タグ:お気に入り ( 222 ) タグの人気記事
『La Traviata』― MET Live Viewing
a0054163_04142698.jpg
はいっ!
まず最初に声を大にして言いますよ‼
皆さん、これ、観なきゃだめなやつですよー!!!
昨シーズンの『TOSCA』や一昨シーズンの『Romeo et Juliette』と同じレベルで観なきゃだめなやつですよ――!!!
少しでも気になる人、オペラ好き、演劇好きは必ず観てくださいね―――!!!!!
(クラオタさんたちはお薦めしなくても自分でちゃんと観に行くと思うので大丈夫^^)

a0054163_04135812.jpg

詳しいことはまた明日書くつもりですが、とにかく主演のディアナ・ダムラウが超絶素晴らしい!!!!!
あ、一昨シーズンの『Romeo et Juliette』で愛くるしいジュリエットを演じたソプラノですよー。
彼女はもう大ヴェテランの域に入って来ていますので、この作品のヴィオレッタも初役ではなくて何度も演じて来ているのでお手の物ではありますが。
その彼女を以てして「今回のこの演出こそ、私が求めていたものなの!」と言わしめた演出。
そう、今回何が良いって、マイケル・メイヤーによる新演出!!!
あの『Spring Awakening』のマイケル・メイヤーですよ!
今までミュージカルやストレート・プレイを手掛けて来た彼が、今季METの『マーニー』とこの『椿姫』でオペラ演出に挑戦しています。
そのマイケル・メイヤーの演出がこの上もなく良いのですよ~!
新演出ですが、デッカー版のような奇をてらった現代的なものではなく、作品の神髄に迫るクラシカルな正統派の演出です!(詳しくは明日)

そして今季、METの常任指揮者に就任したヤニック・ゼネ・セガンによる指揮、統括。
オーケストラも、歌手たちの歌唱も、すべて相俟っての音楽が耳を幸福にしてくれます。
オペラなのだから、音楽が良くなければお話にならないのは当たり前ですが。

演出・歌手(演者)・音楽、それに装置も衣装も、すべてがパーフェクトなのが今回の『La Traviata』です。
必ず必ず観てください。

2月14日までの上映です。
有難いことに、東京・名古屋・大阪は昼・夜の1日2回上映です。
夜上映があったからこそ、初日の金曜日の夜に観に行けました~!

by bongsenxanh | 2019-02-10 04:35 | 観劇レビュ NY '18/'19 | Comments(4)
12月の終わり…⁈
a0054163_01292527.jpg
12月中に石垣島のこともちょっと書いて、全然手付かずになっている『JERSEY BOYS』再演のことも書いて、キャラメルボックスの『無伴奏ソナタ』のことも書いて、今年の観劇総括も書こうと思っていたのに…
気づけば今日は12月31日、大晦日ではありませんか⁈
何これ、何これ?!!
ということで、ひとまず空から見た石垣の珊瑚礁の写真だけでもupしておきます。
これ、まだ今月初めのことだったはずなのに…うっ、うっ…(忍び泣いている)
えーと、先週の三連休には初日に東京へ行って『スリル・ミー』を観て(成河・福士ペア)、中一日空けたら最終日のクリスマス・イヴは大阪へ行って『レベッカ』を観ておりました(保坂知寿さんだけのために!)。
節操ないです。
振り返れば今年1年はこんな風にして国内の観劇に明け暮れていました。
あ、でも12月28日ぎりぎりまで仕事していたんですよ。
しかもその日にまだ会議なんてやってたんですよ。
相変わらずCrazyな職場で働いております。

とりあえず明日には観劇総括だけやってしまおう。
私の今年のベスト3は先にも名前を挙げた『JERSEY BOYS』『無伴奏ソナタ』、あとひとつは選ぶのが難しいけれど、個人的に思い入れの深い『シークレット・ガーデン』かなぁと思います。
その辺りもまた詳しく。

by bongsenxanh | 2018-12-31 01:39 | 日常雑感 | Comments(0)
JERSEY BOYS Geek!
先のupからの間に、またもや石垣島に飛んでいたり、『レベッカ』を観たり、相変わらずまぁ何やかや色々あったのですが。
それは置いておいて。

FNS歌謡祭の第2夜、ご覧になりましたか⁈

ここで予告しておこうと思って、そんな時間も取れないままだったのですが!
『JERSEY BOYS』のメンバーがナンバー披露したのですよ!!
私の大好きだったteam REDじゃなかったのは残念でしたが(それはもう無理だとわかっていたし)、

でも ボブがピロシだったのですよ!!

