『シークレット・ガーデン』―日本版
a0054163_00362655.jpg
はい、改めまして。
画像は、クリエでの公演で、エントランスに設置されていたパネルから。
ポスターもあのディザインではなく、こういうのにしておけば良かったのに…と、未だに思ってしまいますが。

何度もつらつら書いていた様に、私にとっては思い入れのあり過ぎたこの作品。
10代の一時期は、毎日毎晩、BWオリジナル・キャストのCDをBGM代わりに、または夜の子守歌(?)代わりに繰り返し繰り返し聴いていたので、歌詞もスコアも体に染み込んでしまっています。
その作品を日本キャストで、日本語歌詞で、日本で…というので、期待よりは不安の方がずっと大きかった本公演。
結果から言えば、1回目@クリエ:んー…悪くはないけれど、何か違和感がある…でも、メアリーは思っていたよりずっと良くて歌える。
2回目@クリエ:あれ、公演重ねたらブラッシュアップして、良くなってきている?
3回目@兵庫芸術文化センター:あぁ、今日観て良かった。良い舞台だ。日本で公演してくれてありがとう。
という感じでした。
製作チームはほぼそのままに、オリジナル版とは演出は変わりましたが(舞台装置や衣装も)、演出家は一昨年、NYのリンカーンセンター(恵イヴリー・フィッシャー・ホール)のコンサート版と同じ演出家・スタフォード・アリマです。
それもあってか、作品世界が壊されてしまう…ということにならずに済みました。


→Read more!
[PR]
# by bongsenxanh | 2018-07-31 01:12 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
『シークレット・ガーデン』―日本版 前説
a0054163_01024229.jpg

去年のちょうど今頃、「日本でついに、まさかの、この作品が上演されるそうだ?!」と大騒ぎしていた『シークレット・ガーデン』
結局、東京はシアター・クリエで2回(6月に1回、7月に1回)、そして地方公演の兵庫公演で全楽に1回、計3回も観ることになりました。
3回も観ることになったのは日本公演がものすごく気に入って…ということではなく(すみません、ポジティヴな動機でなくて)、クリエで2回観た際に、2回とも同じだったコリン役の子役の男の子があまりに学芸会演技過ぎて残念だったのと、Wキャストで演じているもう一人の子の方が演技が繊細で良いという評判だったので、コリンの子役をコンプリートしないことには終われない…と、急遽兵庫まで追いかけて行ったためでした。
この作品の主役・メアリー役の子役ちゃんはクリエでWキャストの両方とも観られてコンプリートしていましたので、兵庫まで行く必然性は本当にコリン役ただ一人のためだけに、でした。
やはりこの作品では、子役がものすごく重要。
にも関わらず、日本版では画像を貼った様に、とても残念なポスター&残念なパブリシティになってしまっていましたが。
作品の出来としては悪くなかったと思います(こういう言い方なのも申し訳ないけれど)
あぁ、かえすがえすも作品世界をぶち壊しにするこの残念ポスター…いや、もう言うまい。
こういうポスターにしないと集客を望めないのが、今の日本ミュージカル・ビジネスの現状なのだから。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-07-29 01:00 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
うたき
a0054163_23290386.jpg
今回の沖縄で、私が必ず訪れたかった場所がここ。
否、ここを訪れるために、今回沖縄に行ったと言うのが正しい。
2年前初めて沖縄を訪れた時、首里城でお客さん待ちをしていたタクシーのおじちゃんに「斎場御嶽に行くといいよー」と言われ。
また、ふらりと入った居酒屋の沖縄娘の店員さんにも「斎場御嶽、いいですよぉ~」と薦められ。
そして、前回のトピックでも書いた様に、去年災厄続きだった私には、どうしても訪れたい場所になっていて。

