フィンランド・デザイン展
a0054163_21332242.jpg
連休最終日、お天気が良ければもう一度山へ行きたいと思っていたのですが、鈴鹿は今日もやはり雲に覆われており。
加えて中部地方も午前中は黄砂に覆われるという予報&実際の煙り具合。
というわけで、予定変更して愛知県美術館へフィンランド・デザイン展を観に。

a0054163_21354152.jpg
工業製品がずらっと展示されているかの様な、美術品の展覧会と言うよりは、展示即売会とかショールームに近い感じの展示だったのですが、撮影OKだったのは、このマリメッコのファブリックのスペースのみ。
皆さん、ここでカシャカシャ撮っていました。
海外の美術館に慣れてしまったせいか、はたまたつい先日メトロポリタンへ行って来たばかりだからか、写真撮影不可ということに違和感を覚えてしまいました。
加えて、展示してあるの、いつも見慣れているカイ・フランクのカルティオとかだし。
しかもヴィンテージとかレアものとかではなく、我が家でも普通に使っている普及品だし。

a0054163_2141081.jpg
マリメッコのファブリックの中で一番いいな、と思ったのはこの中央のお花のもの。
グッズで、これのマスキング・テープを売っていて、買おうかどうしようか随分迷ったのだけれど、結局買わずに帰って来てしまいました><
長くマリメッコでデザイナーをしていたマイヤ・イソラの色彩感覚はヴィヴィッドだけれど、どぎつくなくて、極東アジアの日本のそれとは明らかに違って新鮮。
日本で自然なり草花なりを描くと、こうはなりませんよね。

a0054163_21431853.jpg
展示室を出たところにエーロ・アールニオのボール・チェアが置かれていて、「どうぞ、ご自由におかけ下さい」状態だったので♪わ~~~い!!!とばかりに座りました!
頭まですっぽり収まる感覚がなんとも心地良い。
ちょっとコクピット感覚ですね。

a0054163_21454234.jpg
アールニオのチェア以外にも、イヌ?キリン?のチェア(ロディみたいなやつね)やアルヴァ・アアルトのスツール60なんかもあって、「ご自由に遊んでください」な感じだったのですが、どうもキッズ・スペースっぽくて、私は大人なので、遠慮しました。

カイ・フランクもオイバ・トイッカもハッリ・コスキネンもアルヴァ・アアルトも大好きなのに、今日までフィンランドがスウェーデンやロシアに侵略され翻弄されてきた歴史を持つ国だということを知らずにいました。
(いえ、薄々は感じていたけれど、詳しく知ろうとはして来なかった)
けれど、デザインや美術は、当然その国の歴史や民族や国民性や、そしてその国が持つ自然とは密接に結びついているものだと。
そういった土壌なしには美術は生まれて来ないものなのだと。
改めて、強く感じたデザイン展でした。

でも、ちらっと前述した様に展示されているテーブル・ウェア類やオイバのバードはヴィンテージやレア物がほとんどなく。
もう少し、展覧会でなければ観られないような門外不出的なものが観たかった…という気も。
日本でイッタラの総代理店となっているスキャンデックスさんにはもっと頑張って欲しかったです。
ちょっと手抜き感がなきにしもあらず。
あ、でも、カイ・フランクのセクションに、ちょっとレアな昔のテキスタイルの生地が3つほど展示してあって、それには惹かれました。
名前をメモして来れば良かったのだけれど、タイトルを忘れてしまった…おみなえしみたいな花をデザインしたマスタード・イエローみたいな色の生地が、とても素敵でした。
[PR]
by bongsenxanh | 2017-05-07 22:23 | 美術 | Comments(0)


<< My favorite cho... 『3月のライオン 後編』―映画... >>


AX