は―――、本当に幸せでした…。
しかも、メドレーの歌い出しが、まずピロシボブの『Oh What a Night』からスタートだったんですよ!
再演でびっくりするほど歌が上手くなったピロシの歌声で始まったんですよ!
気絶するかと思うほど、幸せでした…。
しかもしかも、ピロシボブ、TVにアップ大写しでウィンクまで飛ばしちゃって!
は―――、もうしばらくの間は幸せに生きていけそうです。

というわけで、本当に年内には『JERSEY BOYS』の観劇レビュ、書かねば。
そもそも初演の時のも書けていない。
思い入れのあり過ぎる作品て、書けないものですね。

by bongsenxanh | 2018-12-13 00:46 | 観劇周辺 | Comments(4)
先週末のことー映画、舞台、山
気がつけばもう12月になっているではありませんか。
時が過ぎるのが早過ぎて、もう何が何だか…。

先週末のことを書きたいと思っていて時間がなかったのですが。
木曜日の夜、『ボヘミアン・ラプソディ』を観て、金曜日のマチネで劇団四季の『ノートルダムの鐘』を観て、日曜日に鈴鹿山脈の奥まで入り込むロングルートを歩いておりました。
更に週が明けた水曜日の夜にはゲルギエフ指揮のミュンヘン・フィル、ソリストはユジャ・ワンのコンサートにまで行っておりました。
クレイジーです。
色々書きたいことは沢山あり過ぎるほどあるのですが、何より言いたいのは、

『ボヘミアン・ラプソディ』は凄かった‼

ということ。
私は、QUEENの曲はちろん知っていたし(あれだけ超有名なら当然ですね)、フレディのことももちろん知っていたけれど(世代的には後追い)、でもフレディに関しては「いつもピタッとした体のラインが出る衣装を着ている髭を生やしたゲイのおじさん」くらいにしか認識していなかったし(差別ではなく、あくまでも客観的な認識)、そしてそのセクシュアリティにしても「自我が芽生えた時からのゲイ」だという風にしか捉えていませんでした。
そのため、「そうだったのか!」「まさかそんなことになっていたとは!」みたいな驚きと発見の連続でした。
そもそも、彼のことをイギリス人としてしか認識していなかったので、彼のアイデンティティ(ペルシャ系インド人?)についてもこの映画を観るまで意識したことはありませんでした。
それだけに、彼自身が「僕は規格外だ」と言う様に、爆発する様な才能の塊の彼と、その彼と付き合う周囲の苦しみと、自分自身の才能とセクシュアリティゆえに身を削るような孤独の淵に堕ちていく彼の姿に、涙が出て仕方なかったです。
そして留めを刺すかの様な終盤21分。
ライヴ・エイドのシーンではもう泣けて泣けて仕方がなかったです。
何かもう、怒濤の様に泣きました。
映画館を出る時にあんな泣き腫らした目をしていたことって、今まであったかしら。
と言うことで、強く激しくお薦めです。
いや、私なんぞがお薦めしなくても、もう既に世間の皆さまが激しくお薦めしていますね。
上映中に時間があれば、もう一度観に行きたい。

『ノートルダムの鐘』では、第4のカジモドとして登場した金本カジモドを観られて、こちらもとっても良かったので、こちらはまた別で。
体が大きくて、カーテンコールで笑顔で足までパタパタさせながら手を降る姿がチャーミングで、歌声が切なくて甘い、そんなカジモド。

by bongsenxanh | 2018-12-02 18:55 | 映画 | Comments(2)
くるくるくらくら
a0054163_02044415.jpg
ハノイに行って、帰って来ております。
もう1週間近く経っているのですが、帰って来た後にあまりにもすごい量の仕事にもみくちゃにされて(ただでさえ仕事が溜まっているところに毎日問題が勃発する)全然生活が回っておりません。
くらくらめまいがしそうなほど、くるくるです。
というわけで、とりあえず食べたくて食べたくて仕方がなかったフォ~の写真だけup!
ハノイで一番の人気店Pho Thinのフォーです♥
牛骨と豚骨でダシを取っているのでこってりめですが、案外つるつるっといけちゃいます。
後のことを考えて1杯で留めましたが、かけつけ2杯はいけちゃいそうです。
これが食べられただけでももう幸せ。

by bongsenxanh | 2018-10-29 02:08 |   -ヴィエトナム・ハノイ | Comments(0)
『シークレット・ガーデン』―日本版
a0054163_00362655.jpg
はい、改めまして。
画像は、クリエでの公演で、エントランスに設置されていたパネルから。
ポスターもあのディザインではなく、こういうのにしておけば良かったのに…と、未だに思ってしまいますが。

