたり…といった色々な問題を含んでいるからであり。
同時に、そもそも"蝶々さん"というヒロインを同じ女性として好きになれないということもあったりして。
ですが、それを脇に置いても、蝶々さん=クリスティーヌ・オポライス(Kristine Opolais)、ピンカートン=ロベルト・アラーニャ(Roberto Alagna)という組合せは魅力的で、作品に目をつぶってでも観に行ったのです。
この二人、もう皆さんご存知ですが、先の『Manon Rescaut』でも主役カップルを演じた二人ですね。
写真は、幕開け冒頭で演じられる、ダンサーによる日本舞踏(もどき)。
この長く伸びる赤い帯を使った視覚的な演出が美しく、このダンサーの姿を通して、蝶々さんの辿る悲劇が暗示される。

→Read more!
[PR]
by bongsenxanh | 2016-05-07 23:54 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(4)
『Manon Rescaut』 MET Live Viewing
a0054163_1382251.jpg
土曜日にこちらを観て来て、このこともすごく書きたいのですが。
今日はちょっと時間がないので、また明日にでも。
売り出し中のクリスティーヌ・オポライスはまぁまぁ。
美貌のソプラノではあります。
彼女よりも誰よりも、急遽デ・グリューの代演を務めたアラーニャが素晴らしかった!
そしてリチャード・エアの演出と、それを引き立てる舞台装置と、ファビオ・ルイージの指揮が素晴らしかった!
[PR]
by bongsenxanh | 2016-04-05 01:40 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(2)
『Lulu』 MET Live Viewing
a0054163_0312386.jpg
ちょっとNYの更新が進まないままですが(今週末には…!)、先週土曜日にはこちらを観て来たのです。
今年最初のMET Live Viewing。

a0054163_0314092.jpg
観て来たのは、もちろん、『Lulu』
希代のファム・ファタル、ルルをMarlis Petersenが歌います。
この役で世界へ躍り出た彼女がこの役を歌うのは今シーズンが最後。
彼女自身がそう決めたのだそうです。
18年間演じてきたこのルルという女を、もう自分が手放す時だと。
そして自分もルルから解放される時だと。

a0054163_0382372.jpg
正直言って、ベルクのスコアはこの上なく難解な上に、決して心地良い甘美な音楽でもない。
だから、決して万人受けするものではありませんし、これが初オペラ体験!という方にはお薦めしません。
けれど、難解だからこそ、何か人の心の中にひっかき傷を創って、人の気持ちを絡め取っていくような、そんな魅力がこのオペラにはあるように思えます。
そのスコアをすっかり自分のものとして歌いこなして、ルルという女を生きるMarlis Petersenはお見事!
彼女のことを色んな人が"女優"と呼んでいますが、まさにMarlisはオペラ歌手とかソプラノと呼ぶよりも"女優"と呼ぶに相応しい演じっぷりです。
街で乞食同然に花を売っていたところを、シェーン博士に拾われ、その愛人となり、けれど同時に他の男性と結婚し、更には自分ではなく他のうら若き令嬢と結婚しようとしているシェーン博士を籠絡して結婚させ、ようやく妻の座を手に入れたと思いきや他の男や女をも虜にするルル。
博士を精神的に追い詰め、悲劇的な形で撃ち殺し、自らも裁判にかけられ、牢獄に入り、脱獄し、その成れの果てとして自分の身を売るしか道がなくなったルル。
そんな破滅的なルルを、Marlisは生き生きと、自然に呼吸するかのように退廃的に演じていました。
Marlisは去年のMETの『フィガロの結婚』で、あのコケティッシュでキュートなスザンナちゃんを演じていたソプラノさんです。

後から調べたら、このルルの脚本のそもそもの原作は、『Spring Awakening』と同じF・ヴェデキントなのですね。
ヴェデキントって、本当に不幸で救いのないお話ばっかり書く作家なんだなぁ。

上映は今週金曜日まで。
機会のある方はどうぞ。
とても斬新な演出と美術(奇才W・ケントリッジ!)も見物です。
と言うか、このプロダクションは現代美術の斬新さに負うところが非常に大きい。
最初、画家のアトリエでモデルになっているルルの体に、紙に書いた乳房や女性器をぺたぺた貼り付けていくのだけれど、その斬新さや、そしてそれが表すルルの毒婦っぷりときたら…!
同時に、常に舞台上にいるルルの分身のような、内面を表すかのような、マネキンぽい人物も不気味であり滑稽であり。
あれはマイムですね。
あー、でもこんなの、1回観たらしばらくは観なくていいな。
魂吸い取られて消耗するもの。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-01-21 00:55 | 観劇レビュ NY '16/'17 | Comments(0)
今回の観たものリスト
a0054163_0422462.jpg
機内で観た映画
『Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance』、『The Imitation Game』、『The Theory of Everything』、『Whiplash』、『紙の月』
いやぁ、3月のJ●L長距離路線はアカデミー賞をほぼ網羅できる充実ラインナップで、寝ているのがもったいない感じでした。
(と言いつつ、時差調整のためにしっかり眠る)
『バードマン』は、あれですね、エンタメ業界をよく知る人が、ある意味痛烈にエンタメ業界を皮肉った、もしくは風刺した映画。マイケル・キートン凄い。
『エニグマ』『セオリー』(邦題の「博士と彼女の~」っていうのは、何だか違う)も、どちらもとても切なくて、痛くて、でも良い作品だった。
出来ればどちらも、もう一度きちんと映画館のスクリーンで観たい。
オスカーの主演男優を獲ったのがエディ・レッドメインで、正直、どうして彼なんだろう?と思っていたけれど(良い俳優さんだとは思うけれど、まだ早過ぎるんじゃないか、若過ぎるんじゃないか、と)、映画を観たら納得した。
と言うか、役が、穿った言い方をすれば"オスカーを狙いやすい"役だったのは確か。
逆に、ベネディクト・カンバーバッチくんは、オスカーを狙うにはやや弱い役だったかも。
シャーロックの延長線上にある役とも言えるし。
『Whiplash』(邦題:セッション)も気になっていたのでつい観ちゃったけれど、これ、観なくても良かった。
音楽の歓びなんて、微塵も感じられない映画だった。
これ観ないで、それこそ『アオハライド』でも気楽に観ていれば良かったな。
『紙の月』は、映画館で観ようと思っていて、観逃していたものだったので。
宮沢りえちゃんの演技、ドラマ版の原田知世とは全く違っていて、興味深かった。
あともう少し時間があったら、『Gone Girl』も観たかったけれど、時間切れ。残念。

