Hitori Sugarまたの名をかけすぎジャンボリー notes
a0054163_1372758.jpg
シカオちゃんのLive…ずっと行きたいと思い続けて来たHitori Sugar、ついに参加出来ました。
それも、「シカオちゃん、こんな小さいハコでやるの?本当に?」って思うくらい、小さなハコで。
公表しているキャパは300人なのだけど、ここ、まだプロ・デビューしていないインディーズの人たちがLiveをやる様なところです。
実際に足を踏み入れてみて、その狭さに本当に驚きました。
シカオちゃん…ありがとう、こんな小さいところでまでやってくれて。
本人も言っている通り、「ファンクラブのミーティングくらいのつもりでやることにした」今回のLiveなので。
私史上最も近い距離で、シカオちゃんの姿を見て、シカオちゃんの歌を聴きました。
あんなに間近で生歌を聴けるだなんて。
本当に感謝。

色々書きたいことは沢山あるのだけれど。
そして、シカオちゃんもMCで色んなことを沢山話してくれたのだけれど。
とりあえず今日は、覚えているだけのセットリストを載せておきます。



1. ふるえる手
2. 海賊と黒い海
3. 19歳
4. Hop Step Dive
5. 愛について
6. アイタイ
7. progress
8. 真夜中の虹
9. アストライド
10. Festival(ここすごく曖昧)
11. 午後のパレード
12. Re:you

Festival以外は曲順までものすごく鮮明に覚えていて、「全部で12曲やった!」というのもはっきり覚えているので、ほぼ間違いないかと思うのだけれど。
Festivalだけ、やったかやっていないかさえ、すごく曖昧。
でも、午後のパレードに行く時に、シカオちゃんが「次に"黄金の月"に行ったりはしないんだなー」っていう振りをしたので、黄金の月をやらなかったのは確かだし、定番のコノユビトマレも奇跡もなかったので、多分そうだと思う。
今日一番嬉しかったのは"愛について"で、イントロのギターのコードを聴いただけで、ちょっと涙が出そうになったくらい。
シカオちゃんのギターソロで、生で、至近距離でこの曲を聴けるって、なんて幸せなんだろう。
あと、"19歳"もとっても嬉しかった。
まさかHitori Sugarでこの曲をやるとは思っていなかったし、今までとは大分アレンジを変えて、「クロアゲハチョウのようになって」のコーラスをサンプリングでリピートして使ってて、ギターのエフェクターのかけ方なんかもめっちゃカッコ良かった。
今日はこの2曲で脳の中がぶっ飛んだ感じでした。
あと、アイタイ、progress、午後のパレードが私の中では白眉だった。

シカオちゃんのMCについては、また明日。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-02-21 02:05 | 音楽 | Comments(0)


<< 温かいところへ 『オペラ座の怪人』―濃厚過ぎて... >>


AX