古謝そば
a0054163_00053141.jpg
突如として語り始めます、宮古島の思い出。
雨と強風ばかりでしたが、食べるものは食べていました。
こちらはソーキそば。
宮古島と言えば必ず紹介されている古謝そば屋さんで到着早々いただきました。
遅めのお昼ご飯に。

a0054163_00074744.jpg
お店の前で並んでいるお客さんが他にもいっぱいいて、こんなにんまり笑っているシーサーがいっぱいいる玄関先でしばらく待ちました。
20分強は待ったかなぁ。
待つのが嫌いな私にしては、待ちました。
だって他にオプションがなかったんですもの。
宮古島、そんなに食べるお店が多くなくて、選択肢は限られているのです。

a0054163_00093263.jpg
ようやくお店に入れて、案内されたカウンター席(中庭?に面した、窓際のお席があるのです。立派な一枚板のバー・カウンターみたいなテーブルが素敵)に座ると、こんな傘差したカエルくんのオブジェと味のある手書きのメニュー表。

a0054163_00094138.jpg
こちら、ソーキそばセット。
ソーキそばに、じゅーしー(沖縄では炊き込みご飯や混ぜご飯をこう呼ぶそうだ、"ぞうすい"が沖縄訛りになったものだそうだ)や昆布の和え物やもずく酢がついてくる。
沖縄の体にやさしいものづくしで嬉しい。
ただ、旅に出ると肉食になる私にとって、ソーキがちょっと小さくて物足りなかった。
もっとど―――ん!とでっかいソーキが肉肉しく乗っていて欲しかった。
セットだからね、ソーキそばが控えめサイズなのよね。
去年、那覇の空港近くの東江(あがりえ)そばで食べた三枚肉と本ソーキと軟骨ソーキが乗っかったそば、肉たっぷりで美味しかったなぁ。

[PR]
by bongsenxanh | 2017-12-12 00:19 | | Comments(2)
Commented by Kcouscous at 2017-12-27 10:07
寒い寒い雪の日、ハノイや宮古島の南国風景とおいしそうな食物の数々を羨望の眼差しで眺めているところ^^
那覇のコンビニで初めて「ふーちばじゅーしー」のおにぎりを見たときは衝撃的だったので、名前をしっかり覚えましたが、「じゅーしー」が「ぞうすい」のなまったものとは知りませんでした。面白いですね。
「東江そば」も知らなかったので、次回はきっと訪ねてみます。情報ありがと〜。
Commented by bongsenxanh at 2017-12-28 00:50
♪Kcousさん

もう本当に寒くて寒くてやってられないですね―――!
温かいと言われる太平洋側の東海地方でこれなので、Kcousさんのおわす雪国はいかばかりかと…想像するのも恐ろしいです><
私も自分の撮った写真を「あぁ、やっぱり南国っていいなぁ…」と眺めております。
じゅーしー、最初は何のことかと思いますよね。
私なんか、マンゴージュースでも出て来るのかと思っちゃいましたもん(笑)
逆に沖縄の人たちはじゅーしーがそのまま本土で通じる標準語だと思っているとかいないとか。
東江そばはぜひぜひ行ってみてください!
数少ない経験ですが、今のところ私が食べた沖縄そばの中でナンバーワンです!
チェーンなのかと思っていたら、浦添と那覇の空港近くの2店舗しかないそうで、うちな~んちゅにも人気だそうですよー!
あ、近々南国物産が届きますので、お楽しみに^^


<< Daddy Long Legs 南の島の、そのまた離島へ >>


AX