台風7号接近中の中、ここへ行きたいのだと言った私に、レンタカー屋のお兄さんは「お客さん、パワー欲しいんすかぁ?」と言った。
そうなんです。欲しいんです。
と、力を込めて私は答えた。

a0054163_23481076.jpg
御嶽は三方を囲まれた場所で(斎場御嶽は岩で四方を囲まれている形に近い)、その囲まれた一角からはこんな風にエメラルドグリーンの琉球らしい海が臨める。
自然から力をもらうには、そしてその自然の中に存在する何かに対して祈りを捧げるには最高の場所だ。

a0054163_23482375.jpg
斎場御嶽を囲んでいる岩の天井を見上げると、こんな風に立ちはだかる岩の壁と生い茂った草木の間から、空と光が降って来る。
例えようもなく神秘的で、神聖で、それこそ天から崇高な力が降り注いでくるように感じられる。
ここが御嶽とされたことを身を以って感じられる。

a0054163_23483147.jpg
御嶽の中から、岩がお互いを支え合うように重なっている入口を振り返る。
斎場御嶽に常駐しているガイドの人が他のお客さん達に対して、スマホカメラの液晶をかざして、あの三角になっている上方に青い光が見えると良い兆しなのだと説明しているのが聞こえた。
青い光が見えないとしたら、心が清らかでないのだとか何とか。

しばらく、観光客のグループがいたりしてがやがやしていたけれど、静かになるのを待って、ただただここに佇んでいたら、いつの間にか私一人で御嶽の中にいる時間が生まれていた。
心を落ち着けて、目を閉じて手を合わせ、海に、岩に、香炉の置かれている一隅に、祈る。
ただ、静かに祈る。
気持ちが安らぐ時間だった。

a0054163_00170368.jpg
御嶽の敷地内は、人の手が入って管理がされつつ、こんな風に草木が茂って自然に溢れている。
空気の密度がとても濃い。
私が御嶽の入口に足を踏み入れた時から、ここを出るまでずっと、私のそばをクロアゲハがひらひらひらひら舞っていた。
写真を撮ろうとしてカメラを向けると、ふいっとどこかへ行ってしまう。
あきらめてカメラを仕舞うと、またどこからともなく現れて、ひらひらする。
これも何かのご縁だったのだと思う。

a0054163_23503784.jpg
御嶽を出て少し歩いたところにある、農園が営んでいるパーラーで完熟アップルマンゴーがたっぷり入った白くまを頂いた。
じっとりと蒸し暑い中で、これ以上のご馳走はないというくらい、美味しかった。
白くまの向こうには、人が歩いてくる坂の向こうにエメラルドグリーンの海が見える。
写真を撮ろうとしてもたもたしていたら、あっと言う間にかき氷が溶けて、白くまの顔が崩れ落ちてしまった。

斎場御嶽のある南城市から、またレンタカーを運転して那覇市内に戻り、車を返す前にガソリンスタンドに寄った。
ガソリンを入れてもらっていたら、スタンドの若いお兄ちゃんが窓越しに「お客さん、観光ですか?」と尋ねて来た。
そうです、と答えると、「焼けないんですか?すごく白いですけど、本州の人はみんなそんなに白いんですか?」と真顔で訊いて来た。
この日、私はノースリーブで少し胸元も開いたカーキ色のワンピースを着ていた。
二の腕が丸出しになっていたから、尚更そういう風に見えたのだろう。
いえ、今日は屋外を歩いていましたし、これでも少しは焼けているんですよ、と答えながら何だか可笑しくなった。
サイゴンに住んでいた頃、よくこんな風に「白い、白い、どうしておまえは日焼けをしないのだ?」と地元の人たちから問い質されたな、と思い出したのだ。
琉球は、やはり東南アジアに近い南国なのだなぁ、と。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-07-17 00:34 | | Comments(0)
ニライ・カナイ
a0054163_00463899.jpg
こちらをずっとお留守にしておりましたが、こういうところに行っておりました。
ちょうど先週末(もう先々週末?)、6月最後に、1泊2日の弾丸日程で。
あの大被害と大雨をもたらした台風7号がまさに沖縄本島に接近中の時に、ひゅんっと飛んで帰って来ました。
帰って来たら途端に処理しきれない仕事に追われて、家にまで持ち帰って夜中まで仕事していて、何も報告出来ませんでした、すみません。