何度もつらつら書いていた様に、私にとっては思い入れのあり過ぎたこの作品。
10代の一時期は、毎日毎晩、BWオリジナル・キャストのCDをBGM代わりに、または夜の子守歌(?)代わりに繰り返し繰り返し聴いていたので、歌詞もスコアも体に染み込んでしまっています。
その作品を日本キャストで、日本語歌詞で、日本で…というので、期待よりは不安の方がずっと大きかった本公演。
結果から言えば、1回目@クリエ:んー…悪くはないけれど、何か違和感がある…でも、メアリーは思っていたよりずっと良くて歌える。
2回目@クリエ:あれ、公演重ねたらブラッシュアップして、良くなってきている?
3回目@兵庫芸術文化センター:あぁ、今日観て良かった。良い舞台だ。日本で公演してくれてありがとう。
という感じでした。
製作チームはほぼそのままに、オリジナル版とは演出は変わりましたが(舞台装置や衣装も)、演出家は一昨年、NYのリンカーンセンター(恵イヴリー・フィッシャー・ホール)のコンサート版と同じ演出家・スタフォード・アリマです。
それもあってか、作品世界が壊されてしまう…ということにならずに済みました。


→Read more!
by bongsenxanh | 2018-07-31 01:12 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
うたき
a0054163_23290386.jpg
今回の沖縄で、私が必ず訪れたかった場所がここ。
否、ここを訪れるために、今回沖縄に行ったと言うのが正しい。
2年前初めて沖縄を訪れた時、首里城でお客さん待ちをしていたタクシーのおじちゃんに「斎場御嶽に行くといいよー」と言われ。
また、ふらりと入った居酒屋の沖縄娘の店員さんにも「斎場御嶽、いいですよぉ~」と薦められ。
そして、前回のトピックでも書いた様に、去年災厄続きだった私には、どうしても訪れたい場所になっていて。

台風7号接近中の中、ここへ行きたいのだと言った私に、レンタカー屋のお兄さんは「お客さん、パワー欲しいんすかぁ?」と言った。
そうなんです。欲しいんです。
と、力を込めて私は答えた。

a0054163_23481076.jpg
御嶽は三方を囲まれた場所で(斎場御嶽は岩で四方を囲まれている形に近い)、その囲まれた一角からはこんな風にエメラルドグリーンの琉球らしい海が臨める。
自然から力をもらうには、そしてその自然の中に存在する何かに対して祈りを捧げるには最高の場所だ。

a0054163_23482375.jpg
斎場御嶽を囲んでいる岩の天井を見上げると、こんな風に立ちはだかる岩の壁と生い茂った草木の間から、空と光が降って来る。
例えようもなく神秘的で、神聖で、それこそ天から崇高な力が降り注いでくるように感じられる。
ここが御嶽とされたことを身を以って感じられる。

a0054163_23483147.jpg
御嶽の中から、岩がお互いを支え合うように重なっている入口を振り返る。
斎場御嶽に常駐しているガイドの人が他のお客さん達に対して、スマホカメラの液晶をかざして、あの三角になっている上方に青い光が見えると良い兆しなのだと説明しているのが聞こえた。
青い光が見えないとしたら、心が清らかでないのだとか何とか。

