今回の収穫
a0054163_125749.jpg

機内で観た映画
『Bridge of Spies』、『The Intern(邦題:マイ・インターン)』、『顔のないヒトラーたち(原題:Im Labyrinth des Schweigens=沈黙の迷宮の中で)』、『バクマン。』
『顔のないヒトラーたち』、公開時に映画館で観られなかったので(わが県では、単館の小さなところのみの限定上映だった)、タイミングよく機内で。
とても重い映画なのだけれど、観られて良かった。
1963年のアウシュヴィッツ裁判まで、第二次大戦後のドイツではホロコーストがほとんど認知されておらず、むしろ「臭いものに蓋」の考えで隠ぺいされようとしていた、更に旧ナチスの幹部や党員たちが普通に政府の要職や公職に就いて実権を握っていた――ということが驚きだった。
知らないということは、そういうこと。
そしてあの時代にホロコーストに関わった人々を糾弾するということは、即ち自分の父や祖父たちを糾弾するということだったのだ、ということもまた、厳然たる事実であり。
この映画を観ながら、我が身、我が国に置き換えて、東京裁判とその後のことを考えずにはいられなかった。

観た舞台
『Spring Awakening』×3、『SOMETHING ROTTEN!』、『The Phantom of the Opera』
3日で5本観たら、まぁ頑張った方ではないかと。
と言うか、Deaf Westによる『Spring Awakening』をもう一度観られた…と言うより3回も観られた、というだけでもう十分なのです。
幸せなのです。
今月24日までの期間限定公演です。
あと1週間で終わってしまいます。
今週、NYに滞在予定で機会のある方はぜひ。
あ、clip貼っておこう。
こんな感じの舞台なのです。
あぁ、Austinが舞台奥から椅子を乗り越えながら"B**ch of Living"歌ってセンターに歩いて来るところもある…"Totally F***ed"で両手で中指のところもある…くぅ――…!!
やっぱりAustin、好きだ…(すみません、かなりおかしくなっています)


[PR]
by bongsenxanh | 2016-01-18 01:29 |   -NY'16 | Comments(0)


<< 『Lulu』 MET Live... coming home >>


AX