そもそも、その沖縄の前にはロシア・ナショナル管弦楽団のロシア・チクルスを聴きに行き(ピアニスト反田さんでチャイコのピアノコンチェルト1番)、シアター・クリエで『シークレット・ガーデン』日本版を観に行き、そしてこの週末にはまた東京へ飛んで来日公演の『エビータ』(ラミン・カリムルーがチェ・ゲバラ役)を観て、更にもう一度『シークレット・ガーデン』を観るというバタバタ・スケジュールと言うか、節操のなさでした。
自分でももう少しスケジュール管理何とかしようと思っているところです。

ともあれ。
今回、沖縄へ飛んだのは、わかる人にはわかる御嶽を訪ねるためでした。
昨年、私は仕事でもプライベートでも、様々な災厄が降りかかって来て、友人知人いろんな人から「お祓いへ行け」と非常に古典的なことを言われていたのですが、自分でも流石に自分の力の及ばないところでおかしなことが起こり過ぎるのは敵わない…と思っていたところで。
ただ、私は成人式も厄年のご祈祷も何一つまともにやっていないので(そもそも女性の厄年が何歳なのかさえ知らない)、そんな女が今更神頼みするのもおかしなものだろう…と思って、それならいっそ、アニミズム信仰に近い、自然の中に祈りの場がある沖縄が似つかわしいのではないか、と。
一昨年、昨年と訪れることが出来なかった御嶽を訪ねてみることにしたのでした。

台風接近中で、土砂降りの中あそこへ行っても…と沖縄の人たちにも案じられたけれど、私が行った時にはなぜかぴたりと雨は止み、薄っすら陽まで射してきて、あぁ、私は来るべくしてここへ来たのかなぁ…なんてことまで感じられた素敵な場所でした。
詳しくは、また写真をupします。
『シークレット・ガーデン』のことも、『エビータ』のことも書きたいのだけどなぁ。
そもそも書きたくてずっとうずうずしている『無伴奏ソナタ』のことも書けていないなぁ。
仕事しないで純粋に自分のためだけにPCに向かっていられる時間がほしいです。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-07-09 01:00 | | Comments(2)
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス in大阪
a0054163_02162548.jpg
何回観れば気が済むんだ?という声がどこかから聞こえてきそうですが、矢も楯もたまらず、やはり大阪まで観に行ってしまいました。
『無伴奏ソナタ』
今回の再再演では、これが観納めです。
愛知、松本、大阪と、東へ西へと動き回って、通算3回観ることになりましたが、観納められて良かったです。
大阪では、愛知、松本までとは余白を埋める様な説明的な台詞が足されて、芝居も感情がこもった(ややこもり過ぎた)ものになって、作品そのものがまた変わっていた印象でした。
本日6月24日のマチネを以って、今回の長いツアー公演も大千秋楽を迎えたこの作品。
思うところが色々あり過ぎて(そして時間がなさ過ぎて)、なかなか書けませんでしたが、きちんと記録をまとめておこうと思います。

まずは劇団の皆さん、そして主演の多田さん、グリーティング・ツアーお疲れさまでした。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-06-25 02:22 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
MET Live Viewing アンコール上映!
お知らせです!

声を大にしてお知らせですっ!

a0054163_23481315.jpg

METライブビューイング2018のあの作品やあの作品が、8月から10月にかけてアンコール上映されます!
(今回こそ「もっと早く言って」と言われないように、かなり早めのお知らせ)
東劇と関西(なんば、神戸)、名古屋の3地域になりますが、あのヨンチェヴァの神がかったとも言える様な『TOSCA』がまた観られるのです!
BRAVO!
東劇ばっかり作品数が多くて、昨年亡くなられた名バリトン、ディミトリ・ホヴォロストフスキー出演作が4作も入っていたりするので「きぃぃぃ―――――ッ!」て言いたくなりますが、とにもかくにも、また観られるのです。
あ、東劇も関西もある、ディドナート×フローレスの『セヴィリアの理髪師』も、名古屋だけ飛ばされてる…(涙)
ともあれ、ヨンチェバの『TOSCA』『La Boheme』も観られるので、ぜひ。お見逃しなく。
詳細はこちら