観た舞台
『Manon』、『The Phantom of the Opera』、『The King and I』、『Finding Neverland』、『An American in Paris』、『Into The Woods』、『On The 20th Century』
5泊で7本だったので、まぁ頑張った方でしょうか。
本当は『Hamilton』のlotteryが当たっていれば、5泊で8本になるはずでした。
5泊で8本観たら、流石に「Good job!わたし!」になっていたと思いますが(笑)
3月末のNYは、新作のオンパレードで、かつてない程の充実ラインナップでした。
確かにこれは、筋金入りのtheater goerなら春のNYを目指すはずです。
私が観た中でも、『The King and I』、『Finding Neverland』、『An American in Paris』の3作がpreview中、『On the 20th Century』はopenしたばかり、というフレッシュさでした。
なぜ今更『Phantom』か、と言うと、今、James Barbourがファントムを演じているから。
少し前まではNorm Lewisがファントムを演っていたし(観たかった!聴きたかった!)、NYのファントムは、なかなか目が離せません。
今月12日でcloseしてしまう『Into The Woods』も滑り込みで観られて良かった。
たった11人で演じられるミニマムな舞台、なかなか面白かったです。
というわけで、ひとつひとつの作品については、またそれぞれ書きます。
あ、そうそう、観たかった『Hedwig』は、すみません、きちんとスケジュールを把握していなかったがために観逃しました。
生JCM、絶対に観るつもりだったのに…『Hedwig』って日曜公演がなくて、しかも土曜は19時&22時っていう、めちゃめちゃ変則的な上演時間だったんですね_/ ̄¶●
そしてもう一つ、10月にも観られなくて、今回は観られるかも?と思っていた『Beautiful』もやはり観られず。
未だにdiscountも出ておらず、チケット入手困難なんですよね。
日によってはTKTSに出たり、火-木曜はrushもあったりするようなのですが。
他に観たい作品も沢山あったので、そんなにチケット取れないのなら、もういいや、な気分で観ませんでした。
あ、『Manon』で生で観て聴いたV.グリゴーロは、もう可愛くて、とろけそうな歌声で。
日本に連れて帰りたかった…。
なんて言っていたら、本当にこの日曜日4月5日と、来週10日は日本でリサイタルなのです。東京だけ。
どうやら日本に飛んできた便も、私と全く同じ日だったみたいでした。
これは運命ですか、神様?(<違う:神の声)
[PR]
by bongsenxanh | 2015-04-05 01:51 |   -NY'15 | Comments(0)
weaker yen
a0054163_4535387.jpg
今回のNYのお買い物で大きなものは、これくらい。
と言うか、これだけ。
UGGのBAILEY BUTTONのblack。
以前に買ったchocolateのと色違い。
前に買ったchocolate、それこそ冬場は通勤の時も履いているし、私用でお出かけする時にも履いて行くし、とにかくほぼ毎日履き通して、かなり年季が入って来ました。
もう1足あってもいいかな、と思い、今回は黒を。
黒、写真で見るとごっつくてハードな雰囲気がしますが、どうしてどうして、これに黒のタイツを履いて、ひらっとした膝上ミニスカートを合わせると、すんごく可愛いのです。

皆さんもご存知の通り、昨今の急激な円安は尋常ではなく。
去年8月初旬までは$1=¥100を切る水準だった円が、今では$1=¥120。
これって、ちょうど十年くらい前の2005年頃のレートとほぼ同じです。
2008年9月半ばのリーマンショックからつい2年程前までの$1=¥80前後のレートをしばらく経験した身には、今の円安水準はちょっと痛過ぎる。
加えて、NYの物価は、十年前よりもかなり上がっている。
とりわけ、Broadwayのチケット代の高騰は半端ではない。
十年前はオーケストラ席の正規価格が80-100ドルの幅だったのに、今では150-170ドルに跳ね上がっている。
計算していないけれど、今回、私がチケットに注ぎこんだ額は優に10万円を上回ると思う。
(その後、きちんと計算したら7作品で86,429円だった。まだ抑えられた方かな。
 一番高かったのは、MET Operaでの約18,000円。グリゴーロのためです)
それもdiscountを駆使し尽くしていて、この額。
流石にこんなこと、もう何年も続かないかな…と、自分でも薄ら寒く、淋しく感じています。

そんなわけで、お買い物をしていても妙に財布の紐を固くぎゅっと締めてしまい。
だから、本当に、えいやっと買った大物は、このUGGのBAILEY BUTTONだけなのです。
[PR]
by bongsenxanh | 2015-04-03 05:10 |   -NY'15 | Comments(2)
グリゴーロ!
グリゴーロの美声堪能中!!
素晴らしい!
しかも三幕幕切れで両肌脱いであんなことしちゃうなんて!
最高!
[PR]
by bongsenxanh | 2015-03-26 11:34 | 観劇周辺 | Comments(0)




AX