うたき
a0054163_23290386.jpg
今回の沖縄で、私が必ず訪れたかった場所がここ。
否、ここを訪れるために、今回沖縄に行ったと言うのが正しい。
2年前初めて沖縄を訪れた時、首里城でお客さん待ちをしていたタクシーのおじちゃんに「斎場御嶽に行くといいよー」と言われ。
また、ふらりと入った居酒屋の沖縄娘の店員さんにも「斎場御嶽、いいですよぉ~」と薦められ。
そして、前回のトピックでも書いた様に、去年災厄続きだった私には、どうしても訪れたい場所になっていて。

台風7号接近中の中、ここへ行きたいのだと言った私に、レンタカー屋のお兄さんは「お客さん、パワー欲しいんすかぁ?」と言った。
そうなんです。欲しいんです。
と、力を込めて私は答えた。

a0054163_23481076.jpg
御嶽は三方を囲まれた場所で(斎場御嶽は岩で四方を囲まれている形に近い)、その囲まれた一角からはこんな風にエメラルドグリーンの琉球らしい海が臨める。
自然から力をもらうには、そしてその自然の中に存在する何かに対して祈りを捧げるには最高の場所だ。

a0054163_23482375.jpg
斎場御嶽を囲んでいる岩の天井を見上げると、こんな風に立ちはだかる岩の壁と生い茂った草木の間から、空と光が降って来る。
例えようもなく神秘的で、神聖で、それこそ天から崇高な力が降り注いでくるように感じられる。
ここが御嶽とされたことを身を以って感じられる。

a0054163_23483147.jpg
御嶽の中から、岩がお互いを支え合うように重なっている入口を振り返る。
斎場御嶽に常駐しているガイドの人が他のお客さん達に対して、スマホカメラの液晶をかざして、あの三角になっている上方に青い光が見えると良い兆しなのだと説明しているのが聞こえた。
青い光が見えないとしたら、心が清らかでないのだとか何とか。

しばらく、観光客のグループがいたりしてがやがやしていたけれど、静かになるのを待って、ただただここに佇んでいたら、いつの間にか私一人で御嶽の中にいる時間が生まれていた。
心を落ち着けて、目を閉じて手を合わせ、海に、岩に、香炉の置かれている一隅に、祈る。
ただ、静かに祈る。
気持ちが安らぐ時間だった。

a0054163_00170368.jpg
御嶽の敷地内は、人の手が入って管理がされつつ、こんな風に草木が茂って自然に溢れている。
空気の密度がとても濃い。
私が御嶽の入口に足を踏み入れた時から、ここを出るまでずっと、私のそばをクロアゲハがひらひらひらひら舞っていた。
写真を撮ろうとしてカメラを向けると、ふいっとどこかへ行ってしまう。
あきらめてカメラを仕舞うと、またどこからともなく現れて、ひらひらする。
これも何かのご縁だったのだと思う。

a0054163_23503784.jpg
御嶽を出て少し歩いたところにある、農園が営んでいるパーラーで完熟アップルマンゴーがたっぷり入った白くまを頂いた。
じっとりと蒸し暑い中で、これ以上のご馳走はないというくらい、美味しかった。
白くまの向こうには、人が歩いてくる坂の向こうにエメラルドグリーンの海が見える。
写真を撮ろうとしてもたもたしていたら、あっと言う間にかき氷が溶けて、白くまの顔が崩れ落ちてしまった。

斎場御嶽のある南城市から、またレンタカーを運転して那覇市内に戻り、車を返す前にガソリンスタンドに寄った。
ガソリンを入れてもらっていたら、スタンドの若いお兄ちゃんが窓越しに「お客さん、観光ですか?」と尋ねて来た。
そうです、と答えると、「焼けないんですか?すごく白いですけど、本州の人はみんなそんなに白いんですか?」と真顔で訊いて来た。
この日、私はノースリーブで少し胸元も開いたカーキ色のワンピースを着ていた。
二の腕が丸出しになっていたから、尚更そういう風に見えたのだろう。
いえ、今日は屋外を歩いていましたし、これでも少しは焼けているんですよ、と答えながら何だか可笑しくなった。
サイゴンに住んでいた頃、よくこんな風に「白い、白い、どうしておまえは日焼けをしないのだ?」と地元の人たちから問い質されたな、と思い出したのだ。
琉球は、やはり東南アジアに近い南国なのだなぁ、と。

[PR]
by bongsenxanh | 2018-07-17 00:34 | | Comments(0)


<< 『シークレット・ガーデン』―日... ニライ・カナイ >>


AX