久々の南八ヶ岳―編笠山&権現岳
a0054163_21303225.jpg
あまりにも更新が進まないので…取り急ぎ、8月30日に上った南八ヶ岳の編笠山&権現岳だけでもupを!
本当は北アルプスの燕岳~大天井岳か、常念岳~蝶ヶ岳か、大本命の爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳か、ともかく北アルプスの縦走に行きたかったのだけれど。
活発化してきた秋雨前線のせいで雨天続き。
ほんの少し晴れそうだった八ヶ岳の日帰りでお茶を濁したのでした。
南八ヶ岳方面へ行くのは、師匠に初めて山に連れて行ってもらった2009年秋の硫黄岳以来。
実に約10年近く振りの八ヶ岳でした。
それもやはり、「いつも同じところへ行ってないで、たまには新規開拓したら?」という師匠の言葉に従って、だったのですが。
これは権現岳のピークを踏んだ後に三ツ頭方面まで下って来て、振り返って改めて見た権現岳。
こうして見ると険しくてなかなか格好いい山ですよね、権現岳。

a0054163_21301296.jpg
こちらは権現岳にアタックする手前にある編笠山。
山頂の足元はこんな風に岩がごろごろしていて、向こうにはこれから向かう権現岳がそびえています。
うん、なかなかいいルートだ。

a0054163_21304754.jpg
歩き始めはそこそこいいお天気だったのに、権現山頂に着いた時にはこんな感じで辺り一面ミルク色のガスに包まれていました。
と言うか、南八ヶ岳の麓の小淵沢市街は晴れているのに、山頂だけガスがかかっちゃっていたのです。
高い山ではありがちなことですが、残念。
ちなみにこの岩の向こう側は絶壁になっているので、こんなガスガスで強風の時には覗き込みません。

a0054163_21310069.jpg
八ヶ岳は高山植物の豊富な山です。
私の大好きな濃い青紫色のトリカブトが。
トリカブト、たくさん群生していました。

a0054163_21311866.jpg
クロユリもまだ残っていました。
花が開いていなくて、蕾になっていますが。

a0054163_21312698.jpg
ナナカマドがもう色づいてきています。
緑の山中で紅が生えますね。

a0054163_21313644.jpg
日本のエーデルワイスと言われているミネウスユキソウ。
初めて見ました!

a0054163_21532297.jpg
山頂直下の岩にへばりつくようにして植生している苔が、輝くような黄緑色でとても綺麗でした。
こういう苔が何だか好きなんだなぁ。

a0054163_21314731.jpg
イワオトギリ…で合っているかなぁ。

a0054163_21321281.jpg
セリバシオガマ。
水芭蕉みたいな形の花びらがちょんちょんちょんちょん、と並んでついて咲いていて、可愛らしい。

a0054163_21320453.jpg
ヤマハハコ。
麓のものはもう枯れかけでしたが、山頂直下のものはまだ瑞々しくて元気でした。

a0054163_21315549.jpg
そして、アザミ。
タムラソウじゃないと思う、多分。

秋を感じるトウヤクリンドウはまだ見なかったけれど、それでも夏の終わりを感じる花たちでした。
あー、北アルプスにはいつ行けるかしら。
台風と雨ばっかり…。

[PR]
by bongsenxanh | 2018-09-15 21:48 |   -山 | Comments(0)


<< 桃 ささっと走り書きの近況報告 >>


AX