しばらく、観光客のグループがいたりしてがやがやしていたけれど、静かになるのを待って、ただただここに佇んでいたら、いつの間にか私一人で御嶽の中にいる時間が生まれていた。
心を落ち着けて、目を閉じて手を合わせ、海に、岩に、香炉の置かれている一隅に、祈る。
ただ、静かに祈る。
気持ちが安らぐ時間だった。

a0054163_00170368.jpg
御嶽の敷地内は、人の手が入って管理がされつつ、こんな風に草木が茂って自然に溢れている。
空気の密度がとても濃い。
私が御嶽の入口に足を踏み入れた時から、ここを出るまでずっと、私のそばをクロアゲハがひらひらひらひら舞っていた。
写真を撮ろうとしてカメラを向けると、ふいっとどこかへ行ってしまう。
あきらめてカメラを仕舞うと、またどこからともなく現れて、ひらひらする。
これも何かのご縁だったのだと思う。

a0054163_23503784.jpg
御嶽を出て少し歩いたところにある、農園が営んでいるパーラーで完熟アップルマンゴーがたっぷり入った白くまを頂いた。
じっとりと蒸し暑い中で、これ以上のご馳走はないというくらい、美味しかった。
白くまの向こうには、人が歩いてくる坂の向こうにエメラルドグリーンの海が見える。
写真を撮ろうとしてもたもたしていたら、あっと言う間にかき氷が溶けて、白くまの顔が崩れ落ちてしまった。

斎場御嶽のある南城市から、またレンタカーを運転して那覇市内に戻り、車を返す前にガソリンスタンドに寄った。
ガソリンを入れてもらっていたら、スタンドの若いお兄ちゃんが窓越しに「お客さん、観光ですか?」と尋ねて来た。
そうです、と答えると、「焼けないんですか?すごく白いですけど、本州の人はみんなそんなに白いんですか?」と真顔で訊いて来た。
この日、私はノースリーブで少し胸元も開いたカーキ色のワンピースを着ていた。
二の腕が丸出しになっていたから、尚更そういう風に見えたのだろう。
いえ、今日は屋外を歩いていましたし、これでも少しは焼けているんですよ、と答えながら何だか可笑しくなった。
サイゴンに住んでいた頃、よくこんな風に「白い、白い、どうしておまえは日焼けをしないのだ?」と地元の人たちから問い質されたな、と思い出したのだ。
琉球は、やはり東南アジアに近い南国なのだなぁ、と。

by bongsenxanh | 2018-07-17 00:34 | | Comments(0)
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス in大阪
a0054163_02162548.jpg
何回観れば気が済むんだ?という声がどこかから聞こえてきそうですが、矢も楯もたまらず、やはり大阪まで観に行ってしまいました。
『無伴奏ソナタ』
今回の再再演では、これが観納めです。
愛知、松本、大阪と、東へ西へと動き回って、通算3回観ることになりましたが、観納められて良かったです。
大阪では、愛知、松本までとは余白を埋める様な説明的な台詞が足されて、芝居も感情がこもった(ややこもり過ぎた)ものになって、作品そのものがまた変わっていた印象でした。
本日6月24日のマチネを以って、今回の長いツアー公演も大千秋楽を迎えたこの作品。
思うところが色々あり過ぎて(そして時間がなさ過ぎて)、なかなか書けませんでしたが、きちんと記録をまとめておこうと思います。

まずは劇団の皆さん、そして主演の多田さん、グリーティング・ツアーお疲れさまでした。

by bongsenxanh | 2018-06-25 02:22 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス in松本
a0054163_00232790.jpg

大騒ぎしていた通り、この週末・土曜日には長野県松本市まで行ってまいりました。
もちろん、こちらを観るために。
まつもと市民藝術館の入口に2枚並べて掲示されていたこのポスターがあまりにも美しい風情だったので、そのまま写真に収めて来ました。
2枚縦に並べている姿が綺麗だったので、そのままの姿でup。

a0054163_00233871.jpg

まつもと市民藝術館は、サイトウ・キネン・フェスティバル(現セイジ・オザワ・松本フェスティバル)の主会場にもなっている、とても美しいホール。
小ぢんまりした馬蹄形の本格クラシックホールで、素晴らしい音の響きでした。
松本市の市民規模と集客を考えると、このホールを維持・運営していくのはちょっと厳しいものがあるだろう…とは思ってしまったけれど。
(市民から「税金の無駄遣い」という反対意見も多いらしい、と聞き、いたく納得)
この外観、よーく見ると、グランドピアノの形を模している…様に見える。
コンサートグランドの長い弦の部分がせり出している曲線の部分ね。

a0054163_00583079.jpg
こちらの角度の写真だったら、グランドピアノっぽさが伝わるかしら。
せり出した弦の部分を支える何本かの足も、ちょっとグランドピアノっぽいでしょ。

