<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス
a0054163_02292228.jpg
金曜日の夜、1週間仕事して疲れ果てた体を引きずって何とかこちらを観て来ました。
で、早めに書いておいた方がいいと思うので、取り急ぎでこれだけは書きます。

まだ、6月2日(土)14:00 まつもと市民芸術館 (長野県松本市)
   6月23日(土)、24日(日) サンケイホールブリーゼ (大阪・梅田)
と公演があります。
お時間があって、ご都合がつく方、無理をすれば何とかなる方。

無理をしてでも観た方がいいです!

観逃すと、この先どこかできっと後悔します。
今度いつ再演されるかもわからないですし、現キャストが揃うかもわからないので。
私は、この作品の初演の2012年は東京と神戸公演だけだったので、遠征してまでは観ず、再演の2014年には愛知公演もあったのに(今は無き名鉄ホールで)NYへ行く直前で予定が立てにくかったため観ず、今回の再再演まで観逃して来ていました。
それを今回、激しく後悔しました。

ストーリーは、予習していかない方がいいです。
インタビューや観劇ルポ等も読まない方がいいです。
予備知識なしの真っ新の状態で観た方が、より響く作品です。

これだけは知っておいても大丈夫なのは、幼児期の素質により国から職業を決定されるシステムの近未来のアメリカが舞台になったSF作品だということ。
少し不条理小説に近い、アメリカのSF作家オースン・スコット・カードの同題原作を舞台化した作品です。
音楽の天才が、もし音楽を禁じられたら―――?
タイトルになっている『無伴奏ソナタ』はもちろんバッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』
でも、この曲が舞台のメインになっているわけではなく、ほんの一瞬流れるのみ。
とても効果的に。

何が良かったかって、主役クリスチャンを演じる多田直人さんがものすごく高度に研ぎ澄まされた芝居をしていること。
ここ何年か私はキャラメルボックスの舞台から離れていたのですが、よく観ていた頃に入団してその頃はまだ脇で舞台に立っていた多田さんが、いつの間にか主役でこんなにも凄い芝居をする役者さんになっていたことに心底驚きました。
彼の渾身の演技、鳥肌が立つほどに凄まじいです。
最後の最後まで観ると、それがわかります。
震えます。
黄金の斧か何かで頭をガ―――ン!と打たれた様な気になります。

あの多田さんの演技がもう一度観たくて、帰宅するなり松本公演のチケットを押さえてしまいました。
大丈夫か、私。
こういう時だけチーターの様な瞬発力を発揮するのです。
あ、でも、松本なら首都圏の方も東海圏の方もアクセスしやすいですね。
大阪公演は関西圏の方はもちろん、首都圏の方も新幹線に乗ればすぐです(笑)
私も大阪公演の千秋楽まで行っちまいそうな勢いです。
ぜひ。
ただこれはお断りしておきますが、決して明るく楽しいお話ではありません。
それだけはご了承の上で、ぜひ。

ぴあでもローソンでもセブンでも、今ならまだチケット、どこでも買えるはずです。
キャラメルは当日券も出してくれることが多いです。
どうしても残席が少なくて出ないことも稀にありますが、だいたい大丈夫です。

Fri Evening May.25 2018 東海市芸術劇場

[PR]
by bongsenxanh | 2018-05-27 03:19 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート
a0054163_23401690.jpg
GW明けてからも忙しい~!とぜーはー言っているくせに、これだけは執念で行ってまいりました。
またもや東京1泊2日で、『JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT』
5月12日土曜日も13日日曜日も、両日ともまいりました。
私は地方在住で、日曜日は夕方にはお家に帰りたかったので、両日ともマチネで2公演のみ、でしたが。
中には4公演すべて通われた方もいらっしゃったようですよ。
そこまで中毒性があるのですよ、日本版のJBは。
詳しい内容等はまた週末になんとか書きたいのですが。
幸運にも、初日の初回に参加したおかげで、メディアを入れての初日舞台挨拶&撮影に立ち会うことが出来ました。
でもって、コンサートの間も舞台挨拶も、ず―――っとず―――っと、ピロシ(矢崎広くん)とジャイアン藤岡(藤岡正明さんね)ばっかり観て聴いていたことを告白しておきます。
もうもうもう、ほぼ二人しか目に入らないような状態でした。
だって、伝説のREDチームですもの。
ジャイアン藤岡は、コンサートは出ても再演には出てくれないし。
あ、あっきーのことは、もちろん観ていますが。
ピロシが、初演の時からは想像もできないほど、歌が上手くなって、しかもセクシーさまで兼ね備えたすんごいイケメン・ジャージーになっていました。

コンサート後に怒涛のようにツイートした内容をここに貼れればいいのですが、貼り方がわからないので(おい)、またまとめます。

[PR]
by bongsenxanh | 2018-05-16 23:50 | 観劇周辺 | Comments(0)
シャクナゲの楽園
すみません、長らくこちらをお留守にしておりましたが…
GW前までずっと忙しくて疲れてへろへろになっていたのもありますが。
カレンダー通りのGWではありましたが、何とか前半で1座、後半で1座、山へ行って来ました。
今年の山初めです。
というわけで、その山で見たシャクナゲをup。
a0054163_23503245.jpg

a0054163_23500086.jpg

a0054163_23501129.jpg

a0054163_23502297.jpg

a0054163_23504523.jpg

a0054163_23494656.jpg

地図に載っていないバリ・ルートを歩いていたのですが、そういう人の来ない道(しかもかなりのやせ尾根の急登)を歩かなければ、こういう美しい花は見られないのか…と。
桃源郷の様でした。

そして、GWが開けたらまた怒涛の様に忙しくて、心を失いそうになりながら働いております。
何だか、もう…。
いえ、元気です。
元気ですから~…。

[PR]
by bongsenxanh | 2018-05-09 23:55 |   -山 | Comments(0)




AX