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-06-17 23:58 | 観劇周辺 | Comments(2)
梅仕事
a0054163_00431284.jpg
身近なところの友人知人や、web上でも、梅酒を漬けている人がとても多くて、それらを見聞きしていたら自分でもやってみたい欲求がムラムラと湧いてきてしまって、スーパーで見かけた南高梅を思わず衝動買いしてしまいました。
初めての梅仕事です。
青梅から黄色く色づいて追熟が進みつつある南高梅たち、ごろごろっと2kg。

a0054163_00430690.jpg
梅ってどうしてこんなに可愛らしいのでしょう。
そして、この梅たちがいた部屋は部屋中に甘い匂いがたちこめていて。
たまらない幸せ感。
梅のおへそみたいなところのヘタを爪楊枝でほじり出す作業が楽しくて、黙々とやってしまいました。
こういう頭を使わずに手だけ動かしていれば何かが出来上がって行く単純作業、結構好きです。

a0054163_00505009.jpg
初めて仕込む梅酒なのに、王道のホワイトリカーで漬けず、いきなりこういったものを使ってみたりする。
台所仕事マイスターの友人に、ぎりぎりまで糖度を抑えめにした大人の梅酒の作り方を教えてもらい(梅とアルコールと砂糖の比率ですね)、さて、どのお酒で漬けよう?と思った時に、ラム酒(バカルディ)はぜひ作りたい!と思ったものの、友人から「ジンやウォッカでもキリッとしていいよ」と教えられ、おぉ、それも捨てがたい!と、結局2種類も漬けることにしてしまいました。
どんだけ飲むんでしょ。
と言うより、どんな味になるんだろう?っていう好奇心を押さえられなかったんです。

a0054163_00433627.jpg
瓶に冷凍させた梅と氷砂糖を入れたところ。
綺麗だなぁ…。
梅を冷凍させるのは、糖度を押さえた分浸透圧が下がるのを、予め梅の組織を壊しておいて梅からエキスが出やすくするためです(友人からの受け売り)。
やはり、こういうことを始め、料理って科学なんですねー。

a0054163_00434131.jpg
はい、漬け立ての梅酒瓶がこちら。
まだ氷砂糖&黒糖があまり溶けて来ていない時。
毎日、「美味しくな~れ」とつぶやきながら、全体に糖濃度が均等になるように優しく振っています。
一応、3ヶ月くらい経てば飲めるらしいのですが、飲み頃適齢期は1年後だそうです。
待ち遠しい。
美味しくな~れ。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-06-17 01:04 | 食べもの | Comments(2)
食事療法…の食事
a0054163_01102733.jpg
あの…無伴奏ソナタのレビュを書きたいと思っているのですが。
こちらのブログの更新が進まないこともそうなのですが、こことのところ、体が重くて、頭も重くて、気持ちも重くて、無気力で、立っていられなくて横にならないとしんどくて耐えられないことが多かったのです。
で、それは単純に、歳を重ねて来て体力がなくなってきたのかなぁ~なんてぼんやり考えていたのですが。
(その割に山に行ったりジムに行ったりしているので、体力ないわけない…とも思っていたのだけれど)
先月頭に実施された今年の職場の検診で、しっかり引っ掛かりました。
今までも正常値より少し外れた低空飛行で何とか来ていたのですが。
今年はばっちり正常値より遥かに離れた数値で「医療機関を受診してください」勧告が出ました。
貧血でした。
ヘモグロビン、全然足りておらず、赤血球も血小板も正常値外でした。
中性脂肪も毎年マイナス数値だったし。
あ―――――。
先週、ついに仕事中に立っていられなくなり、座っていても頭と体が重くてお医者さんにかかり、再検査をしたらもっと数値が悪化していて、たんまり鉄剤をもらって帰って来ました。
しばらく、貧血治療です。
すぐには数値は回復しないそうです。
自分でも出来ることはしよう、と貧血対策食。
かつおのたたき、玉葱のスライスと茗荷の刻んだのをたっぷり添えて。
他にも砂肝を焼いたのやら、グリーン・アスパラのソテーやら、納豆やら。
小粒のあさりも買って来て、酒蒸しに。
鉄剤の正しい飲み方を知らず、カフェ・ラテで飲んじゃってた阿呆ですが(タンニンと結合して吸収されなくなっちゃうから、緑茶やコーヒーと鉄分は一緒に摂取してはいけないらしい)、ぼちぼち気長に治していきます。
数値回復して、夏場に山歩き出来るかなぁ…。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-06-11 01:21 | 食べもの | Comments(2)
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス in松本
a0054163_00232790.jpg

