青の光景 CONCERT TOUR 2016
a0054163_23482338.jpg
秦くんのLiveへ行って来たのです。
行けて良かった。
ここのところの多忙も重なって体調がものすごく悪く、行くのを止めようかとさえ思ったけれど。
何とか行けて良かった。

青の光景(初回生産限定盤)(DVD付)

こちらのアルバム全国ツアーですね。
秦くんのLiveは約2年振り。
去年の河瀬監督の映画『あん』公開イベント『水彩の月』からは約1年振り。

あぁ…もう何から書いたらいいのかわからないくらい、すべてが良かった。
最初、秦くん、ちょっとお疲れ?と思ったけれど、すぐにそれは気のせいだったとわかるくらいに、よく伸びる、耳と心にびんびん響く歌声。
マイク音量、ちょっと大きめに設定はしてあったけれど。それを差し引いても。
コンサートからの帰途、車の中でCDをがんがん聴きながら走らせて来たのだけれど、生で秦くんの歌声を聴いた後だと、CDの音はペラペラで薄っぺらく聞こえてしまいますね。
秦くんの生声、上手さと迫力が全然違うのです。



Liveが始まって割とすぐに『花咲きポプラ』『鱗』もやってしまったので、え、いいの?そんな目玉曲をこんな前に持ってきちゃって?と思ったのだけれど、それだけ秦くんはアルバムも曲数も増えて層が厚くなってきたということなのですよね。
全体的にたっぷりたっぷり聴かせてくれる構成になっていました。
(セットリストは色んなところに転がっていますので、そちらで。ツアー中、どこの会場も同じセトリみたい)

中でも、『鱗』の後にギター1本で弾き語りで歌った『美しい穢れ』がものすごく聴かせた。
この曲、アルバムの中で聴く時には、私はどちらかと言うと避けて通ってしまう曲だったのだけれど、liveで、秦くんのギターと生声で聴くと、全然違いました、印象が。
心の奥底までびんびん訴えかけてくる。
凄いなぁ…と。
こういうところが、音楽の、生で聴かなければわからないところ。

あとね、やはり『水彩の月』は格別で。
私がこの曲を好きなのもあるのですが。
こんなにも物狂おしく、苦しいまでに切なくなる曲も、ちょっと他にないのではないか、というくらい。
じんわりしながら、しんみりしながら聴いていたのですが。
大サビの
♪ただそこにある それだけでいい 君が教えてくれた美しさ
 生きてくことに 意味があるなら ただひたむきであれたら

のフレーズで、はらはらと何かが決壊しそうになって。
歌い終わった後に、秦くんも何だかしんみりしながら
『水彩の月』を歌うと…思い出しますね。アスナル金山で。
 去年、映画『あん』のイベントでこの曲を歌わせてもらったのですが」
と、さらっと言って。
会場が名古屋だから、リップサービスもあったかとは思うのだけれど、秦くんもあのイベントの時のことを覚えているんだなぁ…と。
私も何だかつい最近のことのように覚えているのです。
陽射しの強い、去年の6月の日曜日のことを。

新曲『スミレ』で、秦くんが皆で踊れる曲をやってみたかった、そういうのを企画会議で出してみて、この曲には振りがついた、というようなことを言っていて、それを皆でやってみよう!と秦くんが先生役になって振り指導をしたのだけれど。
まー、これがなかなか…(笑)
曲が終わった後、秦くんも「ごめん!先生が悪かった!いや、皆上手だったから!」と言い訳めいたことを言っていましたが。
PV、こちらです。振りもついています。



このスミレの精みたいなgirlsが躍っている振りを皆でするのですね。
♪Oh Baby, Suddenly~~~!のところからね。
♪君が消えないように
のところの、スミレの手話が難しいのですね。
あと、曲に合わせるのが。
でも楽しかった。
それにしても、秦くんの「君が消えないように」の歌い方がめちゃめちゃ可愛かった…!!!
録音音源とは、生だと歌い方と言うか、語尾が微妙に違うのです。
可愛いのです!!!
秦くんのあの♪君が消えないようにを聴くためにもう一度Liveに行きたいっ!!
ダフ屋からチケットを買ってでも行きたいっ!!
何としてでも行きたいっ!!
あぁ、東京国際フォーラムのファイナル、行けないかしら…<かなりおかしくなってる
『スミレ』『キミ、メグル、ボク』以来のすごくPOPで可愛らしい春歌ですね。

そう言えば、今回は結構初めてのお客さんが多かった様なのだけれど(『ひまわりの約束』効果なのかなぁ。TVの露出も増えてるしなぁ)、
秦くんが「初めての方、どうですか実物は。実物、シュッとしてるでしょ。TVだとね、ほら、横に膨らんで見えるから。実物はシュッとしてるんですよ」って言ってたのが可笑しかった。
更に、「実物はシュッとしてるハッシュタグで」って言ってたのも。
その割に、アンコールでツアーTシャツに着替えて出て来た時は「XL!」って自分で言っちゃってたし。
秦くん、相変わらずMC面白いんだよなぁ。
そんなにウケを狙ってるわけでもなく、ぼそぼそっと喋るのだけど、面白い。

そして、『青の光景』というアルバムについて、作っている時に「青」という色のイメージを思い描いて作っていて、自分は詞と曲を作って歌って、それが自分のイメージしたものそっくりそのままには皆のところには伝わらないかもしれないけれど、でもその自分の曲から聴いた人に何かの色が残って、何かが伝わって何かを残せたら、それは自分としては意味のあることだったのではないか、と思ってやっていて、そうあれたら非常に嬉しい、というようなことを語っていて。
言葉は少し違ったかもしれないけれど、そんな様な内容のことを。
秦くんは、ただ自分の言いたいこと、歌いたいことだけを主張するのではなく、常に相手の心に届くこと、伝わることを意識している作り手なんだなぁ…ということをとても感じました。
人に相対する時の真摯さみたいなものも。

名古屋にまた来れた、というところから、今回の熊本のことにも触れて、こうしたことがなければいつもの日常がどれほど大切か気づきにくいことも、そして当たり前の日常がどれほど危うい中で成り立っているかということも、ぽつぽつと語っていて。
全国ツアーをやらせてもらうと、皆さんが日常を営んでいるその場所に、自分が入って行くことになって、その日常に入らせてもらった中に、何か色を残せたとしたらとても嬉しい、と。
また皆に会えるように歌っていきます、と話していました。
本編の最後にも、そしてアンコールの最後にも、すごく感慨深そうに会場を見つめて、舞台を歩き回りながら全方向に向かって両手をいっぱいいっぱい振っていました、秦くん。
ありがとう、来てくれて。
声を聴かせてくれて。

ちょびっとだけ残念だったのは。『Girl』がなかったこと。
『グッバイ・アイザック』はやったのにな。
聴きたかったな。
あと、『Honey Trap』も聴きたかったな。
『Honey Trap』じゃなくても、『ひとなつの経験』でも良かったのだけど。
何か、背徳セクシャル系のナンバーも、聴きたかったのです。
全体としては、十分満足して幸せ気分で帰って来ましたけれどね、もちろん。
[PR]
by bongsenxanh | 2016-04-18 00:02 | 音楽 | Comments(0)


<< 『The Danish Girl』 生きて…ます >>


AX