a0054163_00234654.jpg

建物内に入ると、主ホールに続くアプローチはこんなゆったりした造りの美しい大階段になっています。

a0054163_00235273.jpg

こちらは主ホールのフォイエ。
カーペットの色も、朱色の木材の壁も、薄っすらしたエメラルドグリーンの様なすりガラスも、すべてが美しい。
建築家・伊東豊雄氏のディザインによるものだそうです。

a0054163_00250622.jpg

しつこい様ですが、ポスター。
そんな素敵なホールで観るこの作品は、またひときわ違った味わいがありました。
先週、愛知で観た時にも感じていたことだけれど、私にはこの作品、『JESUS CHRIST SUPERSTAR』(ジーザス・クライスト・スーパースター)にも通じる様な、孤独な天才 VS 愚かな民衆の図式が非情に色濃く感じられて。
ただ、そういった文脈で劇評を書かれている方がどなたもいらっしゃらないので(私の見聞きした範囲では)、私はその辺りからこの作品について感想を書いてみたいと思います。
また、明日。

by bongsenxanh | 2018-06-05 00:40 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(2)
『無伴奏ソナタ』 演劇集団キャラメルボックス
a0054163_02292228.jpg
金曜日の夜、1週間仕事して疲れ果てた体を引きずって何とかこちらを観て来ました。
で、早めに書いておいた方がいいと思うので、取り急ぎでこれだけは書きます。

まだ、6月2日(土)14:00 まつもと市民芸術館 (長野県松本市)
   6月23日(土)、24日(日) サンケイホールブリーゼ (大阪・梅田)
と公演があります。
お時間があって、ご都合がつく方、無理をすれば何とかなる方。

無理をしてでも観た方がいいです!

観逃すと、この先どこかできっと後悔します。
今度いつ再演されるかもわからないですし、現キャストが揃うかもわからないので。
私は、この作品の初演の2012年は東京と神戸公演だけだったので、遠征してまでは観ず、再演の2014年には愛知公演もあったのに(今は無き名鉄ホールで)NYへ行く直前で予定が立てにくかったため観ず、今回の再再演まで観逃して来ていました。
それを今回、激しく後悔しました。

ストーリーは、予習していかない方がいいです。
インタビューや観劇ルポ等も読まない方がいいです。
予備知識なしの真っ新の状態で観た方が、より響く作品です。

これだけは知っておいても大丈夫なのは、幼児期の素質により国から職業を決定されるシステムの近未来のアメリカが舞台になったSF作品だということ。
少し不条理小説に近い、アメリカのSF作家オースン・スコット・カードの同題原作を舞台化した作品です。
音楽の天才が、もし音楽を禁じられたら―――?
タイトルになっている『無伴奏ソナタ』はもちろんバッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』
でも、この曲が舞台のメインになっているわけではなく、ほんの一瞬流れるのみ。
とても効果的に。

何が良かったかって、主役クリスチャンを演じる多田直人さんがものすごく高度に研ぎ澄まされた芝居をしていること。
ここ何年か私はキャラメルボックスの舞台から離れていたのですが、よく観ていた頃に入団してその頃はまだ脇で舞台に立っていた多田さんが、いつの間にか主役でこんなにも凄い芝居をする役者さんになっていたことに心底驚きました。
彼の渾身の演技、鳥肌が立つほどに凄まじいです。
最後の最後まで観ると、それがわかります。
震えます。
黄金の斧か何かで頭をガ―――ン!と打たれた様な気になります。

あの多田さんの演技がもう一度観たくて、帰宅するなり松本公演のチケットを押さえてしまいました。
大丈夫か、私。
こういう時だけチーターの様な瞬発力を発揮するのです。
あ、でも、松本なら首都圏の方も東海圏の方もアクセスしやすいですね。
大阪公演は関西圏の方はもちろん、首都圏の方も新幹線に乗ればすぐです(笑)
私も大阪公演の千秋楽まで行っちまいそうな勢いです。
ぜひ。
ただこれはお断りしておきますが、決して明るく楽しいお話ではありません。
それだけはご了承の上で、ぜひ。

ぴあでもローソンでもセブンでも、今ならまだチケット、どこでも買えるはずです。
キャラメルは当日券も出してくれることが多いです。
どうしても残席が少なくて出ないことも稀にありますが、だいたい大丈夫です。

Fri Evening May.25 2018 東海市芸術劇場

by bongsenxanh | 2018-05-27 03:19 | 観劇レビュ 国内etc. | Comments(0)




AX