大騒ぎしていた通り、この週末・土曜日には長野県松本市まで行ってまいりました。
もちろん、こちらを観るために。
まつもと市民藝術館の入口に2枚並べて掲示されていたこのポスターがあまりにも美しい風情だったので、そのまま写真に収めて来ました。
2枚縦に並べている姿が綺麗だったので、そのままの姿でup。

a0054163_00233871.jpg

まつもと市民藝術館は、サイトウ・キネン・フェスティバル(現セイジ・オザワ・松本フェスティバル)の主会場にもなっている、とても美しいホール。
小ぢんまりした馬蹄形の本格クラシックホールで、素晴らしい音の響きでした。
松本市の市民規模と集客を考えると、このホールを維持・運営していくのはちょっと厳しいものがあるだろう…とは思ってしまったけれど。
(市民から「税金の無駄遣い」という反対意見も多いらしい、と聞き、いたく納得)
この外観、よーく見ると、グランドピアノの形を模している…様に見える。
コンサートグランドの長い弦の部分がせり出している曲線の部分ね。

a0054163_00583079.jpg
こちらの角度の写真だったら、グランドピアノっぽさが伝わるかしら。
せり出した弦の部分を支える何本かの足も、ちょっとグランドピアノっぽいでしょ。

a0054163_00234654.jpg

建物内に入ると、主ホールに続くアプローチはこんなゆったりした造りの美しい大階段になっています。

a0054163_00235273.jpg

こちらは主ホールのフォイエ。
カーペットの色も、朱色の木材の壁も、薄っすらしたエメラルドグリーンの様なすりガラスも、すべてが美しい。
建築家・伊東豊雄氏のディザインによるものだそうです。

a0054163_00250622.jpg

しつこい様ですが、ポスター。
そんな素敵なホールで観るこの作品は、またひときわ違った味わいがありました。
先週、愛知で観た時にも感じていたことだけれど、私にはこの作品、『JESUS CHRIST SUPERSTAR』(ジーザス・クライスト・スーパースター)にも通じる様な、孤独な天才 VS 愚かな民衆の図式が非情に色濃く感じられて。
ただ、そういった文脈で劇評を書かれている方がどなたもいらっしゃらないので(私の見聞きした範囲では)、私はその辺りからこの作品について感想を書いてみたいと思います。
また、明日。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-06-05 00:40 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(2)
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス
a0054163_02292228.jpg
金曜日の夜、1週間仕事して疲れ果てた体を引きずって何とかこちらを観て来ました。
で、早めに書いておいた方がいいと思うので、取り急ぎでこれだけは書きます。

まだ、6月2日(土)14:00 まつもと市民芸術館 (長野県松本市)
   6月23日(土)、24日(日) サンケイホールブリーゼ (大阪・梅田)
と公演があります。
お時間があって、ご都合がつく方、無理をすれば何とかなる方。

無理をしてでも観た方がいいです!

観逃すと、この先どこかできっと後悔します。
今度いつ再演されるかもわからないですし、現キャストが揃うかもわからないので。
私は、この作品の初演の2012年は東京と神戸公演だけだったので、遠征してまでは観ず、再演の2014年には愛知公演もあったのに(今は無き名鉄ホールで)NYへ行く直前で予定が立てにくかったため観ず、今回の再再演まで観逃して来ていました。
それを今回、激しく後悔しました。

ストーリーは、予習していかない方がいいです。
インタビューや観劇ルポ等も読まない方がいいです。
予備知識なしの真っ新の状態で観た方が、より響く作品です。

これだけは知っておいても大丈夫なのは、幼児期の素質により国から職業を決定されるシステムの近未来のアメリカが舞台になったSF作品だということ。
少し不条理小説に近い、アメリカのSF作家オースン・スコット・カードの同題原作を舞台化した作品です。
音楽の天才が、もし音楽を禁じられたら―――?
タイトルになっている『無伴奏ソナタ』はもちろんバッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』
でも、この曲が舞台のメインになっているわけではなく、ほんの一瞬流れるのみ。
とても効果的に。

何が良かったかって、主役クリスチャンを演じる多田直人さんがものすごく高度に研ぎ澄まされた芝居をしていること。
ここ何年か私はキャラメルボックスの舞台から離れていたのですが、よく観ていた頃に入団してその頃はまだ脇で舞台に立っていた多田さんが、いつの間にか主役でこんなにも凄い芝居をする役者さんになっていたことに心底驚きました。
彼の渾身の演技、鳥肌が立つほどに凄まじいです。
最後の最後まで観ると、それがわかります。
震えます。
黄金の斧か何かで頭をガ―――ン!と打たれた様な気になります。

あの多田さんの演技がもう一度観たくて、帰宅するなり松本公演のチケットを押さえてしまいました。
大丈夫か、私。
こういう時だけチーターの様な瞬発力を発揮するのです。
あ、でも、松本なら首都圏の方も東海圏の方もアクセスしやすいですね。
大阪公演は関西圏の方はもちろん、首都圏の方も新幹線に乗ればすぐです(笑)
私も大阪公演の千秋楽まで行っちまいそうな勢いです。
ぜひ。
ただこれはお断りしておきますが、決して明るく楽しいお話ではありません。
それだけはご了承の上で、ぜひ。

ぴあでもローソンでもセブンでも、今ならまだチケット、どこでも買えるはずです。
キャラメルは当日券も出してくれることが多いです。
どうしても残席が少なくて出ないことも稀にありますが、だいたい大丈夫です。

Fri Evening May.25 2018 東海市芸術劇場

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-05-27 03:19 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート
a0054163_23401690.jpg
GW明けてからも忙しい~!とぜーはー言っているくせに、これだけは執念で行ってまいりました。
またもや東京1泊2日で、『JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT』
5月12日土曜日も13日日曜日も、両日ともまいりました。
私は地方在住で、日曜日は夕方にはお家に帰りたかったので、両日ともマチネで2公演のみ、でしたが。
中には4公演すべて通われた方もいらっしゃったようですよ。
そこまで中毒性があるのですよ、日本版のJBは。
詳しい内容等はまた週末になんとか書きたいのですが。
幸運にも、初日の初回に参加したおかげで、メディアを入れての初日舞台挨拶&撮影に立ち会うことが出来ました。
でもって、コンサートの間も舞台挨拶も、ず―――っとず―――っと、ピロシ(矢崎広くん)とジャイアン藤岡(藤岡正明さんね)ばっかり観て聴いていたことを告白しておきます。
もうもうもう、ほぼ二人しか目に入らないような状態でした。
だって、伝説のREDチームですもの。
ジャイアン藤岡は、コンサートは出ても再演には出てくれないし。
あ、あっきーのことは、もちろん観ていますが。
ピロシが、初演の時からは想像もできないほど、歌が上手くなって、しかもセクシーさまで兼ね備えたすんごいイケメン・ジャージーになっていました。

コンサート後に怒涛のようにツイートした内容をここに貼れればいいのですが、貼り方がわからないので(おい)、またまとめます。

[PR]
# by bongsenxanh | 2018-05-16 23:50 | 観劇周辺 | Comments(0)




AX